出津教会


Shitsu


映画「解夏」をご覧になって
この教会はどこにあるかと
思われた方もいらっしゃるかと思います。

以前は、長崎県の外海町、現在は長崎市にある出津教会です。

地図はこちらにあります。

映画の中で、五島列島が見えると紹介されていましたが
外海と五島は深いつながりがあります。

「西海キリシタン文化総覧」によると
安政5(1776)年から、数回
外海地区の信者さんが、五島へ移住なさいました。

キリスト教の信仰は禁止されていましたので
隠れキリシタンとしての移住です。


明治12年にド・ロ神父様が出津にいらした時には、
たくさんの信者さんがいらしたのに、教会はありませんでした。
ド・ロ神父様の私財で建てられた教会です。
明治14年着工、15年に完成しました。

煉瓦造り、瓦葺き、ロマネスク様式で、正面に方形の鐘塔があります。
明治24年に祭壇部を、42年に玄関部を増築しました。
増築の時に、内外ともに漆喰(しっくい)を塗ったので、
煉瓦は見る事ができません。 正面塔屋のマリア像は、
ド・ロ神父様がフランスから取り寄せられた物だそうです。

この教会は、海岸から近く、小高い山の中腹にありますので、
台風の影響を強く受ける場所にあります。
その対策の為に、建物が低くなっています。

昭和47年に、長崎県の文化財に指定されています。

ド・ロ神父様が建設にかかわられたのは
旧ラテン神学校(重文)、救助院(重文)
いわし網工場、大野教会(長崎県指定文化財)
大司教館だそうです。


Shitsu


この写真は、「norika」さんからお借りしましたので、
著作権は「norika」さんにあります。