スマホ向け表示


2019/20シーズン定期公演

20192020season subscription concerts 
 あなたはコンサートのチケットを買おうとするとき、何で選んでいますか。「知っている曲があるから」ですか。「好きな作曲家だから」ですか。もしそうだとしたら、今度は、新しい本を読んでみよう、知らない街に行ってみよう、まだ食べたことのない料理を食べてみよう、というように、「今まで知らなかった音楽」も聴いてみませんか。多くの人に知られている作曲家や作品以上に、知られていない作曲家や作品がたくさんあります。
 あなたにもっと美しい音楽もあることを知ってほしい。私達「シンフォニエッタ 静岡」は、あなたが未知の音楽を体験するためのお手伝いをします。
 芸術監督 中原朋哉
  
【東京】 第60回定期公演(第8回東京定期公演)
2020年2月28日(金)19時開演  18時30分開場  会場:紀尾井ホール
ブルターニュの魂
 曲目 クラース:こどもの心
ラドミロー:交響詩「ラ・ブリエール」(東京初演)
ロパルツ:交響曲第5番(日本初演)
出演者
指揮:中原朋哉 【プロフィール
フルート 竹下麻美 菅原彩乃
オーボエ 池田肇 鷹栖美恵子
クラリネット 郡尚恵 竹内未緒
バソン 神山純 吉本康
  
ホルン 月原義行 鈴木希恵 曽根敦子 高野哲夫
トランペット 杉木淳一朗 野沢岳史
トロンボーン 加藤直明 橋本果奈 飯田智彦
打楽器 梅津千恵子 加藤恭子
ハープ 佐々木遥香
  
ヴァイオリンⅠ 松本亜土 西田史朗
          佐々木綾 杉山優子
ヴァイオリンⅡ 植村圭 日野奏 椛島大樹
ヴィオラ 扇慎也 西村知佳子
チェロ 田口裕 大塚幸穂
コントラバス 石川智崇 中村杏葉
ステージマネージャー 九谷敏裕
 
 (参考) ラドミロー:交響詩「ラ・ブリエール」 2楽章

ラドミロー:交響詩「ラ・ブリエール」 4楽章、2楽章

  ロパルツ: 交響曲第5番  1楽章
ロパルツ: 交響曲第5番  2楽章
  ロパルツ: 交響曲第5番  3楽章
ロパルツ: 交響曲第5番  4楽章
 

 指揮者中原朋哉とシンフォニエッタ 静岡が得意とするフランス近代の中から、今回は中原が厳選するフランス西部ブルターニュ地方出身の作曲家による作品をお届けします。3人はいずれもドビュッシーやラヴェルと同世代の作曲家たちです。
 ラ岬(photo by Tomoya NAKAHARA)

 クラース(18791932)は海軍士官であり、彼が発明した航海用作図器にもその名がのこされている。『こどもの心』は3人の娘のために作曲されたピアノ6手のための組曲で、のちにオーケストラ版がつくられました。各楽章には「純粋な」、「無邪気な」、「神秘的な」とつけられています。

 ラドミロー(18771944)の『ラ・ブリエール』は、音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」で知られるナント市の西にある広大な湿地帯。そこを舞台にしたアルフォンス・シャトーブリアンの小説に基づく同名の無声映画のために作曲されました。のちに演奏会用として、「寂しい風景」、「エルビニャク村の定期市」、「春」、「夜の牧歌」、「トリニャクの製鉄所-終曲」と5つの場面によって編み直されました。楽譜はラドミローの遺族と中原しか所有していないため、実演に接することの出来る貴重な機会となることでしょう。
 

ラ・ブリエール(湿原) photo by Tomoya NAKAHARA ラ・ブリエールの家


 ロパルツ(18641955)の『交響曲第5番』は、いわばブルターニュの「田園交響曲」。ブルターニュの美しい風景や収穫祭に沸く人々の様子が描かれています。

 ブルターニュは、もともとケルト民族による独立国家でした。今でもその血は引き継がれています。今回紹介する3人はブルターニュの音楽をクラシック音楽の中に遺していった作曲家たちです。いずれもパリで活動していなかったことから、忘れられた存在となっていましたが、ブルターニュの美しい風景、ケルトの音楽とケルト人の魂を感じていただきたいと思います。

  Bagad ©Michel Briand

      
チケット 一回券・全指定席  発売日2019年9月28日 

S A B 学生(A,B)
6,000 5,000 3,000 1,000

【座席図・会場案内はこちら】
  ◎学生は4歳以上25歳未満の学生・限定数販売
◎グループ割引:同一公演の一回券を5枚以上同時にお申込み下さる場合は1枚につき500円割引致します。当楽団事務局のみの扱い。(B席と学生は除く)
 
チケットのお求め
お申込み受付後にチケットをお送りいたします。お手元に届きましたら、同封のお振込案内に沿って代金のお振込みをお願いいたします。送料無料。
下記の必要事項をご記入下さい
①定期会員券/ 一回券(第●回定期公演)
②ご希望の席種 (SS、S、A など)
③枚数
④お客様のお名前
⑤電話番号・FAX番号
⑥チケット郵送先の郵便番号・ご住所
電話 054-204-7778
FAX 054-204-7773
E-mail fukumimissj@gmail.com
ペイパルから申込み ペイパルからのカード決済。ご希望の席を選びカートに追加、画面に沿ってお進みください。お申込み受付後にチケットをお送りいたします。送料無料。
ペイパル - あなたのカード情報、守ります。|Mastercard,VISA,American Express,JCB
ペイパルは、インターネット上の便利な【デジタルおさいふ】です。ペイパルにクレジットカード情報を登録しておけば、IDとパスワードだけで決済完了。お店に大切なカード情報を知らせることなく、より安全に支払いができます。ペイパルアカウントの開設は、決済方法でPayPalを選択して必要事項を入力するだけなのでかんたんです。  
チケットぴあ Pコード 166-108
2019/9/28(土) 10:00~
■紀尾井ホール チケットセンター インターネットで
・お電話で 03-3237-0061(10時~18時/日・祝休)
Title The 60h Subscription concert
Date

February 28th, 2020  19:00 Start

Hall Kioi-hall (Tokyo)
Artist Conductor : Tomoya NAKAHARA
Program

Jean Emile Paul Cras : Âmes d'enfants

Paul LADMIRAULT : "La Brière" Poéme Symphonique 

Joseph Guy Ropartz : symphonie No.5 (creation au Japon)

主催等 主催:シンフォニエッタ静岡   
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本  静岡県
   

助成:笹川日仏財団
    


【静岡】 第57回定期公演 (終了しました)
2019年7月7日(日)14時開演  13時30分開場  会場: 焼津文化会館
■出演者 指揮:中原朋哉【プロフィール
メゾ・ソプラノ 原田和加子  
■曲目 フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」
ラヴェル:組曲「クープランの墓」
プーランク:モノ・オペラ「声」 
   台本:ジャン・コクトー 版画:ベルナール・ビュフェ
   コクトーの台本によるオペラと版画(22点)を舞台上で同時上演
■主催等 主催:シンフォニエッタ静岡  焼津市  公益財団法人焼津市振興公社   
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本  静岡県
   
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団
協力:ベルナール・ビュフェ美術館

【静岡】 第58回定期公演  【静岡での定期公演・最終回】  終了しました
2019年9月23日(月・祝)14時開演  13時30分開場  会場: グランシップ 中ホール
■出演者 指揮:中原朋哉【プロフィール
ピアノ:原田節 ◆
■曲目 モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 イ長調 KV488 ◆
フォーレ:パヴァーヌ
フォーレ:バラード ~管弦楽を伴うピアノのための~ ◆
シューベルト:交響曲第5番
■主催等 主催:シンフォニエッタ静岡   
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 、静岡県
   

【東京】 第59回定期公演(第7回東京定期公演)  終了しました
2019年11月10日(日)14時開演 13時30分開場  会場: サントリーホール ブルーローズ
■出演者 指揮:中原朋哉 【プロフィール
チェロ:田口 裕(当楽団チェロ奏者)
 ■曲目 ダンディ:シャンソンとダンス
ミヨー:室内交響曲第5番
イベール:チェロ協奏曲
ケクラン:2つのフルートのためのソナタ
モーツァルト:セレナーデ第12番「ナハトムジーク」
■主催等 主催:シンフォニエッタ静岡   
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 、静岡県
   


公演当日引換のチケットお取り置きはありません。
公演中止を除き、お申し込み後のキャンセル、払い戻しは致しません。やむを得ない事情により出演者、曲目などが変更になる場合がございます。


【お問い合わせ】 シンフォニエッタ 静岡
■電話 054-204-7778 / 090-9940-6995
■FAX  054-204-7773
■E-mail fukumimissj@gmail.com
※恐れ入りますが、メールが届かない場合、3日以上返信のない場合は電話でお問い合わせ下さい。