水主町教会  大村の聖マリナ
水主町聖堂
住 所
〒856−0827
大村市水主町2−606
рO957−52−2891
交 通
JR大村駅下車 徒歩10分
県営バス 駅前ターミナル徒歩8分
長崎空港から車で10分
主日ミサ
土20:00日9:00
司 祭
ペトロ 松下 光男師
沿 革
 昭和33年(1958)7月13日植松小教区より分離独立。昭和45年(1970)6月7 日付で松並1・2丁目を植松小教区より編入した。
 昭和58年(1983)11月23日聖堂及び司祭館を新築・献堂した。
 長崎聖16殉教者の列聖に伴い、昭和63年(1988)10月保護者が聖ヨゼフから大村の聖マリナに変更された。
特 色
 ドン・バルトロメオ大村純忠の時代から大村はキリシタン史に有名な町で史跡も多い。
 水主町教会は大村市旧市街中心部以西を占め、教会は郵便局、 NTT、大村駅、門察署、図書館等に囲まれ、商業地区と旧開拓地区居住者があり、給与所得者が多い。
 また長崎外海、黒島、五島方面からの移住者が多い。
区域内修道院・カトリック教育施設
区域内史跡・景勝地