Before URIAH HEEP
SPICE
"What About The Music / In Love"

04/11/15 Updated


SPICE "What About The Music / In Love" (7", United Artists UP2246, UK) 1968/11/29

Side:A What About The Music (Brian/Boggess) 2:54
Mick Box
(guitars), David Byron (vocals), Alf (bass), Nigel Pegrum (drums)

Side:B In Love (Garrick/Box) 3:17
Mick Box
(guitars), David Byron (vocals), Paul Newton (bass), Nigel Pegrum (drums)

Produced by Ray Horricks

A面の "What About The Music" はカバー曲。Mick Box のギターのディストレーションから始まるありがちなロカビリー曲。すでに独自の歌唱を聴かせる David Byron は素晴らしい。その背後で裏声でバッキング・ボーカルを担当しているのは、Mickか? Alfか? それとも Davidの多重録音か? キーボードも聴くことが出来るが、セッション・ブレイヤーのRoy Sharlandか? ホーン・セクションも入っており、もしかしたらスタジオ・オーケストラとレコーディングしたのかもしれない。

B面の "In Love" は Davidの伸びのあるボーカルが聴ける佳作。A面同様(たぶん)セッション・プレイヤーによるシンセの効果音がシュポーンと導入されているが、オーケストラはなく4人組のSPICEによる生々しいサウンドだ。すでに HEEPのトレードマークとなるコーラスも大々的に取り入れており、興味深い曲に仕上がっている。


V.A. 『THE RUBBLE COLLECTION 10』 (CD, Bam-Caruso RUBBLE CD10, UK) 1986

16. In Love / SPICE

"In Love" をCDに(たぶん)初収録したサンプラー盤。
20曲目に Nigel Olssonが参加した ARGOSY の曲 "Imagine" も収録。

 

 

 


V.A. 『RUBBLE 17 - A TRIP IN A PAINTED WORLD』 (LP, Bam-Caruso, KIRI 099, UK) 1991

Side:B
6. In Love / SPICE

*再発盤 (CD, Past & Present PAPRL 017)

 

 

 


URIAH HEEP 『A TIME OF REVELATION』 (4CD Box-Set, Essential ESF CD 298, UK) 1996/04

URIAH HEEPの結成25周年を記念してリリースされた4枚組のボックス・セット。1995年に Mike Brown と Robert M.Corich の手によって Remasteredされた。未発表曲・ヴァージョン違いも沢山収録。

Disc 1
1. In Love (Box/Garrick) 3:17
2. What About The Music (Brian/Boggess) 2:54

デビュー・シングルの両面を収録。

3. Born In A Trunk (Demo) (Box/Byron) 3:45
Mick Box
(guitars), David Byron (vocals), Paul Newton (bass), Alex Napier (drums)

SPICEとして 『Very 'Eavy. 'Very, Umble』の録音をしていた時期の曲。ここで聴ける "Born In A Trunk" は 『THE LANSDOWNE TAPES』 収録の物より若干テンポが早いような気がするが、ラニングタイムはほぼ同じ(気のせいか...汗)

 

 


Before URIAH HEEP

HOME