Media Information --紹介記事・放送など

 

全米デビュー!! 





 

ブルーノートから世界へデビュー!!
 
 

 
 
ジャズの名門レーベル「ブルーノート」から全米を初め、世界へデビュー!


レーベル創設以来の史上最年少記録!
 
 
ジャズの名門レーベル「BLUE NOTE RECORDS」から2ndアルバム「MOKO―MOKO」が2004年2月10日に「STORM  ZONE」として発売された。
 
17才で収録したCDの発売は、同レーベル創設以来の史上最年少記録となり、レーベル65年の歴史を塗り替えることとなった。
 
また、「STORM  ZONE」は、全米デビューに先駆けてイギリス・ドイツ等ヨーロッパからも2月9日に発売され、その後アジア各国など世界からも発売された。
 
 

 全米デビュー 高校生ジャズピアニスト松永貴志 快挙!!
 名門「ブルーノート」から  現役高校生ジャズピアニスト松永貴志(17)が来年2月、ジャズの名門レーベル「ブルーノート」から全米デビューすることが10日、分かった。
 64年の歴史を誇る米国のレーベル「ブルーノート」では、トランペット日野皓正(60)、ピアノ大西順子(36)といった日本人奏者が作品を発表したが、松永が同レーベル史上最年少の日本人アーティストとなる。  
 Zepp Tokyoで行われた所属レコード会社「東芝EMI」のお披露目ライブで電撃的に発表された。  
 松永は今年5月に国内CDデビュー後、演奏テクニックと独創的な楽曲が内外のジャズ関係者に絶賛され、今年8月、大型野外ライブ「東京JAZZ2003」で、ハービー・ハンコックら超一流奏者と共演。物おじしないステージ度胸と、天才的演奏スタイルが関係者の目に留まった。
 グラミー賞受賞でブレイクしたノラ・ジョーンズらを育てた同レーベルのブルース・ランドバル社長も日々進化を続ける姿にぞっこんで、一気に全米デビューが決まったという。
 (東京中日スポーツ)

 
「BLUE NOTE RECORDS」のホームページは
こちらをクリックください「TAKASHI Official Gallery」