十字架の道行
浦上天主堂の壁画(故中田秀和画伯)
道行の壁画としては日本最大級
第一留 イエス、死刑を宣告される
 大祭司カイアファの館で不法な裁判をお受けになったイエスは、ローマ総督ピラトの前に引いていかれました。ピラトはイエスを釈放しようとしますが、ユダヤ人は長老たちにそそのかされて、イエスを十字架につけよと叫びます。赤いマントを着せられ、いばらの冠をかぶせられたイエスは、一言も弁解なさらず、人々の憎しみの的になったまま死刑を宣告されました。
第三留 イエス、初めて倒れる 第二留 イエス、十字架をになう
 昨夜からのむごい仕打ちで痛みつけられたイエスに、今はもう重い十字架を引きずって石畳の道をたどる力は残っていません。足はよろめき、肩に食い込む十字架に押しつぶされて、思わずお倒れになりました。  死刑を宣告された人は刑場まで自分の十字架をかついで行かされました。イエスは、荒々しく負わされた十字架を黙って受けとめ、歩き始められます。こうして、はずかしめと処罰のしるしであった十字架は、救いと勝利をもたらすしるしとなりました。何も知らない群衆はただイエスをあざけるばかりです。
第五留 イエス、クレネのシモンの助けを受ける 第四留 イエス、母マリアに出会う
 イエスの力はもう尽き果てたと見た兵士たちは、そこに居合わせたクレネのシモンに、イエスに代わって十字架をになわせました。シモンは、死刑にされる囚人を助けるのは屈辱と感じたことでしょう。心ならずもイエスと一緒に群衆のあざけりの的となったシモンは、後に主の教会の一員となりました。  イエスに向けられた人々のあざけりと憎しみを、マリアも受けます。神の子の母が今、大罪人の母としてはずかしめにさらされています。母マリアは我が子の苦難を受けとめ、「おことばどおり、なりますように」と神のみ手にすべてをゆだねました。
第七留 イエス、再び倒れる 第六留 イエス、ベロニカより布を受け取る
 イエスを追い立てる群衆の興奮はますます高まり、イエスを激しくののしります。人はどうしてこんなにも残酷になれるのでしょうか。むちを振りかざす兵士たちの暴力に耐えられず、イエスは力つきてお倒れになります。  ののしりを浴びせられ、血と汗にまみれたイエスの顔は、苦痛にゆがんでいます。だれ一人同情を寄せようとしないそのとき、思いがけずベロニカという女性が進み出て布を渡すと、イエスは顔をぬぐい、お返しになりました。
第九留 イエス、三度倒れる 第八留 イエス、エルサレムの婦人を慰める
 ゴルゴタの丘はもう目の前ですが、イエスの体には最後の一歩を上り切る力もなく、お倒れになります。しかし、イエスは今一度立ち上がり、人々の救いを望まれる御父の計画を実現するよう、最後の歩みをお続けになります。  ののしり続ける群衆のなかにも、嘆き悲しみながらイエスについていく婦人たちがいました。イエスは婦人たちに向かい、「わたしたちのために泣くな。むしろ、自分と自分の子どもたちのために泣け」と仰せになり、罪深い自分自身に涙するよう諭されました。
第十一留 イエス、十字架につけられる 第十留 イエス、衣をはがされる
 兵士たちはイエスを十字架に釘づけにし、また二人の犯罪人もイエスの右と左に十字架につけました。そのときイエスは、「父よ、彼らをおゆるしください。自分が何をしているのか知らないのです」と祈られました。犯罪人の一人が、「イエスよ、あなたのみ国においでになるときには、わたしを思い出してください」と願うと、イエスは、「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と仰せになりました。  刑場に着くと、兵士たちは、血に染まったイエスの衣を乱暴にはぎ取りました。上着は四つに分けて、一つずつ取り、下着は一枚織りで縫い目がなかったので、裂かずに、だれのものになるか、くじで決めました。
第十三留 イエス、十字架から降ろされる 第十二留 イエス、十字架上で息をひきとる
 大きな出来事の後、あたりは静けさに包まれています。三人の脚を折るために兵士が来ます。イエスはすでに死んでおられたので脚を折らず、槍でイエスの脇腹を突き刺すと、すぐに血と水が流れ出ました。安息日の準備のときが近づいていたので、アリマタヤのヨセフが急いでイエスの遺体を降ろしました  昼の十二時から暗闇が全地を覆い、三時ごろにイエスは大声で、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」と叫ばれました。また、かたわらに母マリアと愛する弟子が立っているのを見て、「婦人よ、ご覧なさい。あなたの子です」「見なさい。あなたの母です」と仰せになり、最後に「成し遂げられた」と言って頭を垂れ、息をひきとられました。
第十四留 イエス、墓に葬られる
 イエスの体は亜麻布に包まれ、近くにあった新しい墓に葬られました。数人の婦人たちが埋葬に立ち会い、墓の入り口には大きな石を転がし、後に心を残して去っていきました。
トップページ 聖母行列  クリスマス特集 98年叙階式
99年叙階式 信徒発見 十字架の道行 浦上教会へ