2010年9月5日から

あなたは番目のお客さんです

新着情報

・資料に議会だより編集常任委員会の視察報告を載せました。コチラから  2017年8月17日更新
・「上野原通信」を更新しました。コチラから サワギキョウの写真を載せています。 2017年8月17日更新
・「赤旗読者ニュース」(8月)を更新しました。コチラから   2017年8月17日更新
・「7月の日記」を「過去の日記」に移しました。コチラから   2017年8月1日更新
・「上野原民報号外」を更新しました。コチラから   2017年7月18日更新
・「上野原民報」を更新しました。6月議会の報告を載せています。コチラから   2017年7月17日更新
・「活動報告2017」を更新しました。7月号をUPしました。 コチラから 2017年7月15日更新
・「川田よしひろ市議の2年間の軌跡」をUPしました。コチラから  2017年5月12日更新
・「資料」を更新しました。市政に対する要望 2017年を載せています。コチラから   2017年4月13日更新


戦争法廃止へ

2017年8月20日(日)

昨日は戦争法廃止に向けた19日行動がありました。毎月19日、2年前に自公政権が強行した安保法制=戦争法廃止に向けた上野原行動が市役所前交差点で取り組まれています。戦争法の成立によって、抑止力が強化されるとした自公政権の言明が事実によって否定されています。「抑止力が強化された」にもかかわらず、北朝鮮の暴挙はとどまりません。かえって北東アジアの緊張を高める結果につながっています。世界の首脳は、北朝鮮とアメリカの一触即発の事態に対して、話し合いを提起しているのも関わらず、日本の政府だけは、軍事的対応を強化することに腐心しています。アメリカと行われた外務大臣、防衛大臣の2+2では、アメリカから武器を買わされる約束をしています。アメリカの軍事産業の救済のために日本の税金が使われます。安保法制によって南スーダンのPKO部隊が、武力行使を可能にする「駆けつけ警護」の任務が与えられましたが、武力衝突が記された「日報」を隠蔽し、誤った情報で自衛隊の派兵を継続したことが明らかになりました。いい加減な対応で軍事力をもてあそぶ安倍自公政権の退陣を求めなければならないと訴えました。


富士河口湖町

2017年8月19日(土)

昨日の午前中、富士河口湖町に行ってきました。9月26日告示、10月1日投票で町議選が行われます。
「くらしの声をまっすぐ町政に」と山下としおさんが2期8年間頑張ってこられました。高校3年までの医療費無料化、住宅リフォーム助成制度の創設など、町民のくらしを守るために奮闘してきました。船津地区で、町政でも国政でも、住民のくらしと安全のためにがんばってきた日本共産党山下としおさんへの支援を訴えてきました。船津地区では保育所の建設工事が完了間近でした。もちろん、保育所の建替えのために奮闘してきた実績も宣伝しました。
国民の願いを無視し、特定秘密保護法、戦争法、共謀罪と逆行する安倍自公政権の暴走を止めるためには、富士河口湖町でも日本共産党を躍進させることが大切だと訴えました。安倍首相が人気の低下で、「今度は経済だ」と言っていることに対して、「アベノミクス」は大企業は大儲けをしたけれど、労働者の賃金は低下し、年金は引き下げられ、国民のくらしは大変になってしまった事を忘れることはできませんと訴えました。


視察報告書

2017年8月18日(金)

8月8日に議会だより編集常任委員会で静岡県島田市議会に視察に行った時の報告書を作りました。
島田市議会も議会だよりの改革に取り組んでいます。上野原市議会だよりもそれに学んでより読みやすいものに変えていく取り組みを進めようとしています。
日帰りできつい日程でしたが、様々なことを学ぶことができました。
PDFファイルですが、資料欄に載せました。

コチラからどうぞ

墓参

2017年8月17日(木)

8月16日は父の命日です。17年前、83歳で亡くなりました。父は、香川県坂出市で農家の5男として生まれました。15年戦争のさなか、召集され中国戦線に送られました。1939年1月29日、中国山西省遼県蘇亭村付近の戦闘で死亡したと戦死公報が届きました。二階級特進で伍長の名が刻まれた墓が故郷にあります。1946年3月、帰国して戦死報告が取り消され、戸籍が回復しました。10年近くも故郷を離れた戦地での生活が、その後の人生を大きく狂わしたことは間違いありません。
2000年2月に二度目の脳梗塞の発作で倒れました。誤嚥性肺炎を何度も繰り返し、脳梗塞の影響で言葉を発することもできなくなりました。それでも手を握ると、かすかに握り返すことで、意識があることを確認できていました。7月に入ってから、脈拍が低下するなど、何度か危機が訪れますが、何回か持ちこたえます。それも8月の中旬になると、意識も混濁し、8月15日の夕刻には、医師からもう長くはないと告知されました。翌未明、だんだんと脈が弱くなり、最期は眠るように逝きました。
戦争が父の青春を奪いました。落ち着いた人生になったのは、私が小学校4年になったときでしょうか。父が40歳になった頃です。戦地での生活と戦後の貧困が父に負担をかけたことは否定できません。
二度と戦争への道を歩ませてはならない、という気持ちは父からの言葉にはならない遺言でもあります。


小菅村

2017年8月16日(水)

日本共産党衆院山梨2区予定候補の大久保令子さんが、区域内の全市町村を巡りたいと言っておられたので、昨日の終戦記念日に小菅村と丹波山村に街頭宣伝に出かけてきました。小菅村役場ではアポは取っていませんでしたが、舩木直美村長を表敬訪問をしてきました。快く村長室でお会いしてくれました。「750人の小さな村だからできることもある」と必死に村を守るために取り組んでおられることをお話になっていました。「住宅問題が改善すると移住者も増えるんですが」とも述べておられました。それでも移住者が増えている小菅村です。「丹波山村との間にトンネルができてくれると、一体になった観光事業が展開できるのですが」とも述べておられました。
ずーっと昔、大菩薩峠から小菅村に下ってきたと言うと、「塩山から入って塩山に戻る人が多くて。何とか小菅村に来るようにしてくれるといいんですが」とも言われていました。
丹波山村では、あいにく村長が不在でしたが、副村長に挨拶をしてきました。


終戦記念日

2017年8月15日

72年前、アジア太平洋戦争が終わりました。日本が連合国側のポツダム宣言を受け入れて無条件降伏をしました。明治政府から続いていた帝国主義的な拡張政策が破たんをしました。それにしても大きな犠牲が払われました。アジアを中心に2000万人に及ぶと言われる人たちの命が奪われ、暮らしが破壊されました。その被害は、他国の人々だけではなく、日本人にも多大な災厄をもたらしました。
他国の人々を抑圧するならば、その反映として自国民も抑圧することが、また明らかにされました。自国内でも国民の権利と暮らしが破壊されていました。しかし、その中でも、排外主義の狂気が権利の抑圧を覆い隠していました。
再び、戦争の災禍を繰り返さないためにも、戦争について深く考える人々の連帯の輪を拡げることが急務ではないでしょうか。


ベンセ湿原

 2017年8月14日(月)

昨日は、津軽で最後にベンセ湿原に行ってきました。津軽半島の日本海側の岩木川河口付近には、たくさんの湖沼が点在していますが、その一部が湿地を作っています。その中でもベンセ沼の近くにあるベンセ湿原はニッコウキスゲの大群落で有名です。ニッコウキスゲは6月初旬ころに咲くので、昨日はほとんどが結実していました。その代り、エゾスカシユリがいくつか見られました。湿原の一部にはススキが侵入し、乾燥化が進んでいることをうかがわせます。ここでも、湿地をどう保全していくのかが試行錯誤を繰り返しています。


マザーツリー

 2017年8月13日(日)

休みをもらって津軽に行ってきました。白神山地が一つの目的でしたが、内陸側と日本海側を結ぶ白神ラインの一部が通行止めになっていたので、弘前から入るコースしか取れませんでした。白神ラインを津軽峠までバスで上り、アクアグリーンANMONまで歩いて下るコースを取りました。世界遺産のコア地域は日帰りではいけないので、緩衝地帯を歩きました。津軽峠からほんの5分のところにブナのマザーツリー(写真)がありました。ここまでは観光客も多数訪れ、また津軽峠に引き返していきますが、アクアグリーンANMONまで歩4時間ほど歩いていくと、原始のブナ林に囲まれたいい雰囲気を味わうことができました。
暗門の滝コースは、仮橋などが整備されていましたが、死亡事故が相次ぎ、整備することをやめ、渡渉を含めた上級コースに変更されました。沢のそばにコンクリートの道があるのが興ざめで、今回はパスしました。世界遺産といえども、その維持には大変な努力が必要であると改めて思いました。


線状降水帯

 2017年8月10日(木)

大月-大月JCT間の中央道の通行止めのニュースが全国に流れています。大月市の岩殿山が3か所で崩れ、通行止めの個所が出ています。7日、8日のアメダスの雨量を見ると、ほんのわずかの地域の違いで、雨量が大きく異なっています。線状降水帯が現れ、局地的に雨を降らしているのが実感できます。
少しでもずれれば上野原でも大きな被害が出ていたことでしょう。市内でも地域の違いによって雨量が大きく違ったようです。地球温暖化の影響で気候が大きく変動しているのではないでしょうか。
月曜日に抜歯したので歯医者通いです。まだ傷口がありますが、順調に回復しているとのことでした。13日まで夏休みを取ります。

島田市議会視察

 2017年8月9日(水)

昨日は、議会だより編集常任委員会で静岡県島田市議会の視察を行ってきました。
島田市議会だよりは、2016年2月からリニューアルを行いました。「見やすく、読みやすく、親しみやすい」を合言葉に議会だよりの刷新を行ってきました。島田市議会の取り組みを学ぶことにより、上野原市でも議会だよりの一層の改革を進めるために閉会中の審査として視察に行ってきました。
島田市は、大井川の下流、ほぼ河口から12㎞のところに位置します。江戸時代の東海道で架橋が許されず、川越しで有名だったところです。表紙と特集がリンクした仕様は上野原市と似ていますが、あきる野市の議会広報にヒントをもらっているので、似ています。この特集記事は、3つある常任委員会が編集しているのも驚きです。編集委員6名が、各常任委員会から各々2名ずつ選ばれていることで納得しました。
島田市議会は定数20名ですが、一般質問は、議長・副議長を除いた18名が行うことから見ても、議員の意識の高さがわかりました。この意識の高さが、議会だよりの刷新に働いたのではないかと思われます。
これから詳しい報告書の作成に取り組みます。


台風5号

 2017年8月8日(火)

迷走していた台風5号が近づいて来ました。レーダー画像は、昨日の18時25分現在のものですが、アウターバンド(外側降雨帯)と呼ばれる強雨域がすでに山梨県にかかっていました。中央線は15時23分ころから高尾-甲府間で運転見合わせを行いました。17時46分には、高尾-四方津間で運転再開となりましたが、四方津-塩山間は終日運転見合わせとなりました。
15時3分には上野原市で大雨警報が発令されています。
被害が出ないように願うばかりです。


ピースフェスタ2017

 2017年8月7日(月)

ピースフェスタ2017の木村勝千代さんの浪曲口演「伸ちゃんのさんりんしゃ」が終わりました。100人の方が参加されました。
一瞬で家族の暮らしを壊してしまった原爆の恐ろしさに憤りを感じました。
「原爆と人間展」では、展示されていた40点のパネルを見た人は、「すごかったんだね」「絶対に許してはいけないと思った」などの感想が述べられていました。署名コーナーで、「ヒバクシャ国際署名」に名を書く人、千羽鶴を折る人など、平和への意思を表す人がいました。毎日新聞、NHK、山梨日日新聞などのマスコミが取材に来るなど、高い関心があることがわかりました。
「原爆と人間展」NHK甲府で夕方のニュースで放映されました。2分間。


パルテノン多摩

 2017年8月6日(日)

京王線・小田急線の多摩センター駅から南にまっすぐ歩いている先にパルテノン多摩があります。多摩市の複合文化施設です。大ホール、小ホールのほかに多摩丘陵の歴史を展示する歴史ミュージアムなどがあります。市民の文化の中心的な存在です。昨日は、多摩ニュータウン×演劇プロジェクト『たまたま』が上演されました。多摩ニュータウンの歴史を振り返るという大胆な企画でした。公演の前に市民などが参加するワークショップが開かれ、現地などを見学・調査をして、瀬戸山美咲さんが脚本・演出をして舞台を作り上げました。
昨日は、私の教え子でもある中澤日菜子さんと瀬戸山美咲さんが、公演後トークショーをするというので行ってきました。中澤日菜子さんは最近、多摩ニュータウンを舞台にした「ニュータウン クロニクル」を刊行した縁で呼ばれたそうです。
新興住宅地としてどのように開発されてきたかを振り返るいい芝居でした。シナリオとしても学ばされるものがありました。
文化を育てていこうとする姿勢が共感を呼びました。


券売機

 2017年8月5日(土)

昨日は藍染に使うハイドロサルファイト(還元剤)を買いに渋谷まで行ってきました。渋谷駅は現在大改造中。そこここが仮設の通路で感覚が狂います。明治通り沿いにあることがわかっていたので、何とか並木橋まで行くと、そのお店が今年の3月で閉店になっていました。東急ハンズにあるかと思って歩いていくと、空振り。仕方なく、今度は写真用品で、還元剤のハイポとチオ硫酸ナトリウムで代用しようかと、新宿のヨドバシカメラで探しました。ゲットしましたが、一応正式なハイドロサルファイトも用意することにして、結局はインターネットで発注しました。
そんなこんなで四方津駅まで帰ってくると、なんとスーパーあずさの新型車両E353系列車の試運転車両と巡り合いました。ようやっとカメラを向け、最後尾部分だけを納めました。
改札でスイカのチャージをしようと券売機の前に行くと1台がチャージ専用の機械に代わっていました。どう評価すればいいのか、戸惑います。券売機を使う人が慣れない人で、戸惑っていると、次に並ぶ人がイライラしないか心配です。
一日、世の中の変化に驚かされました。変化についていくのに大変です。


太陽光発電

 2017年8月4日(金)

昨日のしんぶん赤旗日刊紙。再生可能エネルギーの買い取り制度が変わったので、事業者(太陽光発電買い取り制度利用者)は経済産業省に新たに事業計画書を提出しなければならないという話。今年の4月から制度が変わったので、それ以前に太陽光発電の買い取り制度を利用している人も6カ月以内に事業計画書を提出しなければならないのに、通知書が届いていないという記事です。
私のところにも通知書は来ていません(来ていてもどこかに紛れたかもしれません)。あわてて、経済産業省のHPから書類を引き出しました。設置者IDや契約年月日が必要となってきます。電子申請でなければ、印鑑証明の添付も求められています。設置者IDは、東京電力の通知書に記載されているのでOKですが、何しろ面倒です。設置場所の地番(土地の登記簿謄本に記載されているもの)も必要です。
4月から申請が始まっているのに、あまりにも不親切。


議会だより

 2017年8月3日(木)

「議会だより」が50号を迎えました。当選してからすぐに議会だより編集常任委員になりました。41号からです。これで10号の編集にかかわったことになります。委員会の中で紙面をよくしようという機運が高まっていました。私も微力ながらそのお手伝いをさせてもらいました。
特集記事の中では、写真を撮らせていただきました。(すべてではありませんが)
今回は編集後記も担当しました。少しでも市民の皆さんに手に取ってもらうことをめざしていきたいと思っています。


会議の仕方

 2017年8月2日(水)

昨日の午後と夜、二つの会議がありました。両方ともちょっとしたすれ違いがありました。同じ目的を持っていても、発言の仕方や感じ取り方ですれ違うことがよくあります。それでも、事実をもとに、感情的にならず、相手の言いたいことをかみ砕きながら、一致点を探すことが重要だと学ばされました。
人それぞれが、ぞれぞれの人生を歩み、いろいろな感じ方、いろいろな経験をしているので、尊重することが、一致点を見出す前提だと思っています。


電子レンジで押し花

 2017年8月1日(火)

昨日は、久しぶりの「コモア自然クラブ」の集まりでした。「押し花でハガキとしおり」というテーマで、手作りのハガキとしおりを作りました。と言っても、本当は「押し花」ではありません。電子レンジで急速乾燥です。ただし、厚みのある花や葉は難しいです。
2枚のタイルの間にキッチンペーパーをはさみ、その中に花を置いて加熱されるだけで乾燥します。しかし、加熱時間が問題で、水分含量によって調節しなければなりません。電子レンジ強で、だいたい30秒から1分30秒の範囲です。
加熱後の花や葉は、台紙に貼って、上から和紙フィルムで固着したり、ラミネートフィルムを使ってしおりにしたりしました。参加した方に「楽しかった」と言ってもらいました。