KEITH BAKER

BAKERLOO
『BAKERLOO』

12/02/20 Updated


BAKERLOO 『BAKERLOO』 (LP, Harvest SHVL762, UK) 1969/12

Side:A
1. Big Bear Ffolly (Clempson/Poole) 4:00
2. Bring It On Home (Dixon) 4:20 *
3. Drivin' Bachwards (Bach, arranged Clempson/Poole) 2:06
4. Last Blues (Clempson/Poole) 7:05 **
5. Gang Bang (Clempson/Poole/Baker) 6:21

Side:B
1. This Worried Feeling (Clempson/Poole) 7:05 *
2. Son Of Moonshine (Clempson/Poole) 15:00 **

Produced by Gus Dudgeon
Recorded at Trident Studios (1969/02?)

Members are ; Dave 'Clem' Clempson (vocal on *, guitar, slide guitar on "Bring It On Home", piano, harpsichord and harmonica), Terry Poole (vocal on **, bass guitar), Keith Baker (drums), Jerry Salisbury (trumpet on "Drivin' Backwards"

このアルバムで聴かれる音楽はジャジーなブルース・ロックである。*Clem Clempson がヴォーカルをとった曲、**Terry Poole がヴォーカルであるが、何といってもこのアルバムでは Clemがギター、ピアノ、ハーモニカなど大活躍である。また、7曲中3曲がインストゥルメンタル・チューンであり、特に "Drivin' Backwards" はバッハの曲をジャジーに演奏するなど好奇心旺盛である。この曲には Jerry Salisbury というトランペッターが加わっており、後の URIAH HEEP のアルバム・タイトルとの関連性について言及したくなってしまう(笑) "Gang Bang"Keith Baker のドラム・ソロが聴ける。万人向けのアルバムではないが、良質のブルース・ロックが聴ける好盤である。


BAKERLOO 『BAKERLOO』 (CD, Reportoire REP 4358-WP, Germany) 1993
ベイカールー 『ベイカールー』 (CD, MSI, Japan)

1993年に Repertoire Records よりCD化。日本では MSI が Reportoire盤CDそのものに 帯と解説をつけてリリース。

 

 

 

 

 


Various Artists 『PUT TIMES VOLUME.2』 (CD)

"Big Bear Ffolly" の5秒短いヴァージョンが聴ける(笑)

 


BAKERLOO 『BAKERLOO』 (CD, Reportoire REP 4870) 2000

Bonus Tracks
8. Once Upon A Time (Clempson/Poole) 3:37
9. This Worried Feeling (Alternate Take) (Clempson/Poole) 5:45

2000年に Repertoireより再発された Digi-Pack CD。ジャケの色がクッキリとした色合いになっており、とても輝かしい。オリジナル盤とは「bakerloo」のロゴの位置も違う。
内容的には音質が若干向上しており、かつボートラを2曲収録。"Once Upon A Time"は"Drivin' Bachwards"シングルB面に収録されていたアルバム未発表曲で、やっぱりブルースだ。"This Worried Feeling (Alternate Take)"はエディットされている別テイク。

 

 


[7"Single]
"Drivin' Bachwards / Once Upon A Time *" (7", Harvest HAR 5004, UK) 1969/07


HOME