本文へスキップ

事業活動紹介


■地域福祉活動の推進

  • 地区福祉委員会活動支援
     住民が主体となり、知恵と力を出し合って、地域ぐるみで福祉活動を推進するために結成された組織です。地域住民による支えあい助けあい活動を進めています。
  • 小地域ネットワーク活動の推進
     地区福祉委員会を基盤に、支援の必要な方を近隣住民で見守り、援助するきめ細やかな福祉活動を推進しています。
  • コミュニティーソーシャルワーカーの配置


■ボランティアセンター事業

ボランティアに関する相談や情報提供、活動支援などを行っています。


■当事者組織・連絡会の運営支援


■在宅福祉サービス事業

制度の狭間となる要介護状態の方やひとり暮らしの高齢者が地域の中で安心して暮らせるよう支援します。

  • 車イス(自操用・介助用)貸出  
     高齢者や身体に障がいのある方、一時的に病気・けがをされた方などの在宅での日常生活支援を行います。介護保険などの制度が優先されます。
  • 福祉車両貸出 
    移動手段が車イスで、他の交通手段では外出が困難な方へ車イスで乗り込める車両(軽自動車)を貸し出します。 (社協会員対象)
  • ひとり暮らし高齢者社会参加事業
     おおむね70歳以上のひとり暮らしの方を対象に、情報交換と生きがいづくりを目的とした事業を行います。
  • 電話訪問
     ひとり暮らしの高齢者及び高齢者世帯、昼間、高齢の方のみになる世帯を対象に、ボランティアが電話で訪問します。


■福祉教育の推進

学校や地域での体験学習の支援などを通し、福祉への理解を深めるきっかけをつくります。


■広報・啓発事業

  • 広報紙「こんにちは!とよの社協です。」の定期発行(年6回)
  • ホームページの運営
  • ボランティア・地域活動啓発事業「ふれあいのつどい」の実施
    当事業は一部赤い羽根共同募金運動配分金を活用し実施しています。
  • 講演会などの開催


日常生活自立支援事業

 認知症や知的・精神障がいなどで、判断能力に不安がある方に福祉サービスの利用援助や手続きの代行、日常的な金銭管理、証書類などの預かりを行います。


■生活福祉資金貸付事業

 低所得者、失業者、高齢者または身体障がい者の世帯を対象に、目的に応じて必要な資金をご利用いただけます。生活福祉資金のご案内 → 大阪府社会福祉協議会 福祉資金部


献血推進事業

役場(本庁)や保健福祉センター、ふれあいのつどいなどで、移動採血車による町内献血を実施します。

■募金活動


■歳末たすけあい事業

 歳末たすけあい募金を原資として、支援を必要とする方を対象に、住民や地域のさまざまな機関・団体と協力して福祉活動を行います。


■町葬儀

町内で葬儀を執行される方がご利用できます。式事は、町に登録している葬祭業者が行います。


■介護保険事業

  • 居宅介護支援事業・・・ケアプラン作成
  • 訪問介護・・・ホームヘルプサービス  → 登録ヘルパー募集中!
  • 通所介護・・・デイサービス


■障がい福祉サービス事業

  • 居宅介護事業(ホームヘルプサービス
  • 移動支援事業(ガイドヘルプサービス)


■社協会員会費

 みんなで一緒に豊能町の地域福祉を支えあい、「住みよい福祉の町づくり」に参加していただくひとつの形です。会員になることで権利や義務は発生しませんが、地域福祉への関心を高め、財政面で社協を支えていただくことになります。



■苦情解決事業

 豊能町社会福祉協議会(社協)では、社協の福祉サービスを利用されている方の苦情やご意見の受付窓口を設置しています。窓口の一つとして、「苦情解決第三者委員会」があります。
 → 苦情解決事業のご紹介(PDF)
        

社会福祉法人
豊能町社会福祉協議会

〒563-0103
大阪府豊能郡豊能町
東ときわ台1-2-6
豊能町立保健福祉センター内
TEL.072-738-5370
FAX.072-738-0524
tosya1@smile.odn.ne.jp