BUZZ INTRODUCTION

小出博志(Hiroshi Koide)

1951年(昭和26年)2月13日東京都生まれ。中学2年の時よりビートルズに凝りクラスメートとバンド結成。高校では合唱団に3年間在籍し全国3位東京2位となる。そのかたわらフォークグループに在籍、大学1年時「インディアンアップル」として本格的な活動を開始する。解散後、高橋幸宏氏らとの交流を通じ、東郷昌和と知り合い、コマーシャルソングを歌うようになる。現在、BUZZとしての活動のほか、映像音楽などの作曲およびCMの作詞作曲や各種レコーディングへの参加、西島三恵子などのサポートミュージシャンとして活躍中。

hirosiintro

東郷昌和(Masakazu Togo)

1952年(昭和27年)4月29日東京都生まれ。高校時代からバンド活動し、荒井由実、高橋幸宏、小原礼、鈴木茂、後藤次利、高中正義らと交流を持ちスタジオプレーヤーとしてCMソングを歌うようになる。その後、BUZZとして音楽活動を始める。一方、他のアーティストへのアルバム制作参加、CMソングなども多数手がける。またヴォーカルプロデューサーとしてBoAほかを担当する。現在、BUZZとしての活動のほか、マイカミュージックラボラトリー(http://www.mica-ml.co.jp/)で後進の指導にあたり、多くの実績を残している

togointro

BUZZバズ

1972年、小出博志と東郷昌和で結成。作詞作曲家・高橋信之氏のプロデュースのもと、同年11月、キングレコードより日産スカイラインのCMソング「ケンとメリー ~愛と風のように~」でデビュー。その爽やかなハーモニーでポップスファンを魅了する。その後、1980年代中盤までにシングル14枚、アルバム8枚(ライブ盤・ベスト盤など含む)をリリースする。

1980年代には、BUZZとしての活動のほか、松田聖子、田原俊彦などアイドル全盛時代の大半のヒット曲におけるバックコーラスなど、数多くのアーティストのレコード制作に参加し、コーラス、作詞作曲などを担当。一方でCMソングやドラマ、アニメ番組の主題歌なども多数手がける。1996年8月には、荒井由実コンサートにコーラスとして参加した。

2003年頃から、作家でパーカッショニストの平野肇がサポートメンバーとして加わり,ジョイントコンサートや公開録音等のイベントベースで、グループとしての演奏活動を再開。2006年8月、単独ライブを望むファンの熱い要望を受け、長野県飯田市にて2時間を越す単独ライブ「Live in IIDA」を開催。これがBUZZとしての本格的な音楽活動を再開するきっかけとなった。

2007年4月27日、26年ぶりの全曲新曲のミニアルバム『Refrain』をリリース。その新譜お披露目ライブともいえるコンサートを、同日、東京恵比寿「LiveGate」にて敢行。その後も東京を中心に、新潟県南魚沼市、長野県飯田市、静岡県熱海市など全国各地でライブを精力的に展開している。

Special thanks to はらっぱさん