見大司教
教皇ヨハネ・パウロU世の祈念ミサ
2005年4月10日  故教皇ヨハネ・パウロU世の祈念ミサ
04年浦上教会クリスマスミサ
12月24日 21:00 見大司教司式
長崎地区「信徒の集い」 10月24日(日)
「小共同体づくり」について
    講 師 鍋内正志師(小共同体推進室長)
「教区の目標と挑戦」
    講 師 見大司教
着 座 式
 教皇ヨハネ・パウロU世は長崎大司教にヨゼフ見三明補佐司教(57歳)を任命した。
 着座式は12月14日午後3時より、浦上天主堂にて盛大に執り行われました。
紋    章
「教会のために、教会とともに」
 この標語は、「わたしはあなたがたのために司教であり、あなたがたとともにキリスト者である」という聖アウグスティヌスの言葉に着想を得たもので、わたしの目指す司教職を示しています。
フランシスコ・ザビエル 島本大司教
命 日 祭
 8月31日、浦上教会において午後2時から見司教司式での追悼ミサが行われ司祭団、修道者、多数集い生前中の大司教を偲んだ。
大司教区平和祈願祭
 「長崎大司教区では被爆から58年、今‥『平和・一致・愛』」をテーマに掲げ、9日午後7時から平和公園で平和祈願祭を執り行った。
 見司教司式で始まった平和祈願ミサには3000人が参列した。
主をたたえる生活で宣教を
                       見司教叙階式
 わたしは、教皇ヨハネ・パウロ二世を通して示された御父のはからいと主キリストの招きを受けて、4月29日、浦上司教座聖堂において島本大司教様の手により使徒たちと同じ聖霊の賜物をいただいて司教に叙階され、長崎大司教区の補佐司教として就任いたしました。
 見大司教の言葉

 昨年は突然の司教任命を受けて非常に驚きましたが、島本大司教さまの下でしたので気分的に楽でした。それにしても大司教さまの死はショックでした。その後、限られた責任の中で気負うことなく私にできることは精いっぱい務めたつもりです。これから先、司教として任命された地でその責任を果たしていくつもりでいたところ、駐日大使を通して大司教選任を聞き、来るべき時が来たかという思いでした。歴史ある長崎教区。責任の重大さを感じますが、神さまの摂理として受け止め、司祭・修道者・信徒の皆さんと一緒に教区発展のために役立つよう努力したい。

 「よきおとずれ」2003年11月号より転載