サービス

SERVICE

成年後見制度とは・・・「自分らしく」

img_03

成年後見制度は、認知症・知的障がい・精神障がいなどの理由により、判断能力が不十分な方々を保護し、支援する制度です。

成年後見制度は、「法定後見制度」「任意後見制度」があります。

「親なき後」の知的障害の方々等のために任意後見制度を活用することができます。

行政書士 戸張事務所にご相談ください。


成年後見研修会を受講、効果測定テストに合格しました。

成年後見制度 方法
法定後見制度 本人、配偶者、4親等内の親族、検察官などの申立てにより、家庭裁判所が後見人を選任して、本人を代理して法律行為をしたり、本人に不利益な法律行為を取消したりすることによって、本人を保護、支援します。
任意後見制度 本人が十分な判断能力があるうちに、将来、判断能力が不十分な状態になった時に備えて、あらかじめ自分で後見人を定めておいて、財産管理等の事務の代理権を与える契約を公正証書で結んでおきます。自己の老後等における財産の管理方法等を事前に定めておく任意後見契約は、自己の死後における遺産の管理方法等を生前に定めておく(公正証書)遺言と類似する制度です。任意後見契約の公正証書と遺言執行者の定めのある遺言の公正証書をセットで作成する方法は事務処理の連続性を考えると有効な利用方法です。

当事務所では以下のことを承ります。

img_04

・任意後見契約の作成サポート

・任意後見契約の受任者となること

・任意後見人としての事務