2010年9月5日から

あなたは番目のお客さんです

新着情報

・6月の日記を更新しました。コチラから 2022年7月1日更新

・「赤旗読者ニュース」を更新しました。コチラから   2022年6月30日更新 議員報酬値上げの反対討論(下)を載せました。

・「上野原通信」を更新しました。コチラから   2022年6月26日更新

・「活動報告2022」を更新しました。6月号をUPしました。 コチラから 2022年6月5日更新

・上野原民報4月号を掲載しました。コチラから 2022年4月10日更新

・「情報通信基盤整備事業が危機に」をUPしました。 コチラから 2021年4月5日更新
b
・「情報通信基盤整備事業のこれから」はコチラ から 2020年10月11日更新


身を切る改革?

2022年7月2日(土)

日本維新の会の比例代表の選挙カーが走り過ぎました。党名も言わず、候補者名の連呼だけでした。選挙公報で、日本維新の会は、「政治と政治家のあり方を変える。身を切る改革を実行。」と書いています。2020年の政治資金報告書によると、日本維新の会の党財政に占める政党助成金の割合は、80.2%。全政党のうち、トップを走っています。「身を切る改革」と言いながら、税金頼みの政党です。維新が行ってきたのは、市民や国民の「身」を切る改革でした。維新に所属する政治家の腐敗は、枚挙に暇がありません。コロナ禍では、松井某、吉村某などが毎回のようにテレビに登場し、マスコミが持ち上げました。「イソジン」「雨合羽」など、でたらめをしながら、メディアに載れば、選挙に勝てるというやり方に不信を覚えます。日本の民主主義の深化のために、まだまだやることはたくさんあると思います。


猛暑日

2022年7月1日(土)

暑い。大月アメダス、今日の最高気温、13:42 37.0℃。なるべく外出は控えてと言われても、よんどころない事情で、3日連続で焦熱地獄の甲府盆地へ。郡内も暑いけれど。

議会だよりの原稿が集まりつつありますが、なんでワープロソフトを使いながら、毎行、強制改行を入れるんだ!! 原稿を落とし込んでからでは、改行マークがあるかどうかわからないことがあるので、一旦テキストエディターに落として、改行マークを削除してから、作業を継続。これだけで、ストレスが倍増。何度言っても直らない。多分、言葉が通じない。

エクセルやワードに写真原稿を貼り付けて、提出するのも止めてくれ!!


暑さの中の演説会

2022年6月30日(木)

甲府の気温12時に34.8℃。志位和夫委員長、田村智子副委員長・比例代表候補を迎えての街頭演説会。軍拡では平和は訪れないこと、くらしのために、消費税を引き下げ、労働者の賃金を上げることなど具体的な政策を訴えました。自民党は、論点をすり替えごまかしていることを指摘していました。

*********

「消費税を引き下げれば、社会保障を3割カット」? いえいえ、その分大企業の法人税を元に戻せばいいだけです。そうすると、企業は海外に逃げる? そんなことはありません。大企業は、法人税の多寡だけで投資先を決めるわけではありません。そこで利益が出るかどうかを判断します。売れる見込みがあり、利益が出るかどうかが問題なのです。日本の消費市場は狭く、売れる見込みがないから、設備投資をしないのです。自公政権が、労働者の非正規化をはかり、年金を切り下げ、社会保障を切り捨ててきた結果が、国内の消費市場を狭くしてきたのです。目先の利益だけを考え、経済成長を止めてきた元凶は、自公政権です。大企業だけが儲かり、設備投資もできないものだから、内部留保が130兆円も溜まったのです。