浅子教会  聖マリアの汚れなき聖心
住 所
〒857−0431
佐世保市浅子町235
пi0956)68−2583
交 通
西肥バス 浅子教会前下車(1日3便)
JR佐世保駅から約20Km
松浦鉄道(MR)佐々駅から約5km
主日ミサ
日6:00 9:00
司 祭
ヨハネ 岩下 裕志師
沿 革
 明治17年(1884)頃、黒島の信徒が土地を求めて移住し、梶ノ浦の民家で、平戸の紐差から巡回して来る宣教師によって信仰生活の導きを得ていたが、明治25年(1892)同地に仮の教会を設立、昭和2年(1927)に、現在の浅子教会が建立された。はじめ下神崎小教区に属していたが、昭和18年(1943)相浦小教区に編入され、昭和28年(1953)分離・独立した。
特 色
 西海国立公園九十九島を望む波静かな入江に面した小さな木造の教会だが、築後70年を経た現在でも寸分の狂いも生していない美しい教会堂。
 歴史は古く、信徒の殆どが迫害に耐えたキリシタンの末裔で、伝統的な長崎キリシタンの信仰を受け継いでいる。
イルミネーションへ
区域内史跡・景勝地
∴大悲観公園 車10分
 西海国立公園九十九島