title

tensi







  鉄川与助 施工  
 鉄川与助 設計施工 
 鉄川工務店 設計施工 

祖父鉄川与助の造った天主堂は、50以上と言われていますが、まだ全部はわかりません。
現在の状態をわかる範囲で調べてみました。
は今は祖父の造った天主堂がありません。は、祖父の造った天主堂があります。
               
名前 献堂場所天主堂の説明今の状態
 明治12年 南松浦郡新魚目町丸尾(五島)で生まれる 
曽根天主堂明治32年南松浦郡
新魚目町
ペール神父、野原棟梁のもとで、初めて教会建築に参加 
西洋建築との出会い
建て替え
鯛ノ浦
天主堂
明治36年南松浦郡
有川町
木造で、野原棟粱施工 建て替え
 明治39年 鉄川組を編成 
桐の浦天主堂明治39年長崎県木造で、1部煉瓦造り。 
冷水天主堂明治40年南松浦郡
上五島町
素朴な木造で、初めて設計施工しました。リブ。ヴォー
ルト天井です。
 
堂崎天主堂明治41年福江市赤煉瓦造りで、野原棟梁施工です。ゴシック様式で、ど
っしりした重厚な天主堂です。
 
 明治41年 日本建築学会会員になります。 
野首天主堂明治41年北松浦郡
小値賀町
初めての煉瓦造りです。4つの窓があり、花模様のステ
ンドグラスがとても綺麗です。昭和64年復元。『火宅
の人』のロケ地です。
 
佐賀公教会明治44年佐賀県木造、平家建戦災
青砂ケ浦
天主堂
明治43年南松浦郡
上五島町
煉瓦造り、屋根が2層になって高く大きくなり、煉瓦と
白い十字架の対比が綺麗です。内部の装飾も壮麗になり
ます。
 
楠原天主堂明治45年南松浦郡
岐宿町
赤煉瓦造りで、ゴシック様式です。どっしりした天主堂
で、屋根に銀色の十字架が輝いています。
増改築 
山田天主堂大正元年北松浦郡
生月町
煉瓦造り 
今村天主堂大正2年福岡県
三井郡
太刀洗町
珍しい双塔の赤煉瓦造りの天主堂で、祖父の、1番美し
い建築物とも言われています。他の教会は島などに多い
ですが、筑紫平野の真ん中にあります。
 
大司教館大正3年長崎市大浦天主堂の右側大きな煉瓦造りで、3階建てで日本瓦
です。ド・ロ神父設計、与助施工です。
 
宮崎天主堂大正3年宮崎県木造、平家建取り壊し
大曽天主堂大正5年南松浦郡
上五島町
煉瓦造りで、バジリカ式会堂です。入り口正面に大きな
塔屋を持つ、ロマネスク調で、円形アーチ窓の、桜の花
型の色ガラスが綺麗です。
 
大水天主堂大正6年長崎県木造、平家建
堂崎天主堂大正6年福江市赤煉瓦造りで、ゴシック様式です。 
江上天主堂大正7年南松浦郡
奈留町
小さい木造の天主堂で、窓ガラスの花柄模様は手書きで
す。
 
南田平
天主堂
大正7年北松浦郡
田平町
与助最後の煉瓦造りの天主堂で、三層です。平戸島の向
かいの丘にあり、グリーンのドームを持ち、回りの景色
によく映えています。
 
頭ケ島
天主堂
大正8年南松浦郡
有川町
唯一の石造り(島で取れた石)で、ロマネスク様式です
。小さい天主堂を広く見せる為初めての折上天井です。
祖父が晩年1番話していた天主堂で、それだけ苦労した
ようです。私が好きな天主堂の1つです。
 
細石流
天主堂
大正10年福江市ザザレと読みます。今は廃堂です。崩壊
旧浦頭
天主堂
大正10年長崎県木造、折上天井です。取り壊し
人吉公教会大正11年熊本県木造、平家建 
長崎神学校大正12年長崎県教会ではありませんが、祖父の初めてのコンクリート造
りです。三階建です。
 
旧浦上
天主堂
大正14年長崎市建設の時にも参加しましたが、双塔は、祖父が作りまし
た。残念な事に、昭和20年の原爆でこわれました。今
の浦上天主堂は、与助の長男与八郎の設計施工です。
原爆
手取天主堂昭和3年熊本市最初のコンクリート造り、大正12年の関東大震災で煉
瓦造りの脆さが実証されたからだと思われます。八角形
のドームで小さい天主堂ですが、内部は広く高くて花柄
をあしらった内部装飾が美しいです。
 
大牟田
公教会
昭和4年福岡県木造、平家建戦災
呼子天主堂昭和4年佐賀県木造、平家建 
紐差天主堂昭和4年平戸市白いコンクリート造りの美しい外観と、ステンドグラス
からもれる光の美しい内部を持つ、大規模な天主堂で、
内部の柱の装飾が綺麗です。
 
八幡天主堂昭和5年福岡県木造、平家建戦災
戸畑公教会昭和5年福岡県木造、平家建戦災
大江天主堂昭和8年熊本県
天草
ロマネスク様式の白亜の天主堂で、コンクリート造りで
す。私の好きな天主堂の1つです。
 
新田原
天主堂
昭和8年福岡県木造、2階建建て替え
水俣天主堂昭和8年熊本県木造、平家建 
小倉天主堂昭和10年福岡県木造、1部鉄骨造り、平家建取り壊し
崎津天主堂昭和10年熊本県
天草
前半分はコンクリート造りで、後ろは木造のゴシック風
です。鉛筆のようなとがった塔があり、外観が華やかで
畳敷きです。海の側に建っています。
 
水の浦
天主堂
昭和13年南松浦郡
岐宿町
木造で、大規模な白亜の天主堂です。堂内の貝の聖水器
が美しいです。
 
鯛の浦
天主堂
昭和21年南松浦郡
有川町
煉瓦造、平家建。玄関だけ煉瓦(昭和21年に 原爆で
壊された、浦上天主堂の煉瓦で作りました。)
建て替え
愛野教会昭和26年 南高来郡木造、平家造り 
桐教会昭和33年 南松浦郡  
浦上天主堂昭和34年 長崎市コンクリート造り 
諫早教会昭和40年 諫早市コンクリート造り 
船隠天主堂昭和40年 南松浦郡木造 
丸尾教会昭和47年 南松浦郡コンクリート造り 
 昭和51年 亡くなりました。97歳でした。趣味も、建築といいき
れるような一生でした。亡くなった日の朝も、故郷の五
島や、教会の写真を見ていたそうです。
 

場所で、何も書いていないのは、長崎県です。