大久保氏
大久保氏は、粟田関白藤原道兼五代の後胤、下野国住人宇都宮左衛門尉朝綱の後裔と伝わる
朝綱九代の孫泰藤は、新田義貞に従っていたが 義貞戦死ののち越前を落ち 三河に移り住んだ。泰藤の孫泰道の代に姓を宇津と改め、その孫昌忠以来松平氏に仕えた。
のち忠俊(忠世の叔父)の代に 大久保姓に改姓した。 忠俊の弟 忠員(忠世の父)も松平清康・広忠に仕え戦功多く、兄に代わり一門の棟梁となった。
その子忠世は小田原四万五千石城主、次子忠佐は沼津二万石城主、八男忠教は彦左衛門の名で知られ、旗奉行一千石であった。
matudaira039012.jpg
matudaira039011.jpg
上和田城跡(岡崎市上和田町字南屋敷)
泰昌・昌忠親子が松平信光に仕えて以来、大久保党は特に五つの大功を挙げている。

 @忠茂−松平清康と敵対していた岡崎の松平昌安を討つべく山中城奇襲   を提言実行。昌安は山中落城後、岡崎を開き娘波留を清康に嫁し講和   に応じている。

 A忠俊−守山崩れの後、松平信定の反逆で岡崎を追われた広忠を松平信   孝とはかり帰還させた

 B三河一向一揆の折り、一族挙げて松平氏を支援。

 C忠世−信濃・甲斐攻略に功労

 D忠隣−関白秀次の謀反から秀忠を救い、のち二代将軍に推挙。


  岡崎刈谷線沿いの南屋敷説教所に大久保一族発祥地碑が建つ。


   
上和田城は大久保党を構成する人々がそれぞれ持つ屋敷の集合体。
永禄六年(1563)の三河一向一揆では忠俊の屋敷に木戸・櫓を設け砦に改造し奮戦した。
大久保忠世
大久保忠佐
大久保忠隣
大久保忠教
天文元年(1532)大久保忠員の嫡男として誕生。松平広忠の渡理合戦の初陣以来姉川、三方ヶ原と戦功多く、特に長篠合戦では、弟忠佐とともに奮戦信長も戦ぶりを賞賛したと言う。本能寺の変後、甲信二カ国を領有した家康は、忠世を信州奉行に任命し、経営を任せた。家康関東移封後は、小田原四万五千石を得たが入部後、僅か四年で死去。六十三歳
天文二十二年(1253)生まれ。忠世の嫡子。僅か十一歳で家康の近習となり、一向一揆戦以来掛川攻め、姉川・三方ヶ原・長篠・長久手に従軍。関東移封に際しては、武蔵羽生二万石を賜った。小田原六万五千石襲封し、二代将軍秀忠擁立後その老中として人望を集めたが、家康付の本多正信と対立、推挙した大久保長安の不正事件で家康の不興をかい改易。近江国内五千石となった。
忠世の弟。 多くの合戦に従軍、対武田戦、長久手合戦などで功を挙げ、関東移封では上総茂原五千石を賜る。関が原時は、秀忠軍に参加 慶長六年沼津二万石を得るが嗣子なく除封となる。
忠世の異母弟。通称彦左衛門。兄忠世に従い歴戦。甥忠隣の所領より二千石を知行するが、忠隣改易後三河国内に一千石を領した。家康・秀忠・家光の三代に仕え、『三河物語』を著し旗本の不遇を訴えた。
大久保家は忠隣の代に一時除封となるが、のち曾孫忠朝の時、小田原十万三千石に加増復帰して明治に至っている。写真左上が小田原城復興天守。(神奈川県小田原市城内)

写真中央上は、荻野山中藩一万三千石陣屋跡。小田原藩の支藩として大久保教寛の代に立藩された。(神奈川県厚木市中荻野)

写真右上は忠世の弟(忠員の六男)忠為の子孫が諸侯に列した下野烏山城跡(三万石)。山中、山麓に石垣、空堀、郭跡が残っている。(栃木県那須郡烏山町烏山) いづれの藩も明治まで続いている。
小田原藩大久保本家
荻野山中藩大久保家
烏山藩大久保家
matudaira039010.jpg
大久保家を再興した忠朝は、将軍家綱から屋敷地を賜り 回遊式泉水庭園 楽壽園を築いた。 現在の旧芝離宮恩賜庭園。
 (港区海岸1)
<大久保家の再興>
大久保氏は忠隣改易の際、嫡子忠常はすでに他界し、嫡孫仙丸(忠常の長男 後の忠職)は武蔵国騎西にいたが、幼少との理由で相続していた領地の没収は免れ 蟄居となった。
寛永二年(1625)に赦免となり 美濃加納五万石に転進され、家名再興となった。以後播磨明石を経て、肥前唐津七万石さらに加増を得て、八万三千石となる。
忠職没後は 忠隣三子教隆の二子 忠朝が継ぎ延宝五年(1677)には老中に就任、下総佐倉九万三千石、さらに一万石の加増があり宿願の封地 小田原に復帰した。
忠増―忠方―忠興―忠由―忠顕―忠真と続くが、忠真は名君の名が高く 藩校集成館を創設し人材登用に努め
、自身も奏者番―大坂城代―京都所司代―老中にまで上った。
また藩財政改革に二宮金次郎(尊徳)を抜擢するが 門閥家臣の反対を考慮し、一族宇津家の下野桜町領の復興を命じてこれを成功させ 本領の改革にあたらせようとしたが天保八年(1837)に没してしまった。    
忠真のあとは、忠愨―忠礼―忠良で廃藩置県となった。
matudaira039009.jpg
matudaira039008.jpg
近年復元整備された小田原城
銅御門と水堀→
matudaira002001.gif
haru0007.gif
haru0009.gif
haru0008.gif
matudaira039007.jpg
matudaira039006.jpg
武茂城跡(栃木県馬頭町馬頭字馬場東)
正応年間(1288〜93)宇都宮宗円七代の裔、左衛門尉景綱の
三子泰宗が、築城。
武茂泰宗−時景−泰藤と続き 泰藤が南朝に属し、新田義貞に
従い転戦、三河上和田に移り住んだのが、大久保氏の祖である。
武茂城には、現在土塁・堀切・曲輪が残る。 城跡の一角には、
静神社が鎮座されている。
matudaira039005.jpg
松平(徳川)家臣団の城館
matudaira039004.jpg
羽根城跡(愛知県岡崎市羽根町字西ノ郷)
長福寺(愛知県岡崎市竜泉寺町)
のちに宗家となる大久保忠員・忠世が居住。大久保氏の本拠は上和田だが松平広忠の代に叔父信孝が大久保領を奪い、松平忠倫が上和田にあって織田氏に通じたため大久保氏は羽根に移ったといわれる。羽根城は東西にあり東ノ郷にもあった。
写真の稲荷神社は元屋敷内に祭られていたものと推察。
屋敷跡はこのあたりと思われる。
尻尾の長福寺。大久保氏の家祖宇津忠茂、大久保彦左衛門、大久保忠俊・忠員兄弟の墓などがある大久保氏菩提寺。
matudaira039003.jpg
matudaira039002.jpg
←羽生城跡(埼玉県羽生市東)
家康関東入封に伴い大久保忠隣は羽生二万石を与えられた。
中世上杉氏−後北条氏係争の城。
現在、天神社に城跡碑が建つ。
私市城跡(埼玉県北埼玉郡騎西町)→

家康関東入封後松平康重が領有。
1601年に大久保忠隣の嫡男忠常が二万石で入封。若死した忠常の遺領を八歳の忠職が継承した。
小田原本領忠隣改易により忠職は、赦免まで私市で蟄居していた。 
matudaira039001.jpg