URIAH HEEP 1994-2003
URIAH HEEP
『ACOUSTICALLY DRIVEN』

04/03/06 Updated


URIAH HEEP 『ACOUSTICALLY DRIVEN』 (CD, CRL0676, UK) 2001/03

1. Introduction 0:47
2. Why Did You Go (Box/Kerslake/Byron/Hensley) 4:00
3. The Easy Road (Hensley) 2:42
4. Echoes In The Dark (Hensley) 4:44
5. Come Back To Me (Kerslake/Hensley) 4:40
6. Cross That Line (Box/Lanzon) 5:57
7. The Golden Palace (Box/Lanzon) 8:17
8. Shadows And The Wind (Hensley) 4:31
9. Wonderworld (Hensley) 4:33
10. Different World (Box/Lanzon) 5:04
11. Circus (Box/Kerslake/Thain) 4:21
12. Blind Eye (Hensley) 3:37
13. Traveller In Time (Box/Kers;ake/Byron) 2:51
14. More Fool You (Box/Lanzon) 3:30
15. Lady In Black (Hensley) 6:15
16. Medley (The Wizard/Paradise/Circle Of Hands) (Hensley except for 'The Wizard' (Hensley/Clarke)) 9:25

Produced by Pip Williams
Recorded live at the Mermaid Theatre, London On Saturday 9th December 2000

Member are ; Mick Box (guitar, vocals), Lee Kerslake (drums, vocals), Trevor Bolder (bass guitar, vocals), Phil Lanzon (keyboards, vocals), Bernie Shaw (lead vocals)

The Uriah Heep Classic Rock Music Ensemble
Liz Chi Yen Liew (first violin), Sarah Chi Liew (second violin), Saskia Tomkins (viola), Pauline Kirke (cello), String Arrangements by Pip Williams and Phil Lanzon,
Stefan Hannigan (uillean Pipes and percussion), Melvin Duffy (pedal steel and slide guitar), Kim Chandler (flautist on "The Easy Road", "Golden Palace" and "More Fool You"), Pip Williams (additional acoustic guitar on "Lady In Black")

Backing Vocalists - Emma Robbins, Kim Chandler, Billie Godfrey

Special Guest : Ian Anderson (flaut on "Circus" and "Blind Eye")

2000年12月9日に ロンドンの Mermaid Theatre公演で行なわれた HEEPのアンプラグド公演。HEEPのクラシック曲を管楽器やコーラス隊を加えてアンプラグドでやっている。この日のライヴは事前に演奏曲名を告知しており、充分なリハーサルをかねて演奏されたライヴも完成度が高く、セットリストが総べて収録されているのが嬉しい。HEEP本隊は Mick Boxがアコースティック・ギター、Trevor Bolderがアコースティック・ベースという以外、Lee Kerslakeと Phil Lanzonはいつものドラムとキーボードであるため、アンプラグドとは言っても極めてロックである。Trevorはこのライヴのため初めてアコースティック・ベースを弾いた(弾かされた?)。

セットリスト17曲(メドレー内の各曲も含む)の中で初めてステージで演奏された曲が9曲もあり、往年のファンも充分楽しめる内容である。初ステージ披露曲は、"Why Did You Go", "Echoes In The Dark", "Come Back To Me", "Cross That Line", "The Golden Place", "Shadows And The Wind", "Circus", "Blind Eye", "Paradise"の9曲である。ゲストとして JETHRO TULL の Ian Anderson が "Circus" と "Blind Eye" の2曲でフルートを吹き、イベントを更に盛り上げている。また特に9人の管楽器&コーラス隊の活躍が素晴らしく、"Echoes In The Dark"での Melvin Duffyのスライド・ギター、"The Golden Place"での Kim Chandlerのフルート(彼女はコーラスにフルートと大活躍)、"Circle Of Hands"での Stefan Hanniganのパイプ、ヴァィオリンのお姉ちゃん達(特にメガネのお姉ちゃん)など、演奏に携わった総ての人たちが脇役ではなく時に見せ場もある主役の1人として編成されている面が実に高印象に残る。名ライヴである!

ちなみに、Melvin Duffyはペダル・スチール・ギター奏者として名を馳せている人物で、Roger Chapman, Robbie Williams, Chris Jagger, Seafood, Treehouse, Cathy Dennisといったアーチストのアルバムにも参加している。Stefan Hannigenはパイプ、パーカッションで、EKO, Depeche Mode, Oysterband, Al-Pha X, Jill Rogoffなどのアルバムにも参加。Billie Godfreyはセッション・ヴォーカリストとして Heaven 17, Honeyroot, Paul Kerry, Mr.Hermanoなどのアルバムにも参加。

なお、ネットオーダー分は限定特殊ケース入りで、メンバーのサイン入りブックレットが封入された。


URIAH HEEP 『ACOUSTICALLY DRIVEN』 (DVD, CRL 0675, UK) 2001/03

<Acoustically Driven>
1. Introduction
2. Echoes In The Dark (Hensley)
3. Why Did You Go (Box/Kerslake/Byron/Hensley)
4. The Easy Road (Hensley)
5. Cone Back To Me (Kerslake/Hensley)
6. Cross That Line (Box/Lanzon)
7. The Golden Palace (Box/Lanzon)
8. Shadows And The Wind (Hensley)
9. Wonderworld (Hensley)
10. Different World (Box/Lanzon)
11. Circus (Box/Kerslake/Thain)
12. Blind Eye (Hensley)
13. Traveller In Time (Box/Kers;ake/Byron)
14. More Fool You (Box/Lanzon)
15. Lady In Black (Hensley)
16. Medley (The Wizard/Paradise/Circle Of Hands) (Hensley except for 'The Wizard' (Hensley/Clarke))

このライヴの全容を知るにはDVDを見ることが一番良い。どの管楽器奏者がどの場面でどういう見せ場があるかを堪能することができる。上記CDのレビューと重複するので詳細は割愛するが、映像で見ると Bernie Shawがずっと椅子に座りながら歌う様が少し窮屈そうに感じる(笑) 実際には3曲目に演奏された "Echoes In The Dark"が編集でオープニングに収録されているが、これは致し方ないだろう。

<Extra Features>
・ Press Release
..."Acoustically Driven"プロジェクトについてメンバーの会見を映像と共にダイジェストで紹介。使用されたライヴ映像は、Echoes In The Dark, The Easy Road, Circus, Blind Eye, More Fool You, Different World,
Why Did You Go, Cross That Line, Come Back To Me, The Golden Palace, Lady In Black, Circle Of Handsの順である。Ian AndersonとPip Williamsの会見も見れる。

・ Interviews ..."Acoustically Driven"についてどう思うか、アンプラグド用に曲をアレンジすることについて、セットリストの中のフェイバリットソング、など4つの質問にメンバーが答える映像。

・ Circus - Rebirth ... "Circus"をやることになった経緯について、Bernie Shawが説明。2000年11月15日 Phil's kitchen、2000年11月17日〜28日 Terminal Studios (with Pip Williams)、2000年12月8日 Mermaid Theatre soundcheck (with Ian Anderson)、2000年12月9日 Acoustically Driven、といったリハーサル映像(&本番)が見れる。

・ The Heep Store ...マーチャンダイスの紹介

なお、ネットオーダー分は限定特殊ケース入りで、メンバーのサイン入りブックレットが封入された。 ビデオ (CRL0674) にはボーナス映像類の収録なし。


URIAH HEEP 『TWO SIDES OF URIAH HEEP』 (2CD, CRL0675+CRL0715, UK) 2001/09/10

『ACOUSTICALLY DRIVEN』 と 『ELECTRICALLY DRIVEN』 の2CDセット。『ACOUSTICALLY DRIVEN』 のリリースから6ヶ月、『ELECTRICALLY DRIVEN』のリリースから4ヶ月も経たないのに、こういうものをリリースするのはどうかな...

 

 

 

 

 


URIAH HEEP 『ACOUSTICALLY DRIVEN (Special Edition CD/DVD 2 Disc Set)』 (CD/DVD, CRP0992, UK) 2002/07

『ACOUSTICALLY DRIVEN』 の CDとDVDのセット。やっぱり出しましたね、という感じで...

 

 

 

 

 

 


URIAH HEEP 『THREE SIDES OF HEEP』 (3DVD, ECRL3004, UK) 2003/11

『THE MAGICIAN'S BIRTHDAY PARTY』、『ACOUSTICALLY DRIVEN』、『SAILING THE SEA OF LIGHT』 の3DVDセット。ここまでくると大安売り状態で言葉を失う...

 

 

 

 

 

 

 

 


Single variation from "Acoustically Driven" sessions
- UNDER CONSTRUCTION -
更に深みに(笑) → (工事中)


URIAH HEEP 1994-2003

HOME