立体イリュージョンの利用法へ

--- イリュージョン立体の利用例 ---

オリエンテーリングのポイント標識として

図形計算コンサルタント 杉原 厚吉


 オリエンテーリングは、地図に示されたいくつかのポイントを通過し、できるだけ 早くゴールインすることをめざすスポーツです。このとき、ただ単にポイントの標識 を見つけて通過するのではなく、各ポイントにおいて謎解きを課すこともできる でしょう。

 そのために、ポイント指標としてイリュージョン立体を配置し、そのポイントに 到着したとき、「イリュージョンを生じる視点を見つけ、その視点からポイント指標 を撮影した写真を持ち帰る」という課題を課すことができます。これによって、 オリエンテーリングがいっそう面白くなるでしょう。


このウエブページについて