瑞垣内特別拝観を実施いたしております

トップページへ戻る

当社では、平成14年から、約一カ年にわたり『平成の大造営』の本事業として、国宝本殿並びに重要文化財の摂社本殿の保存修理を行いました。その際に併せて行った調査により、確認された、永禄元年(1558)以降の彩色痕は、全国的に類例のない極めて貴重なものであると判断された結果、復原されることとなり、氏子、崇敬者の皆様の多大なるご協力により、平成16年(2004)3月に完成し、鮮やかに甦りました。

また昨平成22年には、平城遷都1300年の記念事業の一環としてNHK奈良放送局が制作された『やまとの国宝』という番組が連続して放送され、当社も取材の機会を得、11月3日に関西地域を対象に放送されました。この番組の撮影は、綿密な事前取材に基づいて行われ、上記の彩色復原につきましても、重要なものであるというご認識を放送部長様にお示しいただき、番組内でも丁寧なご紹介をいただきました。
私どもは、この番組の放映を通して、改めて当社の本殿の貴重さを認識いたしました。
さらに、外からはご覧いただくことのできない彫刻などの意匠が数多くあることにも思い至り、多くの方々に少しでも近くからご覧いただければと、考えるようになってまいりました。氏子の方々とも検討を重ねました結果、上記のような特別拝観券を発行し、ご参拝の方に瑞垣内の聖域を拝観していただくことといたしました。

料金
個人500円・団体(十名以上)300円
ご注意いただく点(特別拝見券注意書きより)
● 案内員(当社職員および役員)の指示に従って、ご拝観ください。
● 本殿の建造物には触れないでください。
● 喫煙は厳禁します。
● 飲酒後の拝観はご遠慮ください
● ぺットの同伴は禁止します
● 瑞垣内での飲食は禁止します
● 瑞垣内では静粛にお願いします。走ったり、大声で話したりすることはご遠慮願います。
● 写真撮影は原則として自由です。但し、三脚などを用いての撮影はご遠慮願います。
下記の場合には瑞垣内のご拝観をお断りいたします
  • T 例祭をはじめとする祭儀のとき
  • U 荒天時、またはその後瑞垣内が荒れているときなど
  • V 神職が不在のとき(恐縮ですが、拝観希望の日時を予めご連絡くだされば有難く存じます。特に10月〜3月には、兼務社の恒例祭などで神職が出向していることが多いですのでよろしくお願いいたします)
  • ※祈祷があるときは、それを優先し、お待ち願うことになります
    拝観(入場)時間は、原則として午前9時〜午後4時迄です 上記の条件のもとで、拝観券に示したことをお守りのうえで、拝観していただきたく存じます。 (平成23年7月30日)