「古民家再生」

じゃがいも村でボランティアで行われている古民家再生の作業写真です。

1/1page

 

古民家概観 外観

新しく張った杉板が2箇所ありますが、一番左側の以前浴室だった所を作業場としています。

そして次の真ん中あたりが新しくトイレとなります。

古民家出入口 中央の柱はじゃがいも村の村長の旧宅から出た古材を移築利用しています。

以前のホゾ穴が見えますね。

古民家塗り壁補修 上の写真の右側の土塗り壁を修繕するために土をねっています。
古民家塗り壁補修作業 村長の仲野さんが塗り壁の補修をしています。
古民家土間 土間

この御影石もボランティアの方々の手できれいに並べられています。

奥の靴収納兼式台も旧宅から持ってきたものです。

古民家すす竹天井

土間

土間の天井の写真です。立派な黒光りした梁が天井を支えています。

天井の竹は旧宅の屋根に使われていたすす竹を再利用しています。

天井の所々に塗り壁補修した部分が見えますね。

古民家ボランティア1

ボランティアの西さん

一番熱心にいつも働いておられます。手が器用でなんでもできます。棟梁も感心感心、

古民家ボランティア2

ボランティアの中島さん

新しく張った杉板をバーナー焼いて磨いています。中島さんは竹細工が得意で子供たちを喜ばせてくれます。

古民家棟梁 中島さんと棟梁

作業場の完成をチェック中です。

古民家塾生 大工塾の塾生

久山の23歳の青年です。特に傷みの激しかった軒裏の補修作業中です。

古民家建具 建具

旧宅のすす竹を利用してボランティアの方々がドアを生き返らせました。

古民家変木 変木

杉の変木をこの家のシンボルにしようと思って、どこに取り付けようかとまだ思案中です。

古民家室内 すす竹を利用したり、旧宅のガラスとを利用したりと工夫しています。
古民家洗面室 洗面室

天井・壁・床と全て新宮の竹林から取ってきた竹を割いて使っています。

古民家古建具 建具
古民家箪笥 箪笥

旧宅からいただいてきたものです。やはり古民家には同時代のものが良く似合う。

古民家座敷 板の間・座敷

建具は旧宅のものを利用しています。

古民家板の間 板の間

堀コタツもあります。

古民家外観

外観

杉板を全てバーナーで焼きめを付けています。そのままよりも焼いたほうが良く似合いますね。

 

|BACK|TOP|NEXT|

TOP

*無許可複製