深堀教会  聖母被昇天
住 所
〒851−0301
長崎市深堀町5−292
рO95−871−3459
交 通
長崎バス  深堀下車 徒歩2分
JR長崎駅より20から25分
主日ミサ
土曜日19:00 日曜日9:00
司 祭
マチアス  川上 忠秋師
沿 革
 昭和35年(1960)9月渋谷師が深掘城跡(陣屋跡)を購入して引退生活を始めたのを機会に、近くの信徒たちにもその家屋を開放したのが始まりで、師の逝去に伴い昭和47年(1972)10月より正式な小教区となり、昭和51年(1976)5 月に現在の聖堂が建立されて今日に至っている。
特 色
 三菱重工長崎造船所香焼工場との隣接地にある関係もあって、各種アパートに新婚の若夫婦が入居してるケースが多く、信徒の大半が30歳代という若さあふれる教会である。
 一方昭和50年より巡回教会となった善良谷教会は、反対に老齢化が目立ち、著しい対照をなしている。
区域内修道院・カトリック教育施設
*マリア会三和町修道院(修練院) 長崎純心聖母会深掘修道院 深掘純心幼推園
区域内史跡・景勝地

+善長谷教会ルルド 
∴深掘陣屋跡(教会境内),善長谷教会