2010年9月5日から

あなたは番目のお客さんです

新着情報

・「赤旗読者ニュース」(9月)を更新しました。コチラから   2018年9月20日更新

・「上野原民報2018年」を更新しました。コチラから 上野原民報9月号を掲載しました。  2018年9月16日更新

・「活動報告2018」を更新しました。9月号をUPしました。 コチラから 2018年9月15日更新

・8月の日記を更新しました。コチラから 2018年9月1日更新

・「2018年市政に対する要望」を更新しました。コチラから   2018年8月25 日更新

・「赤旗読者ニュース」(8月)を更新しました。コチラから   2018年8月9 日更新

・7月の日記を更新しました。コチラから 2018年8月1日更新

・「上野原通信」を更新しました。コチラから レンゲショウマの写真を載せています。 2018年7月30日更新

・「上野原民報号外」6月号を更新しました。コチラから   2018年6月27日更新

・「川田よしひろ市議の2年間の軌跡」をUPしました。コチラから  2017年5月12日更新



日本共産党演説会

2018年9月4日(水)

昨日は、日本共産党富士吉田演説会。地方選挙、参院選挙の日本共産党の躍進をめざして、市田忠義副委員長をお迎えしての訴え。さすがに市田さん。聞かせます。県内を駆け回る宮内現さん、山梨、神奈川、千葉3県を活動区域にしているしいば寿幸がそれぞれ訴えをしました。
日本を取り巻く情勢は、激動の時代を迎え、厳しい状況ではあるが、その一方で、新しい市民の運動が力をつけ、日本共産党も、排除の壁を崩してきた歴史の重さがあると思いました。


新しいパソコン

2018年9月23日(日)

新しいパソコンを快適にしようと、まずはメモリを増設しました。4GBから16GBへ。ストレスが減りました。今度は、ハードディスクを増設し、ダブルでデータの保存しようと思い、2.5インチのハードディスクを買いました。これが難物。ハードディスクを本体に取り付けるビスがありません。さらに、本体だけで、コードが付属していません。ビスとコードを注文。シリアルATAという規格のコードを買いましたが、ついてきた電源コードは4ピン。パソコンのマザーボードについていたのは、6ピン。再度探して、発注。明日には完全になるでしょうか。
高校教員の現職のころ、学校全体のネットワークを作り、管理していたことを思い出しています。


決算特別委員会 総括質疑

2018年9月22日(土)

決算特別委員会では、最終日の午後に総括質疑が行われます。私の総括質疑のうち、二つの項目の質問原稿を載せます。
◆効率的な財政運営からすると、疑問に残ることが多々見られます。上野原駅周辺整備事業では、ステンドグラスの設置に、1609万円の予算が使われました。設置前の説明では、夜になると内側からのライトで、ステンドグラスがきれいに見えるとのことでした。ところが、薄い発色で、少し離れれば、よく見えないといわれています。これは個人的な評価もありますが、その評価も定まらないうちに、新設通路にステンドグラスをはめ込む予算が組まれ、339万円が執行されました。予算が残っているからと漫然と予算の執行がなされたと考えますが、いかがでしょうか。
 ◆総合福祉センター建設事業が終了し、健康診断がスムーズに行われるようになったとの声も聴かれます。しかし、せっかくの総合福祉センターの建設ですから、市民が使いやすい施設にするとともに、災害時の対応が十分にできるような設計にすることが必要ではなかったでしょうか。障害者団体の方の販売スペースも設計上はありますが、販売に見合うような人が集まる見込みがないということで、出店していません。根本的には、1階部分に職員の施設が集中していることが大きな原因ではないでしょうか。市立図書館の閲覧室や学習室が不十分なことから、総合福祉センターでも、それらの施設を1階にもってきて、複合的に利用する計画が必要でなかったでしょうか。風呂の利用も思ったように進んでいないと伺っていますが、風呂に入った後で、ゆったりとした休憩のスペースをとるような設計が必要ではなかったのでしょうか。


決算特別委員会

2018年9月21日(金)

決算特別委員会が終了しました。一般の質疑では、延べ116件の発言がありました。私は16件。そのほかに総括質疑で6項目の質問をしました。今日の午前中、上野原高校の生徒が傍聴に来ていました。そんなこともあってか、普段は発言しない議員も張り切っていたようです。それでも、何か月か前の議員全員協議会で担当課が説明していたものを、臆面もなく聞いている姿は、「あなた、いつも何やっているんですか」と聞いてみたくなりました。
昨日の早朝は、しんぶん赤旗の配達。終了後、総括質疑の原稿に手を入れ、審議中は、すべての議員の発言をメモに取り、休憩時間にパソコンに入力し、委員会終了後、議会だより編集常任委員会で、定例会と決算特別委員会の記事の分担を決めました。


決算特別委員会二日目

2018年9月20日(木)

昨日は決算特別委員会の二日目。決算特別委員会では、議会だよりのために、すべての委員の発言をメモを取ってパソコンに入力。その合間で自分の質問。昼休みには、市役所前で行っている「戦争法ストップ!」の行動へ参加。5分ばかり訴えをしました。決算特別委員会が終了後、委員の発言の入力。この二日間で84件の発言がありました。
帰宅後、総括質疑の準備。各課での質問ができなかった項目も含めて、原稿を書かなくては。


決算特別委員会

2018年9月19日(水)

決算特別委員会が3日間の日程で始まりました。2017年度決算の特徴として、「歳入歳出差引額は445,536千円となり、翌年度に繰越すべき財源を控除した実質収支(純繰越金)は349,771千円の黒字となった。一方単年度収支、実質単年度収支は、前年度から一転赤字となっているが、これは老朽化等に係る公共施設の整備が喫緊の課題となっていることもあり、将来を見越した財源の確保の観点から、財政調整基金ではなく、公共施設整備基金への大幅な積立を行ったことによるものである」と書いてありました。
これは、事実と違うと指摘しました。「上野原駅周辺整備事業費が繰越金も含めて、8億9千万円、(仮称)総合福祉センター事業費に、8億5千万円もかかり、基金の取り崩しや市債の発行でも埋めることはできず、単年度収支、実質単年度収支が赤字となったが、来年度以降は、大型事業が終了するので、収支が改善する予定である。公共施設整備基金を6億5千万円も取り崩したので、将来の公共施設整備のために、2億6千万円を積み増した」という具合に書けば、少しは実態に合うのではないでしょうか。


「サンマとカタール」

2018年9月18日(火)

地区委員会で使っている宣伝カーが修理工場行きになったと聞いたので、上野原で預かっていたもう一台の宣伝カーを昨日富士吉田まで届けてきました。今週末に、市田忠義さんを迎えて日本共産党演説会が富士吉田市で開かれます。
帰ってきたら、クロネコヤマトの不在伝票。午後はドキュメンタリー映画「サンマとカタール」を見に行くことになっていたので、クロネコヤマトには、センターに取りに行くことを伝えました。
「サンマとカタール」は題名とはずれていました。震災後の宮城県女川町の復興の物語です。震災で7割以上の水産加工施設が壊滅した女川町の大型冷蔵冷凍施設にカタールのフレンド基金から約20億円から資金援助がされました。このことが主題と思いきや、女川町民が主人公に変わっていました。上映後のトークショーで、映画の制作プロデュサーの尹美亜(ユンミア)さんが、撮り始めたら、過去のことよりも、これからのことを描いたらと言われ、復幸祭(ふっこうさい)の実行委員長をしていた阿部淳(あつし)さんなどを描くことになったと話されました。トークショーには、阿部さんも登場。
町民のそれぞれの思いが伝わってくる映画でした。
クロネコヤマトでは、北海道の息子一家から、「敬老の日」の贈り物とパソコンのためのメモリが届いていました。
新しいパソコン用のメモリが不足気味だったので、メモリ増設用に注文していました。実装メモリが4Gだったものを16Gにしました。なかなかうまくいかなかったのですが、メモリを強めに差し込むときちんと動くようになりました。快適になりました。
この間、ずっと、決算書を眺めていました。ようやっと1日半分のところまで読み込めました。審議は明日から3日間です。


西小運動会

2018年9月17日(水)

昨日は上野原西小の運動会でした。一昨日の雨で順延になりました。昨日の朝は曇りでしたが、だんだんと日差しがでて、絶好の運動会日和でした。低学年の表現「西小 ヤングマン」、途中から先生が乱入、派手な衣装を含めて注目されました。子どももノルだろうと思いました。リレー種目は、学年ごとに全員が走りましたが、それぞれが全力を出していることがわかりました。テントの中にいた保護者の方たちの応援がヒートアップ。最後の大玉転がし、全員が4色に分かれて、各色の大玉を転がしていましたが、上級生が配慮している様子が伝わってきました。各クラスで4色、赤、白、青、黄に分かれて、縦割集団を作っています。上級生の振る舞いが、下級生に影響を及ぼしています。素敵な関係です。係りの仕事も5・6年生が担っていましたが、自分たちの出場種目の時、自律的に動いている様子が伝わってきました。 いい一日でした。


2018年9月16日(日)

今朝は雨模様だったので、予定されていた上野原西小の運動会が順延。空いた時間で、上野原民報、活動報告を作って印刷、仕分けまで行うことができました。上野原民報は、議会報告が中心ですが、様々な事情から、会期途中で作ってしまいました。一般質問は、すぐに音声データをもらい、答弁部分を起こしました。自分の質問はすでに入力済でした。 夕方には、団地のスーパー前で街頭宣伝。車からの応援が多数ありました。9月議会の一般質問で質した四方津駅バリアフリー化の現状や国民健康保険制度について訴えました。


避難所

2018年9月15日(土)

13日の一般質問で総合福祉センターを避難所にしてほしいという住民の方の要望を伝えました。
川田 総合福祉センターふじみが完成しました。非常用電源等があります。近くにお住まいの方から、避難所として指定ほしいとの要望がありました。
副市長 総合福祉センターふじみについては、避難所の位置づけはしていませんが、基本的に避難所を想定して作っています。今回の台風についても、福祉避難所として機能できるように準備もし、職員も配置しています。さらに体制などを整えた中でその方向で考えていきたい。
川田 新しい建物は基本的に災害対応になっています。さらに職員の配置もしているならば、早急に避難所の指定をするべきです。スピード感をもって取り組んでいただきたい。


国民健康保険制度

2018年9月14日(金)

昨日は、一般質問の日でした。冒頭は、国民健康保険制度の質問です。
川田 国民健康保険の加入者は、3303万人、協会けんぽは、3639万人です。保険料の負担率を比較してみると、国保は9・9%、協会けんぽは7・5%です。さらに1世帯あたりの平均所得は、国保は144万円、協会けんぽは246万円です。所得が低いのに、保険料率は高い、ここに問題があると考えますが、いかがでしょうか。
市民部長 国民健康保険の加入者は、年齢構成が高く、医療費水準も高い一方で、所得水準が低く、保険税の負担が重く、構造的な問題があるので、財政運営の主体が都道府県となりました。安定的な運営ができるよう国や県に要望を行っていきたい。
川田 さらにこの間の国保加入者の構成が変わってきたことも見逃せません。1965年度では、農林水産業が42・1%、自営業が25・4%でした。しかし、2016年度には、無職が43・9%、被用者が34・0%と国保加入者の高齢化と貧困化が進みました。
 2016年、国民健康保険の都道府県化の問題で、政府と地方団体が協議するなかで、全国知事会などは、「国保の構造問題」の解決策として、▽保険料(税)をせめて協会けんぽ並みに引き下げるため、1兆円の公費負担増を行う、▽子育て世帯の国保料(税)を高騰させる要因である均等割りの見直しを行う、▽子どもの医療費無料化を行う自治体に対する国庫負担減額のペナルティをやめるなどと要求しました。これらの地方団体の要求についてどうお考えでしょうか。
市民部長 国民健康保険の財政基盤の強化のためには、このような財政の強化が必要であり、市長会等を通じて要求していきたい


一般質問

2018年9月13日(木)

今日は9時から一般質問です。議会活性化が叫ばれていますが、議会での議論を活発化することが一番ではないでしょうか。上野原市議会は、議場と傍聴席が背よりも高いアクリル板で仕切られています。私は撤去すべきだと発言していますが、多数派の議員はそのように考えていません。議場の音がよく聞き取れない場合があります。スピーカーを改善したといいますが、それでも、市民と議員をアクリル板で隔てることにどんな意味があるのか考えてしまします。
私は、傍聴に来ていただいた方には、質問原稿を印刷してお渡ししています。


新しいパソコン

2018年9月12日(水)

今まで使っていたパソコンが不調になって、新しいパソコンにしました。インターネット接続やソフトの導入など、初期設定の仕事が続きました。その途中、ノートパソコンで作業をしていましたが、そこに書き込んだデータの移行もしました。ノートパソコンだと、画面が小さく作業の効率が極端に落ちていましたが、これでペースを上げることができます。


行政代執行

2018年9月11日(火)

5日、文教厚生常任委員会で空き家対策条例案の審査が行われました。空き家対策特別措置法に基づくものです。倒壊のおそれのある特定空き家について、行政代執行、略式代執行、緊急措置ができるという内容です。行政代執行で取り壊し等をする場合には、指導・助言、勧告、命令、意見聴取などの手続きが必要になります。緊急措置の場合には所有者の同意が必要になります。ある議員が「時間がかかりすぎるから、もっと短時間にできる方法はないか」「緊急措置に本人の同意が必要なのか」という趣旨の質問をしていました。
どのような方法をとろうとも、最終的には所有者に費用の請求が行われます。所有者の方は、今まで住んでいたが、子どものところに引き取られるなどして、空き家となった場合がほとんどです。経済的にも余裕のある方は少ないでしょう。そんな場合に強権的に行えば、弱いものいじめになりかねません。所有者の実情をよく調べ、納得のいく方法で解決することが重要であるが、いかがでしょうかと質問をしました。担当課長は「その通りです」と答弁しました。


街頭演説

2018年9月10日(月)

団地のスーパー前での訴え。暑いので、帽子をかぶりながら失礼しました。何人もの方から声援をいただきました。
街頭宣伝をしていると、知り合いのNさんが近づいてきて、今友だちに電話して来てもらうから、長くやってもらえないか、との注文。残念ながら、そのお友だちは留守で連絡が取れなかったようで、また来週もやりますからと、お伝えしました。
決算書の読み込みを始めました。前年度の以前の資料もそろえて、比べながら、市の事業の様子を思い浮かべながら、市民の声をたどりながら、読み込みを始めると結構時間がかかります。


若葉祭

2018年9月9日(日)

昨日午前中、上野原市立上野原西中学校の若葉祭におうかがいしました。開祭式では、毎回恒例の生徒会役員による寸劇。今回はドラえもんのパロディ。その中でクラス旗の紹介が行われましたが、やはり、3年生。上級生としての貫禄がありました。玄関ホールに飾られた225人の生徒手形を集めた装飾。手作り&大作が目を引きました。今年のテーマ「PIECE & PEACE」も秀逸。熱の入れ方が伝わってきます。開祭式終了後、体育部門。係りの生徒の皆さんが、一生懸命に取り組んでいる姿が目につきました。中学生ともなると、照れが邪魔して、力を出し切らない傾向がまま見受けられますが、一人一人の生徒の取り組む姿勢に注目しました。教職員の皆さんの努力が目に浮かびました。


ごま塩道路

2018年9月8日(土)

今住んでいる団地は、約1300世帯が1~4丁目に分かれて住んでいます。1丁目はノース、2丁目はサウス、3丁目はセンター、4丁目はウエストとの別名があります。3丁目を中心に、北、南、西に配置されています。団地の周辺を2.5kmの外周道路が取り囲んでいます。1丁目、2丁目、3丁目には、外周道路をショートカットする道があります。ほかの道路と違って、細かい石を含んだ舗装となっています。ちょうどその色合いから、ごま塩道路と呼んでいます。「市民アンケート」で、「ごま塩道路について、劣化が進んできて小石が飛び、凹みに溜まった水が凍結するなど、不具合があるので、改修してほしい」と要望が書かれていました。このことを5日、建設課に伝え、検討を始めるように依頼をしてきました。


ボーリング調査

2018年9月7日(金)

四方津駅周辺のバリアフリー化のためのボーリング調査が始まりました。市がエレベーターを設置するための調査です。国道の歩道拡張のための土地買収が進まないと、実際の工事や設計は実施に移りませんが、着々と準備は進んでいます。住民の方たちの要望を生かすために、9月議会でも質問します。


台風被害

2018年9月6日(木)

台風21号の被害。上野原市では、西原地区で停電があったこと、JRが運転見合わせがあったこと、県道四日市場上野原線が一部通行止めになったこと、倒木が何か所かで見られたことなど、比較的軽微でした。団地の中では、街路樹の枝が何本も折れたことなどが目立っていました。比較的大きなもみの木が倒れたという報告が建設課に入っていました。多分、ブルーシートで覆われているのが、建設課で処理したものだと思われますが。折れた枝に関しては、建設課に処理をお願いしてきました。


台風21号

2018年9月5日(水)

昨日は、上野原市に土砂災害警戒情報が発令されました。 2018年09月04日 16時45分 本日、午後4時30分に上野原市に土砂災害警戒情報が発表されました。このため、市役所文化ホールと秋山支所を避難所として開設しました。周囲に危険がある場合や早めの避難が必要な方は、自主的に避難を検討してください。避難する場合は、食料や生活用品など必要なものを持参してください。 気象庁のメッシュ情報を見ると、秋山地区の南部がマークされています。富士山の西部に多量の雨を降らせたみたいです。


議長選挙

2018年9月4日(火)

9月議会が始まりました。決算認定があるので、資料がたくさんあります。持ち帰ってきました。
開会前に開かれた議員全員協議会で、議長が一身上の理由で辞任したいという申し出がありました。半年前に選出したばかりなのに、「一身上の理由」って、何?
以前は、公平な運営に努める、少数意見を尊重するという言質を取って、指名推薦で過ごしてきましたが、半年交代はありえないと、指名推薦を拒否し、選挙となりました。
私の所信表明
議長は議会を代表する重責です。市民の声を反映する議会にしたい。議員の多様な意見を尊重し、公平な運営に努めます。少数意見を尊重していきます。
当面、議会運営の要となる議会運営委員会の構成について改革を図ります。(現在は、当選期数の多いものから選出) 会派制がとられているならば、会派の代表によって構成されるべきですが、そうでない現状の中で、当選期数の人数の割合によって構成したいと考えます。
以上
投票の結果
田中英明議員 13票
川田好博議員 2票
白票     1票
日本共産党は私1人なので、それ以外から投票した人がいました。
白票を入れた人は、「川田さんが議長席に座ると、ちゃんと質問をする人が少なくなる」と言っていましたが。
一身上の理由から辞職した人が、今度は議会運営員会の委員長です。「一身上の理由」って、何。


9月議会

2018年9月3日(月)

今日から9月市議会が始まります。決算審議があるので、長期間の会期になります。昨日、一般質問の原稿(第1稿)を書きました。原稿を書いてから、一般質問通告書を書きました。
1.国民健康保険制度について
 (1)国民健康保険の構造的問題
 (2)高校3年までの医療費無料化
 (3)子育て世代の均等割の見直し
 (4)限度額認定証
2.子育て支援について
 (1)棡原・西原地域の保育施設・事業
 (2)こども園の現員と定員
 (3)学童保育所の開所期間
3.防災について
4.四方津駅周辺のバリアフリー化
以上のような内容です。


秋祭り

2018年9月2日(日)

団地の有志の皆さんが、秋祭りの神輿を繰り出しています。午後は子ども神輿が、夜は大人の神輿が練り歩きます。子どもがこんなにもいるのかと、驚くくらいです。
雨がぱらつきましたが、大降りにならず、熱中症の心配もなく過ぎていきました。実行委員会の皆さんの熱意には、いつも感心しています。


JRC

2018年9月1日(土)

議会だよりの取材で県立上野原高校に行ってきました。JRC(Junior Red Cross)の活動を「うえのはらで頑張る人」シリーズで取り上げます。高校生のボランティアサークルです。今日は、全校の避難訓練ですが、その炊き出しを行っています。無洗米を袋に入れて、お湯で温めます。アルファ米も使います。全校生徒用の準備なので、量も多量です。家庭クラブの生徒も手伝いにきています。午前中に準備をし、午後の避難訓練の後に、全クラスに提供します。顧問の先生も大奮闘でした。