2011年1月14日(金) 東郷昌和ソロライブ@曙橋Back in Town

第一部

ゲスト席にはアコースティックギターがおいてあります。本日のゲストは誰なのか、期待が高まります。
談笑が響く中、客電が暗くなり、東郷さん登場です。

1. We Love Pops
2. My Cherie Amour(Stevie Wonder)

ソロライブのテーマソング「We Love Pops」に続いて、いきなりスティービー・ワンダーの名曲。前回のソロライブで宣言したように、「ソロライブではシンガーに徹する」東郷さんの姿勢が現れています。

3. ケンとメリー〜愛と風のように〜

東郷さん「この曲はバージョンが何十もあって、僕が歌ったやつとか、最後の方にはオフコースが歌ったやつもあるんですよ。」

4. Sunny(Bobby Hebb)

これもオールデイズの名曲。My Cherie Amourと同じように、ストレートなラブソングです。
ここでピアノからギターにチェンジ。

5. Till There Was You(The Beatles)

Beatlesと書きましたが、カバー曲ですね。歌い終わって東郷さん「あれ?なんかギターの座りが悪いと思ったら、足の組み方が逆だよ(笑)。僕はもともとバンドではギターやってたんですけどね、BUZZでデビューする1ヶ月前に、2人ともギターってのはありふれてるからって、ノブ(高橋信之)さんに言われて、それでピアノになったんです。」

6. Lalena(Donovan)

イギリスのシンガーソングライター、ドノバンのバラードナンバー「ラレーニャ」。後にディープ・パープルがカバーしています。せつないラブバラードですね。ちなみに故・加藤和彦さんの「トノバン」というあだ名は、この「ドノバン」から取ったのだとか。

7. やさしさに包まれたなら(荒井由実)
8. 卒業写真(荒井由実)

「ユーミンを歌います!」と宣言して立て続けに2曲。歌い終わって「ユーミンの世界ってやっぱりすごいですね。荒井由実コンサート(1996年8月13~15日、中野サンプラザ)に出た時は、感動しましたよ。」と当時のお話を。チケットが10万円まで値が上がったとか、「守ってあげたい」のコーラスを一所懸命練習したのに、直前にキャンセルになって力が抜けたとか(でも代わりに「ケンとメリー」が入ったんですよね?)、

そして当時のアイドルのコーラスもずいぶんやったという話で、浅香唯「CCガール」ではコーラスで出しゃばっちゃって、今聴くと恥ずかしいとか。他には松田聖子「青い珊瑚礁」や田原俊彦「ハッとしてGood」なんかを挙げていましたが、ご本人も憶えていないぐらいたくさんありますよね。

9. セロリ(山崎まさよし/SMAP)

少しテンポが早く、出だしで舌が回らなくて(笑)、もう一度やり直してくれました。曲が終わって、汗を拭きながら「友達がね、昌和、ステージで汗を拭くのは仕方ないけど、首を拭くのはやめろって(笑)。おっさんくさいから。」

10. Desperado(The Eagles

第二部

1. まわりみち

ここで本日のゲストの紹介。「NSPって知ってます?」と東郷さん。客席がうなづくと「よかった、そういう世代だよね(笑)。では、NSPの中村貴之君です!」
拍手と驚きの喚声に迎えられて、さわやかな笑顔で中村さん登場。ギターのおいてあるステージ上手側に座ります。

BUZZの東郷さんとNSPの中村さんという組み合わせがとても意外だったのですが、少し前にお酒の席で偶然会って話をしたら、家がすぐそばで、駅も隣だということが発覚したそうです。それ以来よく飲むようになり、昨年のクリスマスイブも2人で飲んでいたとか(笑)。

NSPとしての活動は、天野滋さんが亡くなって以来停止していたのですが、今年が天野さんの七回忌ということもあり、元ふきのとうの細坪基佳さんが手伝ってくれることになり、7月から活動を再開するそうです(拍手)。細坪さんはNSP時代にも「愛のナイフ」という曲の作曲をしていたりするので、昔から親交が深いのでしょうね。

東郷さん「細坪もいろんなところに顔出すね。」
中村さん「だからね、三浦和人が泣いてるんじゃないかと思うんですよ(笑)」元・雅夢の三浦和人さんは細坪さんと2人で「細坪君と三浦君」というユニットで活動してますからね。

本当に飲み屋にいるみたいに話が弾むお二方。

中村さん「じゃ、そろそろやりますか。これ、みんな知ってるかなあ。」
東郷さん「知ってるでしょ。僕でも知ってたんだから。」

2. さようなら(NSP)(with 中村貴之)

そりゃ知ってますよ(爆)!NSPのデビュー曲で大ヒット曲じゃないですか!NSPはデビューが1973年、BUZZより一年遅れですね。年齢も東郷さんの方が一つ上だそうです。

東郷さん「しかしデビュー曲で「さようなら」っていうのもすごいね。まあ、BUZZも昔は「モーニングフライト」っていう別れの曲をよくオープニングに使ってていきなり「さ〜よなら〜」って歌ってましたけど(笑)」
中村さん「実は、デビュー曲は、ポプコンで入賞した「あせ」っていう曲のはずだったんですよ。それが直前で「さようなら」になったんです。」
東郷さん「思い出した!こないだ2人で飲んでた時に、お店で知り合った女の人が、今度2人でライブやるって言ったら絶対見に行く!って言ってたんだけど、今日来てますか?・・・・いないですよね(笑)。チクショー!(笑)」
中村さん「(客席を見て)そういえば、男性が多くないですか?(笑)」
東郷さん「そうなの!僕のファンは男ばっかりなの(笑)。」

3. Close Your Eyes(中村貴之)(with 中村貴之)

NSP活動停止後の中村さんのソロの曲、男の心情を歌ったバラードです。とても良い歌ですね。「君の暖かさが出ている曲だね〜」と東郷さん。

4. 記念日(with 中村貴之)

「BUZZの曲を何か、ということでこれにしました。」と中村さん。なるほど、納得です。とても中村さんの声の雰囲気に合っていました。

ここで中村さん、拍手に送られ退場です。

東郷さん「正月から風邪を引きましてね、ずっとお酒を控えてたんですよ。今日は飲むぞー、覚悟しろよ(笑)」

5. 白い恋人達(桑田圭祐)

東郷さん「この曲は詞がいいですよね。桑田君とかユーミンは本当に素晴らしい世界をもっています。」

6. ハナミズキ(一青窈)

「僕に取ってはとても最近の曲です(笑)」と言って始まったこの曲。楽曲の良さもありますが、東郷さんの声にとても良く合っていて、好評でした。

7. Lady Madonna(The Beatles)
8. The Long And Winding Road(The Beatles)

東郷さん「僕らはビートルズ世代ですけど、本当に良い時代に生まれたと思います。良い曲をいっぱい聴けて。良い曲を聴くと、体がリズムに反応して、動きますよね。体が反応しなかったらダメだと思うんですよ。そういう良い曲をどんどん演って行きたいし、これからもいろんな人とコラボして行きたいと思います。」

9. Say Goodbye To Sorrow
10. Without You(Nilsson)

昔から定評のある東郷さんの「Without You」。客席の昔からのファンの中には、涙ぐむ人の姿も。大きな拍手の中、深くお辞儀をしてステージを去る東郷さん。そして拍手はすぐにアンコールを求める拍手に変わります。

アンコール

ここでもう一度中村貴之さんの登場です。

1. 夢の中へ(井上陽水)(with 中村貴之)

きっと、みんなが知っている、みんなが歌えるようなナンバーを持ってこられたんだと思います。客席の手拍子も最高潮で、楽しいアンコールになりました。再び中村さんは退場です。

2. 大好きだから

最後は「Refrain」からのこの曲。しっとりと、そして力強く、歌ってくれました。

今回のソロライブは、「自分が聴いて来たいい歌を皆さんに届ける」という、東郷さんのソロライブの方針がほぼ固まってきたという印象を受けました。今後、どんな曲が披露されるのか、おそらく毎回セットリストが変わって行くことでしょう。楽しみですね!

Aqua