例として、ポリエチレン管と、塩ビ継ぎ手を、接着してみました。
   

      まず、接着方式を選択する。
      加熱圧着ができるなら、
      ホットメルトタイプでも良いが、
      そうでなければ、
      プライマータイプを使う。
      スキップ66とスキップ606




       


       この場合は、接合部の構造上
      加熱圧着はし難いので、
      プライマータイプを選択する。








     @・・SKIP606をしみこませた布で、
     接着したい所を拭く。
     (勿論、刷毛で塗っても良い)






    
      A・・シンナーがとんだら、
      トーチや、ホットガンで、加熱します。
      ここがポイント!!
      加熱は瞬時でかまいませんが、
       表面を120℃以上にすることが
       強い接着力を出す秘訣です。
       500℃以上で短時間でやる方が良い。




   加熱用具例 ホットガン           加熱用具例 トーチ



     B・・接着剤を塗る。

     写真のエポキシ系接着剤は
     アシスト6E(・・弊社製品)です。









  C・・ソケットに差し込み、
  接着剤が固まれば、接着完了!






同じ方法で、いろいろな、異なる材質の管とも、接着できます。

 
    上:ポリエチレン管と塩ビのエルボー

     下:ポリエチレン管と塩ビのチーズ
         (サイズの違う2種類)

      (緑色のパイプの右端はパイプを
      斜めに切断し、いも継ぎで接着した)






  上:ポリエチレン管とEF継ぎ手(チーズ)を
  “接着で”つないでみました。

  下:左から、塩ビソケット・ポリエチレンパイプ・
  ポリエチレンEF継ぎ手・鉄パイプ の順に
  全部 “接着で” つないであります。


 この様に、SKIP606とエポキシ接着剤を使えば、ポリエチレン管 と異種材質の管を
 自由に接合出来ます
管の規格が異なって隙間があっても、固形分100%である無溶剤エポキシ接着剤で充填されるので、完全にシールされます。

    (SKIP707と無溶剤ウレタン接着剤の組み合わせでも、同じことが出来ます。)