スマホ向け表示


2021/2022シーズン定期公演
  
2021/2022シーズン定期公演 ~今まで通り、いつも通り~

 例年では前年の秋に翌シーズンのプログラムを発表していますが、新型コロナウィルス感染症に対するワクチン接種の時期や、演奏会場の感染症対策に伴う使用制限といった問題がある程度整理されるのを待ってからの発表となりました。2021/2022シーズンは夜公演の開演時刻を18:30に統一します。

 2021/2022シーズンは、様々な観点による感染症対策を考慮し、近年に取り上げた作品を中心に構成したプログラムとしました。

 6月は、2019年に大変好評を博し、東京での開催のご要望を多くいただいていました、オーケストラの視点からアプローチする金管と打楽器によるプログラムです。吹奏楽の分野では著名な作曲家、アルフレッド・リードの生誕100年を記念し、シェイクスピアを題材にした代表作の「オセロ」のオリジナル編成版と、全ての演奏家に高度な技術を要求する初期の作品「金管と打楽器のための交響曲」を中心に、リードと同時代にニューヨークに生まれたハウフレヒトとシュラーの知られざる作品を紹介します。

 8月はシンフォニエッタ 静岡の本拠地である港町・焼津にて、フランスの作曲家による夏や海をテーマにした3つの作品、レジデント・コンポーザー長谷川勉による優しい小品「匿名の歌たち」とベートーヴェンの「英雄」交響曲という、シンフォニエッタ 静岡の主要なレパートリーを一度に楽しむことができるプログラムです。

 10月は東京と京都において、フランスの作曲家を中心とした管楽アンサンブルをお送りします。プーランクの「ホルン、トランペットとトロンボーンのためのソナタ」の3つの楽器がソリスト、あるいはソリストに準じた役割を担う曲目を中心に構成しています。フランセの「トロンボーン協奏曲」をはじめ、シュミットの「リートとスケルツォ」ではホルンが、フランセの「パリのゲイ」ではトランペットが活躍します。ギップスは今年生誕100年を迎えるイギリスの作曲家で、ケルト風の美しい作品を多く遺しています。

 2022年2月は、新型コロナウィルス感染症拡大以前に発表していた2021年3月の定期公演のプログラムを再構成したものです。2020年に生誕150年を迎えたフロラン・シュミットへのオマージュと題してお送りします。前半では、2020年10月の第1回関西定期公演にて紹介したシュミットの交響曲「ジャニアナ」を再演します。後半は、シュミットのリズムに強い影響を受けたストラヴィンスキーによる「管楽器の交響曲」と、同じくシュミットの影響を強く受けた弟子フェルーがクーセヴィツキーの委嘱によってボストン交響楽団創立50周年記念に作曲された「交響曲 イ長調」(日本初演)、シュミットの親友で、共にフォーレの下で学んだラドミローによる「スコットランドの歌」の3作品をお楽しみください。オープニングにはフェルーの作品と同じく、ボストン交響楽団創立50周年記念として作曲されたヒンデミットの「金管と弦楽のための協奏音楽」も取り上げます。

 長いコロナ禍となっていますが、いつも通り、今まで通りクラシック音楽を楽しむことができるようになっていくことを願って、疲れた心を癒し、楽しく、元気が出るような作品を集めてみました。また皆様にお会いできることを楽しみにしています。
シンフォニエッタ 静岡 芸術監督・指揮者 中原朋哉

第67回定期公演(第13回東京定期公演)
2021年10月13日(水)18時30分開演  会場: 三鷹市芸術文化センター 風のホール 
(東京都三鷹市)
出演者
指揮:中原朋哉 【プロフィール
 
トロンボーン:加藤直明 (当楽団トロンボーン奏者)
曲目 シュミット:リートとスケルツォ ★
ギップス:シンフォニエッタ(生誕100年)
プーランク:ホルン、トランペットとトロンボーンのためのソナタ
フランセ:パリのゲイ ☆
フランセ:トロンボーン協奏曲(日本初演)
  フランスとイギリスの作曲家による管楽合奏作品集

プログラムは、2組の木管五重奏を基本編成に、3つの金管楽器(ホルン、トランペット、トロンボーン)の独奏を伴う作品で構成しました。ホルン独奏を伴うフランスのシュミット「リートとスケルツォ」に続き、今年生誕100年を向かえるイギリスのギップスによる「シンフォニエッタ」は日本初演。ギップスは当時まだ珍しかった女性の作曲家として不当な評価を受けてきましたが、ケルトの神秘的な雰囲気を持つ美しい作品を多く遺しました。後半は2人のパリジャンによる作品。プーランクの「ソナタ」は3人の金管楽器奏者のための作品。フランセによる「パリのゲイ」は、トランペット独奏を伴う陽気な作品(日本初演の可能性あり)。同じくフランセによる「トロンボーン協奏曲」もフランセらしい軽快な作品で、今回が日本初演となります。
  出演者
フルート:原田詩子 梶原一紘  オーボエ:鷹栖美恵子 小山祐生
クラリネット:竹内未緒 中里真也  ファゴット:神山純 松木葉子
ホルン:月原義行 ★ 鈴木希恵  トランペット:杉木淳一朗 ☆  トロンボーン:加藤直明
   
チケット 全自由席  発売日2021年7月13日 
一般 4500 学生 1000 【座席図はこちら】    
※学生=4歳以上25歳未満の学生。学生券は枚数限定販売。
  ◆シンフォニエッタ 静岡 事務局(チケットを郵送します/販売期間:9月30日まで))
お申込みフォームまたはペイパルからお申込みください。
チケット申込金額が合計3000円以上=発送手数料無料/3000円未満=発送手数料200円

お申込みフォームから必要事項を入力してお申込みください。
お申し込み後にチケットとお振込案内をお送りいたします。チケットお受け取り後、代金をお振込みください。

お申し込み後にチケットをお送りいたします。

ペイパルは、インターネット上の便利な【デジタルおさいふ】です。ペイパルにクレジットカード情報を登録しておけば、IDとパスワードだけで決済完了。お店に大切なカード情報を知らせることなく、より安全に支払いができます。ペイパルアカウントの開設は、決済方法でPayPalを選択して必要事項を入力するだけなのでかんたんです。
ペイパル - あなたのカード情報、守ります。|Mastercard,VISA,American Express,JCB
電話、メールでも受け付けをいたします
・電話 090-9940-6995/054-204-7778
・メール fukumimissj@gmail.com
  ◆チケットぴあ(販売期間 10月12日 23:59まで)
Pコード 201-229
主催等 主催:シンフォニエッタ 静岡  合同会社シンフォニエッタ
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本  静岡県
文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
  
  令和3年度(第76回)文化庁芸術祭参加公演


第68回定期公演(第2回関西定期公演)
2021年10月14日(木)18時30分開演  会場: 京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ 
(京都市)
出演者
指揮:中原朋哉 【プロフィール
 
トロンボーン:加藤直明 (当楽団トロンボーン奏者)
曲目 シュミット:リートとスケルツォ ★
ギップス:シンフォニエッタ(生誕100年)
プーランク:ホルン、トランペットとトロンボーンのためのソナタ
フランセ:パリのゲイ ☆
フランセ:トロンボーン協奏曲(日本初演)
  フランスとイギリスの作曲家による管楽合奏作品集

プログラムは、2組の木管五重奏を基本編成に、3つの金管楽器(ホルン、トランペット、トロンボーン)の独奏を伴う作品で構成しました。ホルン独奏を伴うフランスのシュミット「リートとスケルツォ」に続き、今年生誕100年を向かえるイギリスのギップスによる「シンフォニエッタ」は日本初演。ギップスは当時まだ珍しかった女性の作曲家として不当な評価を受けてきましたが、ケルトの神秘的な雰囲気を持つ美しい作品を多く遺しました。後半は2人のパリジャンによる作品。プーランクの「ソナタ」は3人の金管楽器奏者のための作品。フランセによる「パリのゲイ」は、トランペット独奏を伴う陽気な作品(日本初演の可能性あり)。同じくフランセによる「トロンボーン協奏曲」もフランセらしい軽快な作品で、今回が日本初演となります。
  出演者
フルート:原田詩子 梶原一紘  オーボエ:鷹栖美恵子 小山祐生
クラリネット:竹内未緒 中里真也  ファゴット:神山純 松木葉子
ホルン:月原義行 ★ 鈴木希恵  トランペット:杉木淳一朗 ☆  トロンボーン:加藤直明
   
チケット 全自由席  発売日2021年7月14日 
一般 5000 学生 1000 【座席図はこちら】
※学生=4歳以上25歳未満の学生。学生券は枚数限定販売。
  ◆シンフォニエッタ 静岡 事務局(チケットを郵送します/販売期間:9月30日まで))
お申込みフォームまたはペイパルからお申込みください。
チケット申込金額が合計3000円以上=発送手数料無料/3000円未満=発送手数料200円

お申込みフォームから必要事項を入力してお申込みください。
お申し込み後にチケットとお振込案内をお送りいたします。チケットお受け取り後、代金をお振込みください。

お申し込み後にチケットをお送りいたします。

ペイパルは、インターネット上の便利な【デジタルおさいふ】です。ペイパルにクレジットカード情報を登録しておけば、IDとパスワードだけで決済完了。お店に大切なカード情報を知らせることなく、より安全に支払いができます。ペイパルアカウントの開設は、決済方法でPayPalを選択して必要事項を入力するだけなのでかんたんです。
ペイパル - あなたのカード情報、守ります。|Mastercard,VISA,American Express,JCB
 電話、メールでも受け付けをいたします
・電話 090-9940-6995/054-204-7778
・メール fukumimissj@gmail.com
  ◆チケットぴあ(販売期間 10月13日 23:59まで)
Pコード 201-230
  京都コンサートホール チケットセンター
TEL 075-711-3231/窓口・電話・インターネットでお求めになれます
主催等 主催:シンフォニエッタ 静岡  合同会社シンフォニエッタ
共催:公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団  株式会社エフエム京都
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本  静岡県
文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
 


第69回定期公演(第14回東京定期公演)
2022年2月18日(金)18時30分開演  会場: 三鷹市芸術文化センター 風のホール 
(東京都三鷹市)
出演者  
指揮:中原朋哉 【プロフィール
曲目 フロラン・シュミットへのオマージュ

サティ:(いつも片目を開けて眠る)よく太った猿の王を目覚めさせるための信号ラッパ
ヒンデミット:金管と弦楽のための協奏音楽
フロラン・シュミット:交響曲「ジャニアナ」
ストラヴィンスキー:管楽器の交響曲
フェルー:交響曲(日本初演)
ラドミロー:スコットランドの歌
チケット 全自由席  発売日2021年10月18日 
一般 4800 学生 1000 【座席図はこちら】
※学生=4歳以上25歳未満の学生。学生券は枚数限定販売。
主催等 主催:シンフォニエッタ 静岡  合同会社シンフォニエッタ
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本  静岡



 


セット券のご案内
2021/2022シーズン定期公演のうち、異なる3公演、4公演、全5公演をまとめてお求めいただく場合のお得なセット料金です。
3公演セット 13,500
4公演セット 17,000
全5公演セット 20,000
◎上記は、第66回定期公演(焼津)をA席でご用意する場合の料金です。S席をご希望の場合は、1000円増となります。
◎一回券・発売日前の公演もお求めになれます。
◎同一公演を複数枚お求めになる場合は対象外です。

お申込みフォームから必要事項とセットを希望する公演をご記入ください。(例:3公演セット 第65回、67回、69回)
お申し込み後にチケットとお振込案内をお送りいたします。チケットお受け取り後、代金をお振込みください。



※学生=4歳以上25歳未満の学生。学生券は枚数限定販売。
※すべての料金は消費税込。
※チケット申込金額が合計3000円以上=発送手数料無料/3000円未満=発送手数料200円
やむを得ない事情により、曲目、出演者、会場が変更になる場合があります。
演奏会中止以外のチケットの払い戻しは致しませんのでご了承ください。


【終了しました】
第65回定期公演 2021年6月18日(金)18時30分開演  会場: 三鷹市芸術文化センター 風のホール (東京都三鷹市)
出演者 指揮:中原朋哉 【プロフィール
曲目 アルフレッド・リード生誕100年

ハウフレヒト:金管とティンパニのための交響曲(日本初演)
シュラー:金管と打楽器のための交響曲
A.リード:オセロ (金管と打楽器版)
A.リード:金管と打楽器のための交響曲
主催等 主催:シンフォニエッタ 静岡  合同会社シンフォニエッタ
後援:静岡県
 
【終了しました】
第66回定期公演 2021年8月1日(日)14時開演  会場: 焼津文化会館 大ホール (静岡県焼津市)
出演者 指揮:中原朋哉 【プロフィール
曲目 ~夏の牧歌~

ロパルツ:小交響曲
オネゲル:夏の牧歌
ショーソン:愛と海の詩より間奏曲
長谷川勉:匿名の歌たち
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
主催等 主催:シンフォニエッタ 静岡  合同会社シンフォニエッタ  公益財団法人焼津市振興公社
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本  静岡県



【お問い合わせ】 シンフォニエッタ 静岡
■電話 054-204-7778 / 090-9940-6995
■FAX  054-204-7773
■E-mail fukumimissj@gmail.com
※恐れ入りますが、メールが届かない場合、3日以上返信のない場合は電話でお問い合わせ下さい。