立体イリュージョンへ

だまし絵

--- 不可能物体の絵 ---

2008年7月26日更新

図形計算コンサルタント 杉原 厚吉


 だまし絵とは、人が見たとき、立体に関する印象をもつが、同時にそんな立体は作れそうにないとも感じる絵のことです。視覚心理学の分野で、錯視現象を調べるための素材として使われてきました。オランダの版画家エッシャーなどが作品の素材として使ったことでも有名です。

       

       

       

       


だまし絵の描き方についての本も出しました。


このウエブページについて