浜串教会  聖マリア・マグダレナ
住 所
〒853−3102
南松浦郡新上五島町浜串724
0959-45-3032
交 通
奈良尾港九州商船ターミナルよりバス40分又はタクシー25分
上五島空港より タクシーで約1時間
主日ミサ
日7:00
司 祭
トマス 中田輝次師
沿 革
 当地の信徒は、徳川幕府による迫害 が酷しかった文化12年(1815)頃、外海 の樫山地区から禁教の嵐の中で安住の 地を求め、五島灘を小舟で乗り切り、 当地に隠れ住んだ。 
 明治12年(1879)パリ外国宣教会マル マン師の努力によって、キリシタンか ら復帰した移住者の子孫ペトロ竹内平 吉氏等によって、教会建立が計画さ れ、鯨捕獲の利益金をもって明治32年 (1899)11月17日、ヒュウゼ師のとき、 初代の教会を建立、献堂した。その後 老朽甚だしく、昭和42年(1967)7月松本師のとさ敷地を海岸に求めて新聖堂 を建立し、献堂した。
特 色
 99%の信者集落で、産業は昭徳・昭 生の両水産会社による大型巻き網に依存している。地区民の殆どが乗組員と して1カ月沖に出て操業、月夜問(満月の頃)の教会は、帰港した男達に よって賑わう。浜串港口には希望の聖 母像が航海の安全を祈りつつ、出船・ 入船を見守っている。
区域内修道院・カトリック施設等
*お告げのマリア修道会福見修道院 *福見保育園
区域内史跡・景勝地
浜串港入口 希望の聖母像  レンガ造りの福見教会