2010年9月5日から

あなたは番目のお客さんです

新着情報

・「活動報告2017」を更新しました。5月号をUPしました。 コチラから 2017年5月26日更新
・「赤旗読者ニュース」(5月)を更新しました。コチラから   2017年5月25日更新
・「上野原民報号外」を更新しました。コチラから   2017年5月22日更新
・「川田よしひろ市議の2年間の軌跡」をUPしました。コチラから  2017年5月12日更新
・「上野原通信」を更新しました。コチラから ミズバショウの写真を載せています。 2017年5月11日更新
・「4月の日記」を「過去の日記」に移しました。コチラから   2017年5月1日更新
・「赤旗読者ニュース」(4月)を更新しました。コチラから   2017年4月27日更新
・「上野原通信」を更新しました。コチラから フデリンドウの写真を載せています。 2017年4月23日更新
・「資料」を更新しました。市政に対する要望 2017年を載せています。コチラから   2017年4月13日更新


加計学園疑惑

 2017年5月27日(土)

森友学園問題に引き続き、加計学園問題がクローズアップされてきました。いずれにしても、「お友だち」に便宜を図ったことには間違いありません。政府側の言い訳は、なんとも稚拙としか言いようがありません。前川前事務次官の発言を、「退職した人だ」などと言っても、何の言い訳にもなっていません。当時、職を担っていた人が、公の記者会見で発言しているのですから、証人喚問で決着つけるしかありません。


ツバメ

 2017年5月26日(金)

四方津駅の入口の軒下に毎年ツバメが巣作りをしています。正面の巣には3羽のひなが口を開けています。

もう親鳥とひなの大きさが変わらないくらいになっています。もうすぐ巣立ちの時期でしょう。自然は毎年毎年同じような繰り返しが行われるように見えます。それでも、長い年月をかければ、生物は環境に働きかけ、環境は生物に働きかけるという相互依存が本来の姿です。

そこに人間が加わると、もう少し複雑な動きがとなります。人間は、自然の変化の力よりも、大きな変化の力が加わります。環境と人間の関係をよくするためには、人間はもっと謙虚にならなければならないと思うこの頃です。


男女共同参画基礎講座

 2017年5月25日(木)

5月23日、男女共同参画ネットワークセミナー 基礎講座が甲府市のぴゅあ総合で開かれました。大正大学准教授の田中俊之さんが、「男女共同参画社会基本法から18年 あらためて家族から考える」と題した講演が行われました。

田中さんの講演の一つのテーマは、男女共同参画の問題を男性が当事者意識を持って当たるということです。

日本の家族は大きく変わってきています。21世紀に入る前は、寿退社がまだ3分の1を占め、出産退職を含めれば7割を超しています。21世紀に入ると寿退社が顕著に減ってきます。2010年からは女性の育休が増え、就業者が増えています。

その中で、家族の中の男性のことが大きくクローズアップされることになります。働きすぎ、自殺、過労死、過労自殺など男性が生きづらい社会が現出しています。さらに地域や家庭に男性の居場所がなくなるという深刻な問題を抱えています。退職しても、近所に友達はいない、趣味もないことは、退職前の働き方に問題があることを示唆しています。

こんなことから、男性が日ごろから人間関係を作る努力、コミュニケーション(関係形成型)、「聴く力」が重要であると指摘されました。


日本共産党八王子演説会

 2017年5月24日(水)

昨日、八王子市いちょうホールで日本共産党八王子演説会が開かれました。八王子市は以前住んでいた町であり、職場もありました。清水ひで子さんは議員(市議・都議)になる前からの友人です。都議選が来月に迫り、清水ひで子さんを6度都政の場で活躍してほしいと参加してきました。

共謀罪が衆議院で強行採決されたことに日本共産党政策委員長笠井亮さんが、厳しく抗議し、憲法9条を変えようとしている安倍自公政権の暴走を日本共産党の躍進で止めようと訴えました。

清水ひで子さんは、豊洲市場移転問題について、日本共産党は一貫して反対し、問題点を指摘してきたことを訴え、東京ガス工場跡地の汚染土壌の対策するという約束が守られず、ベンゼンなどの汚染物質が今でも環境基準の100倍もの値が出ているとのべ、石原知事以来の知事とそれを支えてきた自民党・公明党の責任を追及しました。

都民の暮らしと福祉を守るために、都議選での日本共産党の躍進を訴える演説会となりました。


清水ひで子さんがんばれ!

 2017年5月23日(火)

来月には、東京都議会選挙が始まります。八王子市選出の清水ひで子さんは、6期目をめざします。清水ひで子さんは、上野原市出身。都留高校から都留文科大学に進学し、東京都で小学校の教員になりました。八王子市議会議員から都議会議員になり、一貫して市民の利益を守るために奮闘してきました。私が八王子市に住んでいるときから、妻の小学校教員の同僚としてお付き合いがありました。当時、私の方は東京都保育問題協議会の役員として、保育運動でのつながりもありました。前2回の都議選では、オルグとして八王子に応援に入りましたが、今回は単発の応援となります。昨日は、八王子市に行って、ハンドマイクで憲法9条の改悪を許さず、豊洲移転を止めさせ、都民の暮らしと福祉を守るために、引き続き都政の場で清水ひで子さんを活躍させてほしいと訴えてきました。


管理組合総会

 2017年5月22日(月)

昨日は団地管理組合法人の総会でした。先週は自治会、今週は団地管理組合法人と総会が2週続きます。私の住んでいる団地では、コモアブリッジと呼ばれるJRの駅とをつなぐ連絡橋(エスカレーターとエレベーターで標高差約100mを結んでいます)やCATVを住民が管理しています。そのために区分所有法を援用して管理組合法人を作っています。管理費を月5500円を徴収しているので、年間の予算も大きくなっています。持ち回りでブロック委員や理事の仕事が回ってきますが、結構骨の折れる仕事です。

大規模地震でコモアブリッジが被害を受けたときはどうすればいいのだろうかなど、大きな課題を抱えているのも現状です。


後援会総会

 2017年5月21日(日)

昨日、甲府市で山梨県日本共産党後援会総会が開かれました。党花田仁県委員長からの報告があり、衆議院山梨1区、2区の両予定候補者から決意の表明が行われました。

大久保令子山梨2区予定候補は、安倍自公政権の暴走を許さず、戦争法廃止、共謀罪廃案、国民の暮らしを守るために全力を尽くすと訴えました。


共謀罪強行採決

 2017年5月20日(土)

昨日、衆議院法務委員会で、共謀罪が強行採決されました。金田法相の答弁をみても、安定せず、刑事局長に代わりをさせるなど、まともな法案ではありません。テロ対策という口実も崩れてしまいました。「組織的犯罪集団」を対象としているといいながら、一般の団体も「組織的犯罪集団」に変わることもありうると、捜査の対象が一般の団体に及ぶことを明らかにしています。今でも、風力発電に反対する団体を監視し、警察庁が「通常の警察業務だ」と開き直っている中では、一層重大なことです。計画の相談の段階で罪になるとすれば、密告、盗聴、盗撮、自白の強要など近代刑法に反することが横行するでしょう。安倍政権の狙いは、政府に反対する団体を委縮させることです。「特定秘密保護法」「戦争法」「共謀罪」・・・そして憲法9条改悪と一連の流れを見れば、「戦争する国」づくりにつながり、戦前の監視社会に回帰することを望んでいることは明らかです。

昨日の「戦争法ストップ!上野原行動」のスピーチの中で、共謀罪の廃案を訴えました。


決算書作成

 2017年5月19日(金)

昨日は甲府にある年金者組合県本部に行ってきました。3年前から会計処理のソフトを作って支援をしてきましたが、会計年度が終わって、決算処理のお手伝いに行ってきました。午後から出かけましたが、午後7時までかかってすべての処理を終わり、決算書の作成まで行きつきました。振替口座、預金、現金の流れを追って、必要な訂正をしてきました。

教員として就職した最初の職場が商業科もある定時制高校でした。生徒に質問されてことぐらいは答えられるように、商業簿記の勉強をしました。その時の経験に今でも助けられています。

教員時代に、事務室の職員の方から、利用しやすい予算差引簿を作ってほしいと依頼されて、一緒にソフトを作ったこともいい経験でした。


議員団会議

 2017年5月18日(木)

昨日は、日本共産党の全県議員団会議があり、甲府に行ってきました。甲府まで出かけると1日仕事になります。国民健康保険制度の都道府県化が一つの重要なテーマでした。究極のところ、国民健康保険制度は、社会保障制度の一環なのか、互助制度なのかというところに行きつくと思いますが、国民健康保険法には、「第一条  この法律は、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もつて社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的とする。 」と書かれているので、まぎれもなく社会保障制度の一翼を担っているはずです。ところが、自公民政権は、運用するときに捻じ曲げて、「受益者負担論」を持ち出してきます。

6月議会に向けて、また勉強です。


マルバウツギ

 2017年5月17日(水)

一昨日の午前中、避難路の草刈りをしました。コモアしおつ団地は、通常エスカレーターか斜行エレベーターで駅から昇ってきますが、停電時などは(ほとんど起こりませんが)車道を回って歩いてくると40分以上かかります。駅前の鼓楽神社の横から団地に通じる道が通っていますが、年2回管理組合で草刈りをしていますが、今の時期は藪状態になってしまいます。ここ5年くらいこの時期だけボランティアで草刈りをしています。

あまり人が通らないので、自然の状態が割合残っているところです。草刈りをしている途中で、マルバウツギの花を見つけました。

マルバウツギは系統分類のAPG体系ではアジサイ科ですが、これまで日本で用いられていたエングラ―体系ではユキノシタ科です。分類体系は21世紀に入って大きく変化しています。遺伝子分析など新しい技術が、この学問分野に大きな影響を与えました。面白い課題がたくさん含まれています。


学童保育

 2017年5月16日(火)

昨日は市議会文教厚生常任委員会の閉会中の審査で学童保育について調査を行いました。学童保育は市町村の事業ですが、他の事業者に委託することもできます。その場合は市町村で基準を定める条例を作ることになっています。上野原市の場合の条例を作って基準を定め、学校法人に事業を委託しています。上野原小で3学童保育所、西小で2学童保育所、島田小、秋山小でそれぞれ1学童保育所の計7学童保育所が設置されています。上野原小、西小では、定員を超える学童を受け入れています。以前は小学校4年まででしたが、小学校6年まで受け入れているとの回答がありました。常任委員会では、委託契約書、就業規則、雇用契約書などの資料の提出を求めました。

指導員のみなさんの待遇改善、児童の処遇の改善などの様々な課題が見えてきました。


桂川フェスティバル

 2017年5月15日(月)

昨日は、桂川の河川敷で第3回桂川フェスティバルが開かれました。保育園児(こども園?)の遊戯の後で、風船が飛ばされました。ステージでの出し物のほか、さまざまなブースで物品の販売などが行われていました。


議会報告会

 2017年5月14日(日)

昨日はもみじホールで「議会報告会 川田よしひろ市議の2年間の軌跡」を開きました。雨の中、参加された方が、熱心に意見を出してくれました。保育料の軽減、正規保育士の久しぶりの採用、就学援助制度の改善など、この2年間で取り組んできた実績などを話させていただきました。「まだ、2年しか経っていないんですね。もっと経験したの方真剣に思ってしまいました」などお褒めの言葉をいただきました。これを励みに、後半の2年間も頑張ろうと思いました。


男女格差その2

 2017年5月13日(土)

これも毎月勤労統計調査の山梨県の男女別の給与(月額)です。もちろん同一労働ではないので、賃金の違いはありますが、女性は男性の53%の給与しか支給されていないのが現実です。シングルマザーになれば、この現実がその家庭に覆いかぶさってきます。安倍自公政権が「女性が輝く社会」を標榜するならば、この現実に真摯に向き合わなければなりません。


議員全員協議会

 2017年5月12日(金)

昨日は、議員全員協議会が開かれました。定例議会が開かれるときは、議会初日の1週間前にも議員全員協議会が開かれますが、定例議会がない月も、1回は議員全員協議会が開かれます。昨日の議員全員協議会では、議会改革特別委員会の概要について審議が行われました。正式には、6月定例会で決定されますが、約1年半をかけて、特別委員会で、議会改革について審議されることになります。

その他に各課からの説明として、学校教育課から小中学校の設備改修等(トイレ改修、エアコンの設置)の財源の更生についての説明がありました。


男女格差

 2017年5月11日(木)

 

来月は男女共同参画週間があります。上野原市男女共同参画推進委員会では、宣伝行動をしますが、その準備をしています。厚生労働省が行っている毎月勤労統計調査で、山梨県内の労働者(就業者5名以上の事業所)の男女別賃金が出ています。2016年の平均を見てみると、男性36万8654円、女性19万6144円でした。何と女性は男性の53.2%です。雇用形態をみると、パート労働者の比率が断然違います。労働者数の中のパート労働者の割合をみると、男性が15.3%に対して、女性は50.6%です。パート労働者の多さが女性の賃金を引き下げています。


道路の補修

 2017年5月10日(水)

 

ゴールデンウィーク中に松留地内の道路に穴が開いているのを発見しました。国道20号に交差する所で、比較的車の通行量も多いところです。休日明けに、建設課に電話をして、対応をお願いしました。朝電話を入れたのですが、夕方再び通ったら、すでに補修が完了していました。素早く対応していただきました。感謝。


オオキンケイギク

 2017年5月9日(火)

印刷原稿づくりに疲れたので、山仕事をしてきました。道路端の擁壁に絡みついていた蔓の刈り払いをしました。さらにオオキンケイギクの刈り取りを行いました。オオキンケイギクは特定外来生物に指定され、栽培・移動・販売などが禁止されています。今は蕾ですが、一カ月もすると結実し、種を飛ばすので今のうちに刈り取りができれば、それだけ繁殖を抑えることができます。


議会報告会

 2017年5月8日(月)

今週の土曜日に議会報告会を開きます。市議会議員に選ばれてからの2年間の活動について報告をします。


クヌギ

 2017年5月7日(日)

クヌギは里山にみられる代表的な樹木です。切り株から萌芽が出て成長が速いという特徴があります。定期的に伐採が行われるところでは、優占種となりやすい樹種です。薪炭の材料を得るため伐採が行われると、コナラとともにクヌギが増えていきます。クヌギ-コナラ群集といえば、関東地方の雑木林を代表する植生です。ブナ科の植物で実はどんぐりとよばれます。ちょうど今頃花を咲かせますが、雄花序は何本か垂れ下がって小さな花を多数つけます。雄花序の根元に雌花がついていますが、目立ちません。枯葉が冬を越しても残っている場合が多く、同定のしやすい樹です。

上野原でも炭焼きをした歴史が残っているので、クヌギ-コナラ群集が見られる地域がたくさんありますが、他の樹種が侵入して来て変わりつつあります。


国営アルプスあずみの公園

 2017年5月6日(土)

昨日は国営アルプスあずみの公園に行ってきました。あずみの公園は、堀金・穂高地区と大町・松川地区と二つの地域にあります。昨日は堀金・穂高地区に行ってきました。昨年「里山文化ゾーン」が完成し、全園開園となりました。堀金・穂高地区は常念岳に源流を持つ烏川の扇状地に作られています。

さすがにゴールデンウィークで、中央口の駐車場は満車状態が続いていました。「里山文化ゾーン」は、写真の菜の花畑が広がっていましたが、夏にはそばの花が見られるそうです。美しい風景が広がっていますが、地方政治とどのようなつながりがあるのかが気にかかりました。ところが地元の安曇野市議会の議事録の検索がうまく機能していません。キーワード検索は、何度やっても「エラー」が出てしまいます。


上高地

 2017年5月5日(金)

GWの二日間、休みをもらって、安曇野に行ってきました。初日の昨日は、上高地に行ってきました。若いころは、毎年のように上高地を通って、穂高や槍に登っていましたが、体力的な衰えとともに、3000m級の山は縁遠くなりました。最後に穂高岳に登ったのは、2005年10月、57歳の時でした。新しい釜トンネルが完成した時でした。釜トンネルから先は、マイカー規制でタクシーかバスしか通れません。釜トンネルから先に、上高地トンネルができていました。

快晴に恵まれ、河童橋からは穂高連峰がよく見えました。さすがに多くの人が出ていました。河童橋から奥に明神まで足を延ばし、そこから少し進んで白沢を登り、明神峰のよく見えるところまで行ってきました。


憲法記念日

 2017年5月4日(木)

5月3日は憲法記念日でした。憲法が施行されてから70年が経ちました。憲法会議を中心にした実行委員会主催の憲法集会が山梨県弁護士会館で開かれました。東京法律事務所所属の青龍美和子弁護士が、「私たちのくらしと憲法」と題して講演を行いました。~女性や労働者の権利を中心に、日本国憲法を生かすことが今こそ求められていると話されました。その中で安倍自公政権が、憲法と逆行する政治を進めているので、「不断の努力」で、もっと使っていこうと訴えていました。

講演終了後、甲府駅北口よっちゃばれ広場で開かれた「5・3憲法集会in山梨」に合流し、甲府市内をパレードしてきました。


特定外来生物

 2017年5月3日(水)

昨日は、団地から県道に続く道の桜を植栽したところの下草刈りを行いました。一冬越した刈り込み機のエンジンの調子も心配でしたが、一発でかかりました。今日は一区画のみでしたが、主にヌルデの実生の刈り込みが主な目的です。そこら中に、ヌルデが芽生えていました。ウルシ科の植物ですが、陽性植物なので陽が差しこむ明るい場所にはすぐに侵入してきます。ヌルデが育ち、これに蔓が絡むと最悪の藪が生まれます。この道の上の団地にもイノシシが現れています。緩衝地帯に藪ができると、なおさらイノシシが侵入してきます。もう一つ、オオキンケイギク(特定外来生物)も開花前に刈り込んでおきたいので、時間を見つけて仕事をしました。

下草刈りをしていたら、顔見知りの方が散歩をしていて、「皆さんによびかけたらどうですか」と提案してくれました。「ありがたい提案ですが、空いた時間にやっているボランティア活動なので、皆さんによびかけて、自分の都合でキャンセルしたら申し訳ないですから」とちょっと言い訳をしてしまいました。実は、多摩森林科学園連光寺実験林で3年間森の管理の仕事をしていて、下草刈りは経験済みの仕事なのです。5haの管理地のうち、通路の確保をしていました。

近所の方が、犬の散歩をしながら、抜いてきたオオキンケイギクを示して「これは駆除しなければならないんですよね。市にも言ってください」と言われました。さっそく、昨日市の担当課に行って、市のホームページに「特定外来生物」のことを載せたらどうでしょうかと提案してきました。きれいな花だからと思っている市民も多いのが現状です。


メーデー

 2017年5月2日(火)

昨日は、第88回山梨県労農商統一メーデーが開かれました。甲府駅北口よっちゃばれ広場から緑ヶ丘公園までパレードをし、名デー式典が行われました。式典で採択されたスローガンは次のとおりです。

基本スローガン

働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう。

メインスローガン

戦争法廃止、立憲主義、民主主義を取り戻せ! 明文改憲反対、野党と市民の共闘でSTOP!安倍「暴走」政治、土木優先から県民優先の県政への転換を

なくせ貧困と格差。大幅賃上げ・底上げで景気回復、地域活性化。いますぐどこでも最賃1000円に。全国一律最賃性の実現。安倍「雇用改革」反対、壊すな「8時間労働」、働くルールの確立

年金・医療・介護など社会保障制度の拡充。安倍「教育再生」反対。子どもたちに、人間として尊重され幸せに暮らせる社会の実現。消費税10%増税の中止。食の安全を守り安心して暮らせる農業経営を。被災者が希望の持てる復興。原発の再稼働反対。原発ゼロの日本。

特定秘密保護法の廃止と共謀罪新設反対。辺野古新基地建設反対。オスプレイ配備・訓練反対。核兵器全面禁止条約の実現。北富士演習場の全面返還・平和利用の実現。自然や環境破壊・税金の無駄遣い「無謀なリニア建設」はやめろ!


高校演劇部

 2017年5月1日(月)

昨日は、八王子東高校の演劇部の同窓会があり、20数名の卒業生が集まりました。アラフォーの卒業生ですが、当時の私の年齢を超えています。それぞれが仕事を持ち、一線で活躍している人たちです。八王子東高校は、30代を過ごしましたが、さまざまな挑戦をさせてくれた学校です。部活の顧問だけでも、サッカー部、陸上部、卓球部、女子バレーボール部、演劇部と渡り歩きました。演劇部は、文化部系ですが、練習の内容からすれば、体育会系といってもいいほどハードでした。私は、第3顧問のような形で潜り込んでいましたが、体育会系の顧問を引き受けながら、無理やり演劇部の顧問をしていました。今、八王子東高校では、演劇部は同好会に降格しているようです。