スマホ向け表示

 メッセージ

遠山慶子 様 (ピアニスト)

5月22日の日曜日、さわやかな陽の光がまばゆいばかりの空の下、シンフォニエッタ静岡定期公演を聴きました。少年の頃、私とのピアノのレッスンを続けていた原田節君が、プーランクのピアノ・コンチェルトでソリストをつ...とめるということがきっかけでした。大好きな海のそばで思いがけず、透き通った新しい音を聴いたようでした。
 

私自身がフランスで勉強をした頃(1954~57年)、作曲家のプーランクからこのコンチェルトのレッスンを受けました。直伝ということです。原田君の演奏は、豊かな色彩に満ちたエスプリ、ユーモアまで含めてなかなかのもので、サポートをされた中原朋哉さんは後半のブラームスと合わせ、最近では珍しい「又、聴きたい」という思いを抱かせる貴重な音楽家だと思います。秋になったら東京でお会いするのを楽しみにしています。
 
遠山慶子、ピアニスト

 
大西信也 様 (元桐朋学園 理事)
5月22日の第44回定期公演でシンフォニエッタ静岡を始めて聴かせて頂きました。オンドマルトノの原田節先生がピアノ協奏曲を弾かれる、というので東京から聴きにいきました。

会場はグランシップ中ホール。以前、鈴木忠志さんの演劇を何度か見に行った建物の中で、当時を思い出しながら2階席に着きました。

一曲目はラドミローの曲。午後の2時はちょうどいつも自宅でも、うとうとしている時間なので、軽快で優しい曲を心地よく聴いていました。初めてでしたが日本人にとっても懐かしさを感じる曲でした。たぶん作曲家の少数者に寄せる温かさが根底にあるのでしょう。

二曲目はプーランク。この日のお目当てです。タカシ先生の赤い靴下がまず目に入りました。先生らしい遊び心だなと思いました。
ピアノは身体ごと音が出ているという感じで、時にはオーケストラにGOサインを出されたりで、こんなコンチェルトは久しぶりです。もう40年も前、東京上ので、若きバレンボエムがピアノを弾きながら指揮をしていたのを思い出しました。
プーランクの自由さとタカシさんの奔放なピアノは聴いている者のこころを解き放っていました。いつしか私は「般若心経」の後半部分は音楽にしたらこのような雰囲気になるだろうな、と思って聴いていました。

プーランクにつづくシャンソンはまさしくタカシさんの独り舞台で客席も団員の方も大いに楽しんでおられましたね。もちろん私も。

最後はブラームス交響曲第2番。やはり偉大ですね。ピラミッドのように巨大で、堅固な構造物のように感じられました。この大曲に果敢に挑戦されているシンフォニエッタ静岡の皆さんの熱意にこちらのこころまで熱くなってきました。演奏が終わると私は強く、強く、賞賛の拍手を送っていました。

このような個性的なプログラムは東京ではむずかしいのではと思いました。地方からの、地方ならではの演奏会だな、と心に深く残りました。ここにこそこのオーケストラを指揮してこられた中原朋哉さんの20年の結晶が詰まっていると思いました。

次の9月9日、東京公演を楽しみにしています。

2016年6月11日
大西 信也
 
お客様の声
・貴重な公演なのでぜひCD化してほしい
・名演であった、静岡でこんな演奏が聴けるとは!ブラボーと言うほかない
・15年以上くらいこのジョリヴェのオンド・マルトノ協奏曲を生で聴きたいと思っていました。良い演奏を楽しませていただきました。長年録音で親しんできた「秘曲」をようやく目の前で聴けて感激しました。
・数十年前までは、地方は産業による差別化が図られていたが、文化による差別化を図らないといけない
・新旧取り混ぜた斬新なプログラム、それに吹奏楽の名曲を取り入れるという、出来そうでなかなか実現しにくいことを取り入れられたことに楽団の意気込みを感じます。
・プログラムが大変いい、意欲的プログラム
・珍曲が好きなので
・何か新しいことを見つけられそうだから...
・メキシコの祭を取り入れて下さったことに感謝します
・パンフレットが面白い(オーケストラの台所事情)
・貴重なものを見せてもらった
・オンド・マルトノはロックでした
・音楽への真摯な姿勢が素晴らしい
・いつも新鮮な気持ちで聴かせていただき嬉しく思います