丸尾教会  王であるキリスト
住 所
〒857−4513
南松浦郡新上五島町丸尾郷940
0959−54−1700
交 通
榎津港から2km 徒歩25分
西肥バス 白菊保育園前下車 徒歩2分
主日ミサ
土18:00
日8:00
司 祭
ペトロ 阿野 武仁師
沿 革
 明治32年(1899)頃まで通称『家聖堂』と呼ばれる信徒集会所があり、礼拝堂を兼ねて約20戸の信徒の司牧にあたっていたが、青砂ヶ浦教会主任大崎八重師の時、丸尾の丘の上に白亜の教会が建立され、正式の巡回教会として歩み始めた。現在の聖堂は昭和47年(1972)9月22日里脇大司教によって祝別され、昭和50年(1975)1月20日青砂ヶ浦小教区から丸尾小教区として独立した。丘の上の聖堂は出船・入船の安全を祈るかのようだ。
特 色
 島内の他の地区と同じように、迫害の嵐を避けて外海地方から移住したキリシタンの子孫で、信仰の心は篤い。
最近は、町の中心である榎津地区にも信徒の家庭が増えつつあるが、信徒の大半は丸尾地区の教会周辺に居住している者が多く、漁業で生計を維持している。
区域内修道院・カトリック施設等
*白菊保育園(お告げのマリア会青砂ヶ浦修道院経営)
区域内史跡・景勝地