田平教会  日本二十六聖人
田平教会
住 所
〒859−4824
平戸市田平町小手田免19
交 通
松浦鉄道(MR)平戸口駅下車
車8分 
西肥バス  平戸口ターミナルから肥首行き  若葉保育園前下車
主日ミサ
土曜日19:00
日曜日6:00(第1なし) 9:00
司 祭
ペトロ 岩村知彦師
沿 革
 明治19年(1886)出津のフランス人宣教師ド・ロ神父及び黒島のラゲ神父の勧めにより、数家族の信徒が当地に移住した。
  大正7年(1918)中田藤吉師の指導により、鉄川与助を棟梁として長崎教区内でも有数の調和のとれたレンガ造りの天主堂が完成し、5月14日コンパス司教によって祝別・献堂された。
 レンガ造りの教会として、福岡県大刀洗の今村教会とともに美しい佇まいを見せている。
特 色
 平戸瀬戸を見下ろす丘陵の上に聳えたつ教会を絵筆に託し、あるいはカメラに収めようと画家や写真家がよく訪れる。
 殉教者の血を引く信徒たちの信仰は篤く、多数の聖職者を出している。
 献堂80年を迎えた聖堂はイタリア製のステンドグラスが取り付けられ、椅子にかわりました。

ステンドグラスを撮影しました。
3ページをどうぞ
ステンドグラス1 ステンドグラス2 ステンドグラス3
区域内修道院・カトリック施設等
*お告げのマリア修道会田平修道院
*若葉保育園・むつみ保育園
製作者から
 個人的なことですがお許しください。
私の母は1918年5月23日、田平天主堂の傍で生まれました。5月14日祝別・献堂された田平天主堂での初めての洗礼を受けたことを誇りにしています。
 改修が完成してから母を伴い教会を訪れました。母はいつになく雄弁になり中田神父様の話しを何度も何度もしてくれました。