saku

カクレキリシタン、隠れキリシタン、潜伏キリシタン

saku

書名 著者 出版社 禁教時代
(主に江戸時代)
明治以後
キリスト教に復活 祖先の信仰を守る
かくれキリシタン 片岡弥吉 NHK BOOKS 潜伏キリシタン かくれキリシタン
カクレキリシタンの
信仰世界
宮崎賢太郎 東京大学
出版会
潜伏キリシタン 復活キリシタン カクレキリシタン
大いなる遺産
長崎の教会
柿森和年 智書房 潜伏キリシタン カクレキリシタン
遠藤周作 かくれ切支丹
西海のキリシタン
文化総覧
鶴田文史 天草文化
出版社
潜伏キリシタン 離れ
浦上キリシタン
流配事件
家近良樹 吉川弘文館 隠れキリシタン
日本史の教科書 山川出版社
日本史用語集 山川出版社 隠れ(潜伏)
キリシタン
Agora 10 JAL 隠れキリシタン


記述が見当たらない
不明


日経新聞に隠れキリシタンの解説がありました。

以前から、解説がわかりにくいと思っていたら
本によって、信者さんの呼び方が違っていましたので
何冊かの本で調べてみました。

江戸時代に、キリスト教が禁止されて
ひそかに信仰を続けていた方々
明治時代になって、キリスト教に帰依なさった方々
潜伏時代の信仰を守っていらっしゃる方々
3つのお名前が、本によって違っていました。

研究なさっている先生方は、いろいろな名前を使う事で
それぞれの違いを出そうとなさっているようです。

私の何人かの知り合いに聞きましたら
隠れ(カクレ)キリシタンという言葉から
江戸時代のキリスト教の信仰を禁じられた時代に
ひそかに信仰を守っていた方々を連想する方が
多かったです。