西町教会  聖ピオ十世
住 所
〒852−8044
長崎市音無町9−34
рO95−844−2978
交 通
JR西浦上駅下車 徒歩4分
長崎電鉄 若葉町下車 徒歩4分
長崎バス 西町下車 徒歩3分
主日ミサ
土17:00 日7:00・9:00
司 祭
エウゲニウス ジェプーラ師
フェリックス ロボ師
ヨゼフ バサラ師
オスヴァルド・ヴァルガス・フロス師
沿 革
 西町小教区は昭和34年(1959)3月15日、信徒800人が浦上小教区から分離し、神言会の司牧のもとで発足した。当初カマポコ兵舎を米軍から譲り受けて教会とし、翌35年(1960)4月から小学校校舎の建設に伴い教会は校舎内に移され、二つの教室が教会に充てられた。現在の扇型の教会は昭和44年(1969)4月完成。里脇大司教によって祝別、献堂された。
特 色
 長崎市の北部に美しい尖塔を持つ扇型の聖堂は、西町小教区の特徴を示している。高い屋根の塔は父なる神の偉大さを。低い入口はすべての人を迎え入れ。天に向かって聳える吊り屋恨は、天と地を結ぶ賛美と感謝と歓迎を表す。昭和52年(1977)9月には教会境内に納骨堂が完成した。
 小教区設立と同時に南山小学校を開設、翌35年には南山幼稚園も併設、司牧と同様に長崎純心聖母会の支援を受けて教育事業もすすめている。
 毎年5月の第3日曜日には聖母行列を、8月には死者の霊を慰めるロザリオ・ローソク行列を行っている。
区域内修道院・カトリック施設等
*長崎純心聖母会
*長崎南山小学校,南山幼椎園
区域内史跡・景勝地