HOME 会社概要 東海楽器の歴史 SEB(sound effect body) 製品紹介
お問い合わせ 取扱店
HOME>東海楽器の歴史
History of TOKAI
1947年 浜松市寺島町にピアノとハーモニカの研究開発を目的として東海楽器研究所設立
1961年 「ピアニカ」の開発に成功、生産、販売を開始
1965年 クラシックギターの生産、販売を開始
1968年 「ハミングバード」ブランドによるエレキギターの生産、販売を開始
1970年 「ハミングバード」ブランドによるアコースティックギターの生産、開始
1972年 アメリカ、CFマーティン社との間に日本国内総代理店契約を結ぶ
輸入を開始、合わせて技術提携も結ぶ
1973年 バンジョー、チェンバロの生産、販売を開始
1975年 アコースティックギターのNEWブランド「キャッツアイ」の生産、販売を開始
新しいタイプの打弦電気ピアノ「ライトピアノ」の開発に成功
「ライトピアノ」の販売開始
1977年 「TOKAI」エレキギターSTシリーズの生産、販売を開始
1978年 エレキギターLSシリーズの生産、販売を開始
アップライトピアノの生産、販売を開始
1983年 世界初の新素材メタルボディ「TALBO」の開発に成功、生産、販売を開始
1985年 新素材CARBON FIBERとFIBER GLASS BODY、NECKを使用したエレキギター「MAT」の開発に成功、生産、販売を開始
1996年 一時生産を中止していた「TALBO」の再生産を開始
2004年 「SOUND EFFECT BODY」構造のパテント出願
2005年 「SEBサウンドストリーム」シリーズの生産、販売開始