ハロウィン




万聖節(総聖人の日)・・・キリスト教で、すべての聖人の恩恵を授かる日の
前日ですが、キリスト教の祝祭日ではありません。


10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり
精霊や魔女が出てくると信じられていました。




31日の夜、ジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)にろうそくを立て
魔女やお化けに仮装した子供達が
「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」ととなえて
近くの家を1軒ずつ訪ねます。

ニュースなどで見ると、大変楽しそうな行事なのに
日本では、広まりませんでしたね。