まかせて安心 行政書士 戸張事務所

遺産分割協議書の作成

img_03

相続人が複数人いるときには、遺産を分けてそれぞれの財産にします。
相続人全員の話合いがまとまった時は、後日の紛争を避けるため、遺産分割協議書を作成します。



遺産分割協議書作成のお手伝いをいたします。



1.相続人の調査

  遺産分割を進める前提として、すべての法定相続人を確定します。

  正確に把握するため、戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍等を取り寄せ

  ます。



2.相続財産の調査

  不動産・預貯金・債権債務等の被相続人の財産を調査します。


3.遺産分割案の作成

  ご依頼の趣旨に沿って、法的なアドバイスをします。


4.遺産分割協議書の作成

  遺産分割協議書は、分割する財産と譲り受ける人を具体的に記述し、

  相続人全員が署名・押印します。



遺産分割の種類 方法
現物分割 土地・建物、預貯金などの遺産をこの相続人にはこの土地を、この相続人にはこの建物を、この相続人にはこの預金をと現物で分ける
代償分割 一人の相続人が不動産を取得する代わりに、他の相続人に対して債務を(金銭を)負担させる
換価分割 遺産を換価(処分)して、その代金を相続人で分ける

NOTES

img_12

遺産の範囲


被相続人に属した一切の権利義務が相続の対象範囲になります。プラスの財産ばかりでなく、借金などのマイナスの財産も含みます。
ただし、一身専属権・祭祀に関する権利などは相続の対象から除外されます。

img_13

相続人のうちに、行方不明者がいるとき


その人を除外して遺産を分割協議はできません。他の相続人は家庭裁判所に不在者財産管理人の選任の申立てをすることができます。

img_15

相続人の中に未成年者がいるとき


親も相続人である場合、利益が相反するので家庭裁判所に特別代理人の選任を申立てます。