2010年9月5日から

あなたは番目のお客さんです

新着情報

・「活動報告2022」を更新しました。1月号をUPしました。 コチラから 2022年1月14日更新

・上野原民報1月号を掲載しました。コチラから 2022年1月14日更新

・「赤旗読者ニュース」を更新しました。750号になりました。コチラから   2022年1月13日更新

・12月の日記を更新しました。コチラから 2022年1月1日更新

・「赤旗読者ニュース」を更新しました。医師の長時間労働について載せています。コチラから   2021年12月23日更新

・「上野原通信」を更新しました。コチラから   2021年12月18日更新

・「情報通信基盤整備事業が危機に」をUPしました。 コチラから 2021年4月5日更新
b
・「情報通信基盤整備事業のこれから」はコチラ から 2020年10月11日更新


断線

2022年1月19日(水)

前回街頭宣伝に出かけようとしたとき、アンプ・スピーカーセットが音を出しませんでした。その時は、別のハンドマイクを使いましたが、それ以降なんだかんだで忙しく、見ていませんでした。ようやく調べる気がして、見ると、単純なスピーカーコードの断線でした。接続しなおして、ついでにバッテリーの充電をしています。一旦充電すると、1年ぐらい持っています。12Vの起電力がありますが、今日測ると10Vまで落ちていました。

乾電池式のハンドマイクは、すぐに電池が切れますが、バッテリーは長持ちします。


手術後

2022年1月18日(火)

白内障手術の翌日受診に行ってきました。視力検査で右眼矯正視力0.9まで出ました。眼圧異常なし。所見なし。

朝、眼帯を外したら、右眼の画像が鮮明でした。白色の部分をよく見ると右眼は白なのに、左眼(未手術)は少しくすんでいました。

何度か通院を指示されました。左眼の手術が終わって視力が安定したら、眼鏡を作り直します。


ちょっと怖い

2022年1月17日(月)

今日は午後から白内障の手術です。ちょっと怖い。

2、3日激しい運動?などができないので、やれることはやっておこうと、朝の4時から行動開始。自転車で団地内を巡ってきました。

お年玉付き年賀状の抽選が終わりました。4枚が切手に当選。確率的にはそんなものです。さて、来年はどんな絵柄にしようかな。と鬼が笑うような話をしています。


利根川

2022年1月16日(日)

連れ合いの実家は、利根川の河口から15kmほどのところにあります。95歳の義母が、義弟家族と住んでいます。認知症が少し現れてきているというので、久しぶりに顔を見に行ってきました。オミクロン株の感染が拡大し、他県への移動が制限されたら、また行くことができなくなる恐れもあります。何度も同じことを聞くという以外には、食欲もあり、日常生活には不便もしていない様子で、少し安心しました。

以前は、首都高経由で東関東自動車道で行っていたのですが、今回は圏央道を通りました。距離で30km、時間で20分ばかり余計にかかりますが、運転手が首都高を通りたくないというので、圏央道を使いました。

実家は、鹿島臨海工業地帯に隣接し、純粋な農村地帯から大きく変貌したところです。農工両全というスローガンで、開発がすすめられましたが、農家の後継者も少なく、開発のための用地売却益によって、家庭のあり方も大きく変わってしまいました。連れ合いの実家も農家でしたが、3人の子どもは、誰も家業を継ぎませんでした。水田もハウス栽培の畑も、耕作されていません。大きな柚子の木だけがありました。


告別式

2022年1月15日(土)

午前中は知人のお父さんの告別式がありました。享年99歳だから大往生でしょうが、それぞれの人生には、歴史が刻まれています。戦争中には様々なご苦労があったと偲ばれます。多くの国民が被った悲惨な体験を繰り返してはならないとの思いを強くしました。

中国の拡張政策には、きちんと対応をしなければならないことは確かです。しかし、その一方でアメリカの無法に対しても毅然とした態度が必要です。アメリカを民主主義の旗手のような持ち上げ方には疑問符がたくさんつきます。ベトナム戦争のトンキン湾事件やイラク戦争の大量破壊兵器が存在するといったでっち上げで戦争を仕掛けた歴史があります。そもそも、沖縄の米軍基地そのものが違法な存在です。占領下の沖縄で民有地を勝手に占拠して作った基地は施政権返還時に、元の所有者に返還するのが国際法の求めるところです。


議会報告

2022年1月14日(金)

上野原民報1月号(12月議会報告)が出来上がりました。コチラから まずは、団地内の私の担当の配布が終わりました。

12月議会の一般質問では、医療の問題、教職員の働き方の問題を取り上げましたが、自公政権の医療や教育を切り捨ててきた弊害が、一番の問題であることを指摘し、その中でも市としてできることを求めました。


750号

2022年1月13日(木)

毎週折り込んでいる「赤旗読者ニュース」が750号になりました。15年間続いています。「いつも読んでいます」という声が励ましになりました。

2007年、前市議の小笠原俊将さんの最後の選挙のとき、当選が決まった日に、どうしても読者のみなさんに結果を早く届けたいという思いで、そこから毎週発行することにしました。

「文字だけでは」と考えて、毎回植物を中心にした写真と文を添えてきました。


初校

2022年1月12日(水)

議会だよりの初校でした。出稿時に2本の記事が抜けましたが、これまでに追加出稿して、初校の上りには、すべて埋められていました。いくつかの写真は、追加しました。約2時間かけて、6人の委員で校正を行いました。出稿時に見落としていたところが何件かあり、ちょと冷っとしました。

相談が2件。それぞれ担当課と連絡をとり、要望を伝えました。


ZOOM会議

2022年1月11日(火)

今月の男女共同推進委員会もZOOM会議。リモートで行われました。委嘱された委員の任期もあと3か月弱です。まとめの作業に入っています。2年間の任期の期間中は新型コロナウイルスの感染拡大に見舞われました。そんな中でも、何とか活動を継続できました。


大学同期会

2022年1月10日(月)

大学同期のZOOM新年会。25人の小さな学科でしたが、10数年前から、年に1度は会いましょうと続いていた会合が、新型コロナの影響で開けなくなりました。その代わりに時々近況を報告し合うのが、ZOOM会議。今回は、ロスアンゼルスに行っている方も参加。場所が遠く離れても、顔を合わせることができるので、隔世の感です。そろそろ「後期高齢者」となるので、老後の心配がいろいろと出てきます。

再開発が進んでいるのですが、動きたくないと思っている方、丹沢に登って滑落し、家族から山行に制限がかけられている方、50年もの勤めが終わって何をしていいのか悩んでいる方など、それぞれの生活の話題が出てきました。ZOOM会議の準備や参加者に連絡を取るなど幹事役には、いろいろとお世話になっています。名ばかり終身名誉会長の私は、最初の新年のあいさつだけをお願いされていました。


街頭宣伝

2022年1月9日(日)

午前中は、自治会役員会、午後からブロック委員会。

その後、今年、初めての街頭宣伝。コモア団地、四方津、公正屋上野原店前、ふれあい広場、上野原駅南口と5か所で訴えてきました。

新型コロナの第6波の話から、医療体制の充実のこと、米軍基地のクラスター発生と日本の検疫を受けすに「自由」に出入りしている米兵や軍属の話、敵基地攻撃能力保有の検討などなど。憲法を守る政治の実現をめざして、日本共産党へのご支援をと訴えてきました。

ふれあい広場では、ずっと聞いていてくれた方がいて、「いつも聞いています」と言われました。ありがたいことです。


PCR検査等無料支援事業

2022年1月8日(土)

山梨県は、以下の事業を実施すると発表しています。
*******************************
無料検査支援事業(PCR検査等無料化事業)
○ 本県において、新型コロナウイルス感染症のオミクロン株が確認されたこととを踏まえ、令和4年1月6日(木)から令和4年1月31日(月)までの間、県内在住の方(※)を対象に無料の検査を実施します。(週1回を上限とします)
※ 発熱等の症状がない方で、感染の不安を感じる山梨県在住の方
******************************
ところが、事業者募集中として、どこで実施できるかがなかなかわかりませんでした。ただし、抗原定性検査です。
やっと検索がかかって、1月7日現在、上野原市内は次の3事業所です。
サンロード調剤新田店     0554-62-1121
サンロード調剤薬局 上野原店 0554-68-3007
ウエルシア上野原店      0554-30-2155
以上
事前に電話で確認をしてください、とのことです。


大雪警報

2022年1月7日(金)

昨日から今日にかけて、東京地方では大雪警報が出ました。山梨県では、小雪がちらつきましたが、道路に積もるような降雪はありませんでしたが、東京では10cmの降雪があり、交通などに大きな影響が出たようです。ノーマルタイヤで走れば、動けなくなる車が出てきて、通行不能となる箇所が多く出るのでしょう。雪国では当たり前のことも、都会では大きく違います。

団地の中も日陰のところでは、道路が凍結しています。十分に注意が必要です。


南岸低気圧

2022年1月6日(木)

今日はしんぶん赤旗の配達の担当日。通常ならば日曜版も含めて配達するのですが、合併号だったので、日曜版はなし。昨日の深夜から始めたので、日付が変わった頃に終わりました。上空に寒気が入っているので、寒さがつのります。

九州に南岸低気圧があり、東進しています。沿岸近くを通ると、雪になるとの予報が出ています。

高校時代の地学で、天気図を描く授業がありました。時間的に経過を見ると面白いものがあります。温帯低気圧の発生の仕方や高層天気図の読み方など、高校を卒業してから学んだこともたくさんあります。天気図には、知的好奇心を沸かせるものがたくさんあります。

今回の南岸低気圧、昨日の21時に東シナ海で発生しています。


進路調査

2022年1月5日(水)

今日、山梨県教育委員会は「令和3年度中学校卒業予定者の第2次進路希望調査結果の概要について」を発表しました。この結果を見ながら進路希望を決めていくのでしょう。

中学3年生とその保護者と中学3年の担任には、悩ましい季節でしょう。

高校入学選抜は、中学3年生の選抜であるとともに、高校側も選抜されるような気がしています。特に全県1区という学区域制をなくせば、なおさらその傾向が強まります。どの学校に行っても、生徒の豊かな成長を保障する体制を作ることが必要だと思っています。そのためには、教職員の間で活発な議論ができる環境と研修を保障する条件、生徒と保護者を含めて学校運営を民主的に行えることが必要です。

ところが、現在の教育行政は、トップダウンで教育内容が統制されているような気がしてなりません。


与謝蕪村

2022年1月4日(火)

今年は与謝蕪村を書いてみました。年に一度の練習では、全くうまくなりません。

今日は、NPT再検討会議が開かれる予定でしたが、オミクロン株の世界的流行で開催が延期されました。核保有5か国が、相互に核兵器は使用しないというような「共同声明」を出したようですが、二面的です。核兵器禁止条約が発効し、何らかの行動を起こしたというアリバイ証明的なものです。世界の潮流が核兵器の廃絶をめざしていることが、「共同声明」という形で表れてきたのでしょう。しかし、一方では、核兵器の保有は5か国しか認めないという従来の態度を表明し、核の「近代化」を続行する宣言です。この体制で、核拡散が拡大してきた歴史に対する検証がありません。核抑止力という、脅しの世界の続行です。

核抑止力は、「武力による威嚇」は、「国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」とした日本国憲法の規定に反する立場です。核抑止力に頼る自民党・公明党の立場は、日本国憲法の平和主義の精神を踏みにじるものです。昨年の6月上野原市議会で、公明党の議員は、「条約に参加すれば、米国による抑止力の正当性を損なうことになり」と核抑止力論を展開し、核兵器禁止条約への参加を求めた請願をつぶしました。


孫の代に

2022年1月3日(月)

トランプゲームで負けると、泣いていたのは昔のこと。今では、負けても笑顔です。孫3人は、大学生、高校生になりました。将来をどうするのかを考え始めています。

孫の代に、「戦争をする国」にしてはならないと思っています。

午後には、それぞれの場所に帰っていきました。


家族が揃いました

2022年1月2日(日)

2年ぶりに家族が揃いました。家の中の人口も一挙に5倍に膨れ上がりました。用意したお節も、ほとんどなくなりました。さすがに大人数です。お雑煮もどのくらいの量を作ればいいのか、感覚が分かりません。

福井、北見、古河、札幌と離れています。大雪で、飛行機が飛ぶか心配されましたが、ともかく無事に羽田に着きました。3人の孫も、それぞれの道を歩み始めています。


明けましておめでとうございます

2022年1月1日(土)

新しい年が始まりました。

新型コロナウイルスの猛威がまだ続いています。社会も経済もいびつさが益々激しくなっています。格差が広がり、庶民の生活の苦しさが重くのしかかってきています。

その一方で、きな臭い動きが強まっています。生活の苦しさを基盤に排外主義、弱者へのバッシングなど反動的な方向に国民を動員しようとする勢力が活動を強めています。

それでも、国民の生活と権利を守り、平和を追求する以外に国民の明るい社会を実現する方法はありません。

国政でも市政でも、くらしと平和のために、みなさんとともに歩んでいきたいと思っています。