大水教会  大天使聖ミカエル
住 所
〒857-4602
南松浦郡新上五島町曽根郷大水
交 通
青方より車で約20分
主日ミサ
日10:00(第2、4)
司 祭
ミカエル 鶴巻 健二師
主任教会 曽根教会
沿 革
 旧聖堂は1913年祝別された。集落のほとんどが信者で、その中心的役割を果たしていたが旧聖堂は老朽化の為、解体し新聖堂の建設に入った。
 新聖堂は1985年12日5日里脇枢機卿によって祝別された。
特 色
 1870年代の大水は、信仰を守り伝えて行く組織も伝道士としての資格をもった信徒もいないキリシタン集落だった。
 それで迫害を受けずに済んだ代わりに、その集落の信仰復帰は少し遅れることになる。しかし曽根、江袋、仲知、赤波江の水方や伝道士の活動に支えられて、村をあげてのカトリック復帰となった。同教会の洗礼簿を見ると大水教会の長崎での受洗者は明治5年に2名、明治6年に5名、明治8年に3名となっていて大人の多くは明治8年頃までにカトリックに復帰している。
 この大水の集落の信仰復帰のために貢献したのが赤波江キタの他に、曽根の伝道士常造と赤波江の伝道士赤波江助作である。二人とも要理を教えるだでなく、洗礼志願者に長崎まで同行し、代父となっている。
「仲知小教区変革史」より
曽根教会の巡回教会
区域内修道院・カトリック施設等
 
区域内史跡・景勝地