111125 BUZZ 40周年記念ライブ@曙橋Back in Town

東郷さんはピンクのシャツに白いジャケット、小出さんは白いシャツに黒いジャケット、融さんは白いハイネックに黒いジャケット、3人ともスリムジーンズです。

1部

1. ケンとメリー~愛と風のように~
2.朝

いきなりデビュー曲「ケンメリ」、そして2枚目のシングル曲「朝」。「朝」は一昨年の渋谷プレジャープレジャーで、作詞者である大野真澄さんとのコラボで披露して以来で、BUZZオンリーでの演奏は再活動後初めてと言うことになります。改めて聴いてもいい曲ですね、感動です。

東郷さん「こんばんは、BUZZです(拍手)。今日は、40周年記念ライブということですが、実は、40周年は来年なんですね、だから40周年「記念」ライブなんです。今日は先日放映されたテレビ東京(BUZZが出演した2011年10月3日「月曜プレミア!歌謡ベストヒット」)を見てBUZZがまだやってるというのを知って、今日のライブの告知がテロップで流れたのでそれで来ていただいたという方がずいぶん多くて、ホームページの方にもとにかくケンメリを生で聴きたいというリクエストがずいぶん寄せられました。・・・ケンメリ終わっちゃいました(笑)。これからどうすればいいんでしょうか(笑)。とにかく今日は予約で満員御礼をいただきまして(拍手)、キャンセル待ちの列がいま靖国神社まで並んでいるそうです(笑)。そんなわけで、今日は久しぶりにBUZZを生で見るという方のために、昔の曲からさかのぼって演っていこうという構成になっています。どうぞごゆっくり楽しんで下さい(拍手)。」

3.記念日

東郷さん「え〜、BUZZの何枚目かのシングルで「記念日」という曲を聴いていただきました。何枚目かなんて言うと、詳しいファンの人が必ず「◯枚目です!」って指摘を受けるんですけど、(客席から「8枚目です!」の声)(笑)ほらね、厳しいんです(笑)。これは正やん、伊勢正三の作詞なんですけど、正やん、小出博志、坂崎、この3人の共通点ってわかします?・・・若い時からズボンのサイズが変わらないんです(笑)。

4.はつかり5号

東郷さん「はつかり5号」という歌をお送りしました。はつかり5号は、なくなっちゃったんですよね。え〜、しつこいけど、「あずさ2号」よりこっちの方が先です(笑)。」

ここでサポートの平野融さんが紹介されます。

融さん「先日、東京ドームで初めて演奏しました。美空ひばりさんの追悼コンサート(2011年11月11日美空ひばり23回忌メモリアルコンサート「だいじょうぶ!日本」)で、岡林信康さんと二人で。明日テレビ放送がありますので、良かったら観て下さい。私映ってるかどうかわからないけど(笑)。あ、今日と同じ服だ(笑)。」
東郷さん「大丈夫だよ、僕も今日、テレビ東京の時と同じ服だから(笑)。」
小出さん「ドームは僕らもさすがにないね、武道館はケンメリで出たけど。」
(管理人注:翌日のオンエアでは、融さんもちゃんと映っていたそうです)

東郷さん「BUZZは昔は本当にいろんなコーラスやってましたからね。こんなこともやってました。」と小出さんとアイコンタクト。そして始まったのが・・・

5.欽ドンのテーマ

二人のアカペラコーラスで、懐かしい「欽ドン」のジングルをワンフレーズ披露してくれました。これ、イモ欽トリオの大ヒット「ハイスクールララバイ」のB面の「欽ドン!良い子悪い子普通の子のテーマ」のコーラス部分なんですよね(もっとも、ジングルの方が先に出来ていたかもですけど)。

東郷さん「この頃はCMもずいぶんやりましたね〜。コーラスが年間500曲という年もありました。一時期はテレビから流れるCMが全部BUZZで、一日中我々の声が流れてて気持ち悪くなりましたね(笑)。あ、そうだ、今日皆さんのお手元にチラシとアンケートがあったでしょ?今日はとにかくテレビでBUZZがまだやってるって知ったお客さんが多いので、これを機にみなさんにこちらから情報を流せるように、BUZZのホームページの管理人をしてる、あそこにいる(と指差して)Aquaさんって人が作ってくれたんですよ。あのちょっとウッディ・アレンに似てる(と紹介されたので私も立ってご挨拶しました。拍手までいただいちゃいました(照))。ですので、ぜひ連絡先を書いて下さい、あとで彼が回収しますので。どんどん皆さんでホームページも盛り上げていただいて、いつかはドームで・・・そりゃ無理か(笑)、まあCCレモンホールぐらいには持って行きたいと思いますので、よろしくお願いします!」

と東郷さんにご紹介頂いたおかげで、みなさんに私の顔を憶えていただけたようで、回収作業がとても楽でした。アンケートにご協力いただいた方々、本当にありがとうございました!

6.学生手帖

これも今年の飯田で再活動後初めて演奏された曲ですね!「君のテレホン 7つの数字」と、歌詞は古くなってしまいましたが、ポップな曲調はさすが筒美京平作品、全く色あせていません。

7.わかれ~詠訣~
8.あなたが消えそう

東郷さん「昔はコンサートの最後にこの2曲を立て続けにやったことが多かったですね。これでもかシリーズと呼んでいましたけど(笑)。今日は2年前に出したばっかりの(笑)ニューアルバム、「Back to the Beginning」もそちらにおいてありますので、サイン色紙つきで。その「Back to the Beginning」の中から、温かい気持ちになる曲をお送りします。」

9.秘密

久しぶりにBUZZを聴いた方の耳にはどう響いたでしょうか、「Back to the Beginning」の中では最もBUZZらしいとも言える曲「秘密」。私は今回、間奏の融さんのリードがいつにも増してかっこ良くて、聞き惚れちゃいました。

東郷さん「ぜひ、ご夫婦で聴いていただいて、この詞がこう言ってるじゃないか、とかいろいろ解釈してほしいと思います。「Back to the Beginning」、お買い求めいただいた方には、ライブ終わった後ちょっと待っていていただけたらすぐ(我々)出てきますので(笑)、サインもしますよ〜。ぜひお買い求め下さい。一家に3枚は必要です(笑)。さて、今日は2部制です、これから30分ほど休憩をはさんで2部にいきますので、焦って食べなくてもいいですよ(笑)。いいですよね〜こうやって飲み食いしながらライブを楽しむのって、ドームでやっても端の方に飲食コーナーとか設けてね(笑)、やりたいと思いますけど。」

10.そして・・・瞳、少年風

東郷さんのキーボードがシンセの音でイントロのメロディーを奏でたとき、「キター!」と思いました。1981年9月5日発売のシングル、つまり、オリジナルではBUZZの最も新しいシングル(爆)、マックスファクターのCMソングだった曲です。今回のサプライズ曲です。あとで小出さんが、「キーを下げたから逆に低いところがきつかったよ〜。しかし浜金(作曲者の浜田金吾さん)も自分のライブで歌うらしいけど、こんなにレンジの広い歌あいつ歌えるのかね?」と言っていました。

11.さらばTOKYO

 

2部

東郷さん「よかった〜。ケンメリ終わったからみんな帰っちゃってたらどうしようって思ったよ(笑)」

1.一の橋から
2.センチメンタル・ブルー

「A New Day A New Time」から立て続けに2曲。融さんのリード・プレイが光ります。私は「センチメンタル・ブルー」の、間奏直前の小出さんの、ギターストロークのクレッシェンドが好きです。

東郷さん「アルバム(「Back to the Beginning」)の売り上げも順調に伸びているみたいで、ありがとうございます。ご一報いただければ、通信販売もいたします。送料はジャパネットが負担致します(笑)。」
小出さん「(突然)おもしろい!(笑)」
東郷さん「(ビックリして小出さんを見て)ありがとうございます!(笑)」

3.天翔る心

東郷さん「(手拍子が少なかったことを受けて)BUZZは手拍子する曲がなかなかないですからね。(セットリストを見て)もうないかも・・・あ、まだあるかもしれませんね(笑)。この曲は博志の詞に僕が曲をつけたんですけど、我々はコンポーザーとシンガーと両方の顔がありまして、いろんな人の曲を歌ってきました。ではそんな、他人の曲をお送りします。」

4.明日(平原綾香)

小出さんの「この曲は平原綾香さんの曲ですが、女の歌を男が歌うっていうのは、結構あるんですよね。徳永君なんかもやってますし。男の歌を女が歌うってのは・・・(自分で言い出したのに長考)・・・あるのかな・・・和田アキ子?(笑)・・・え〜、では」
東郷さん「終わり?(爆笑)」
小出さん「いや、私は人の話を聞くタイプで、話が得意なタイプじゃないので。」
東郷さん「酔うとおしゃべりになるんですけどね(笑)。孫の話すればいいじゃん」
小出さん「あ、そうそう、2人目の孫が5月に生まれまして(拍手)、男の子です。可愛いね、初めて、こういう(と指で表現しながら)ちっちゃいのを見ましたね(爆笑)。」
東郷さん「ひどいんだよ〜、俺の顔みると泣きやがるの(笑)。」
小出さん「だんだんわかって来たんだよ、男ってもんが(笑)。」

そういえば小出さんはお子さんも娘さんだし、初孫も女の子でしたからね、ちっちゃいの見たのは初めてだったかもしれません(爆)。しかし東郷さんと小出さんの掛け合いは最高ですね、笑えます。

5.飾りじゃないのよ涙は(中森明菜・井上陽水)

8月の飯田ライブで初めて披露されたこの曲。かっこいいですね!融さんのアコースティックギターによるベースラインも、ウッドベースを彷彿させる切れのいいプレイです。今日も小出さん、声出てます!しかしこの曲はエネルギーを使うようで、終わったとたん「暑い!またタオル忘れちゃったよ〜」と東郷さん。

6.I've gotta woman

東郷さん「(小出さんがギターのチューニングをし始めたのを見て)チューニング、大丈夫ですか?あの、ギターの端っこについてるの、ワンセグ(テレビ)じゃないですよ(笑)。チューニングメーターですからね。え〜高橋幸宏くんの詞に僕が曲を書くということが良くあったんですが、詞先、曲先って言うんですけど、幸宏の場合は詞先なんですね。「Back to the Beginning」でも幸宏が詞をくれて、僕が曲を書いたのがあります。それを聴いてください。」

7.君の未来、僕の過去へと続く~青空
8.拝啓きみに

「Back to the Beginning」からしっとりと聴かせるバラードを2曲。

東郷さん「BUZZが再活動を始めたら、昔からの音楽仲間がすごく喜んでくれてね。」「昔の曲でも、今は捉え方が違うし、声も歌い方も違いますよね。何か、渋みとか、艶とかが出てきましたね。今、歌が楽しくてしょうがないんですよ。もっともっと新しいことにも挑戦したいですね。ソロライブもあります、チラシ(この日は東郷さん自作の告知チラシも配布されてました)、お持ち帰り下さいね。後で、踏みつけられた跡のあるチラシが落ちてたら悲しいですから(笑)。もちろん、BUZZのライブも計画中です(拍手)。ぜひ、「今」のBUZZに触れに来て下さい。」

9.VISION
10.君に捧げるメッセージ

アンコール

再びステージに登場したメンバーに、客席から花束が贈られます。東郷さんが受け取ってキーボード脇に置きます。

1.モーニングフライト
2.君を迎えに来たよ

ダブルアンコール

東郷さん「最後はこの曲をみんなで歌いましょう!」

1. ケンとメリー~愛と風のように~

最後は「想い出の中へ」かと常連組は予想していたのですが、今回は「ケンメリ」!東郷さんがキーボードを弾きながら、指揮者よろしく客席の歌声をリードします。全員が歌っていたんじゃないかと思うほど、大きな声になりました。みんな、歌いたくて、うずうずしていたんですね!

ライブ終了後、お陰さまでアンケートも33枚回収できました。読み返して見ると、皆さんのBUZZに対する思い入れ、愛情があふれていて、楽しくなります。やってよかったなと思いました。連絡先をいただいた方には、責任もって今後の活動の情報をお届け致します!再活動後のBUZZを初めて観たというみなさん、ぜひ今後も足を運んで下さいね!みんなで盛り上げて行きましょう!よろしくお願い致します!

Aqua