野首天主堂
教会建立                         仲知小教区史」より
  明治41年。そのころ戸数も17戸。信仰的には300年の迫害から開放されて誰はばかることなく大きな声で聖歌を歌い祈りを捧げて益々熱くなっていった。ただ、彼らにとって足りないものがあった。それは教会であった。すでに近隣の江袋や青砂ケ浦には立派な教会が建ち神父様を迎えてミサに与り、お祝日は盛大な祭儀が行われていた。何としてでも自分たちの教会を持ちたいものと先ず、敷地の造成から始めた。これは信者総出の労力奉仕で出来た。しかし、建築だけは資金が必要であったが、その日暮らしの貧しい彼らにそんな金はない。衆議の結果、村の主だった頭たちが羽織袴で小値賀の有力者を訪ね資金借用を申し入れた。快諾を得たものの資金の使途を聴かれて教会建設です、と正直に答えると、邪宗の汚名がまだ残るそのころである、一瞥もなく断られた。
 それではと、信者一致団結、あらゆる困難、苦労を覚悟で自分たちの力で資金作りを始めた。まず、集落全家族が共同生活をする事によって無駄をはぶく事から始めた。そればかりではなく、大人は原則として1日2食とし、一方、キビナゴ網を購入してキビナゴ漁を興して資金として蓄える計画をたてた。そして、やっとその念願かなって資金のめどがついたのは明治も終わりに近かった。
 建築を請け合ったのは、魚目村出身の鉄川与助だった。当時彼は五島周辺の教会建設を数多くてがけてきた。しかし、野首のように煉瓦造りは彼にとって始めての建設であった。建設費総額は750円であった。完成したのは明治41年。献堂式は同年10月25日である。当時、主任座教会仲知は第6代中田藤吉神父であった。その時、野首、舟森の信者戸数わずか17戸であったことを思えばその捧げた犠牲はまさに驚異である。当時の人々の目にも奇怪に感じたに違いない。
 完成間近にせまると、工事に関わった人夫たちの間に不安がつのった。それでなくても禁教の高札がとれたと言っても得体の知れないキリシタンたちである。こんな小さな集落でこんな立派な教会を建てるなんて狂気の沙汰ではないか。まず人夫たちが考えたのは果たして工事代金は貰えるだろうか、それが心配であった。そればかりか工事が済んだらこの得体の知れないキリシタンたちによって皆殺しにされるのではないか、不安はつのっても島から逃げだす術がない。いよいよ落成の日がきた。工事関係者はその祝賀に案内されて、帰りには代金は現金で耳をそろえて支払われた。人夫たちは命どころか金まで貰ったと互いに抱き合って喜んだという。
祖父から聞いた白濱清太郎さんの話。