長崎の教会を世界遺産へ


line


2018年6月30日
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産が
バーレーンで開かれていたユネスコの世界遺産委員会で
国内では22件目になる
世界文化遺産に登録される事になりました。

1999年夏の奈留でのシンポジウムから数えると
20年近い時間がたちました。

長い道のりでした。

改めて、皆さまと喜びたいと思うとともに
深い感謝を申し上げます。


line

2018年5月4日

呼び方が変わりましたが
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が
ユネスコの諮問機関イコモスに
登録が妥当とユネスコに勧告をして頂いたそうです。

6月24日から7月4日まで
バーレーン・マナマで開かれる
世界遺産委員会の最終審査で
正式決定されるそうです。

これも皆、ずっと応援してくださっている皆様のおかげで
ここまで来る事ができました。
本当にありがとうございます。


line


2014年9月17日

「長崎の教会群とキリスト教関連資産」が
2016年の世界文化遺産への登録を目指して
政府に推薦して頂く事になりました。

政府は、来年2月までに正式な推薦書をユネスコに提出し
ユネスコの諮問機関による調査を経て
2016年に世界遺産委員会で登録するかどうかの
審査が行われるそうです。


また、夢に一歩近づきました。
これも皆、応援してくださっている皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。


line


2014年7月10日

「長崎の教会群とキリスト教関連資産」が
2016年の世界文化遺産をめざす国内候補に
文化審議会から推薦して頂きました。

リストに掲載されているのは、下記の13件だそうです。

     
大浦天主堂と関連施設(国宝:長崎市)
出津教会堂と関連遺跡(長崎市)
大野教会堂(国重文:長崎市)
日野江城跡(国史跡:南島原市)
原城跡(国史跡:南島原市)
黒島天主堂(国重文:佐世保市)
田平天主堂(国重文:平戸市)
平戸島の聖地と集落(平戸市)
旧野首教会堂と関連遺跡(小値賀町)
頭ヶ島天主堂(国重文:新上五島町)
旧五輪教会堂(国重文:五島市)
江上天主堂(五島市)
天草の崎津集落(熊本県天草市)


line


2014年2月10日

ローマ法王庁が
「長崎の教会群とキリスト教関連資産」の世界遺産への
登録の支援をして下さっているそうです。

本当に嬉しく思います。

line

2007年1月23日

「長崎の教会群とキリスト教関連資産」が
文化庁の世界遺産暫定リストに

リストに掲載されているのは、下記の20件だそうです。

旧大浦天主堂(国宝:長崎市)
旧羅典(らてん)神学校(国重文:長崎市)
黒島天主堂(国重文:佐世保市)
旧五輪教会堂(国重文:五島市)
青砂ヶ浦天主堂(国重文:新上五島町)
頭ヶ島天主堂(国重文:新上五島町)
田平天主堂(国重文:平戸市)
旧出津(しつ)救助院(国重文:長崎市)
出津教会
大野教会
堂崎教会
旧野首教会
江上教会
宝亀教会
原城跡(国史跡:南島原市)
吉利支丹墓碑(西有家)(国史跡:南島原市)
日野江城跡(国史跡:南島原市)
日本二十六聖人殉教地
ド・ロ神父遺跡
セント・ドミンゴ教会跡


詳しい事は、長崎県のHPでご覧下さい。


line


2001年9月15日

「長崎の教会群を世界遺産にする会」発足

会長   林一馬・長崎総科大教授
メンバー   学識経験者、教会関係者、建築家
  マスコミ関係者、県、市関係者など30人
課題   地域の中の同意作成
  離島の信者さんとの連携など



詳しい事は、こちら


line


2001年6月24日

「長崎の教会建築群と自然環境を研究する会」の準備会発足

メンバー:約15人


line


1999年夏

五島奈留町での教会建築に関するシンポジウム



line