渡辺彰吾(わたなべしょうご) - Shogo Watanabe website

  • 渡辺彰吾twitter
  • 渡辺彰吾Facebook
  • 渡辺彰吾Instagram
 

略歴 - Profile

Shogo Watanabe

1979born in Ibaraki prefecture
2002Bachelor of Science in Architecture, Department of Engineering, Kanagawa University

From 1998 to 2004 Participated in a number of private exhibitions, group exhibitions and art events.
2008 resumed producing and exhibiting flat artworks with acrylic and oil paint etc.

Solo exhibition

2013"Red Horn" at Fukagawa bansho gallery (Tokyo)

Group exhibitions, and competitions

2013"Amacyan exhibitions" at Shinjuku Ganka Gallery (Tokyo)
2013"GEISAI#19"(Tokyo)
2013"Transeffusion 02" at Shinjuku Ganka Gallery (Tokyo)
2012"The first Liquitex Art Prize" at Laforet Roppongi (Tokyo)
2012"GEISAI#17"(Tokyo)
2011"Tokyo Wonder Wall 2011" at Museum of Contemporary Art Tokyo (Tokyo)
2010"GEISAI#14"(Tokyo)
2009"'The winningwork exhibition, the 12th Liquitex Biennial ' Spiral" (Tokyo)
2009"The Winningwork exhibition, The 5th Sekai Painting Grand Prize Exhibition " at Sekaido (Tokyo)
2009"The winningwork exhibition, The first Turner Golden Competition" at the 0 Art Museum, (Tokyo)
2008"The 23th National Culture Festival, Ibaraki 2008" at Museum of Modern Art, Ibaraki (Ibaraki)

Statement

My art motive is to create the form emphasizing a childish body. I mainly make flat works mixing different materials such as oil paint, acrylic paint, wall paint, color pencils, ink, adhesive tapes and beads. Moreover, the media of my expression ranges from three-dimentionals such as stuffed doll and clay to the reproductive media "product".
All my works thoroughly render the theme of the motive's permanent repetition and impulsive transformation. They generate the wide variations of the characters which represent emotions, impressions and pieces of daily memories. And they depict their portraits on the canvases covered with "noises" by heavy brushstrokes.

渡辺彰吾 (わたなべしょうご)

1979茨城県水戸市生まれ
1998茨城高校卒業
2002神奈川大学工学部建築学科卒業
茨城県水戸市在住

1998年から2004年にかけて
個展・グループ展・イベント参加多数。
2008年からアクリル・油彩などによる平面作品の制作・発表を再開。

個展

2013「赤いツノ」 (深川番所ギャラリー/東京)
2010「渡辺彰吾展」 (ギャラリー・ダイニングバーbuca(ブーカ)/東京)
2009「渡辺彰吾絵画展」 (ギャラリー 誉りみち(よりみち)/水戸)

主なグループ展・公募展

2013おらたち、あまちゃんが止まらねぇ!!展 (新宿眼科画廊/東京)
2013GEISAI#19 (浅草産業貿易センター/東京)
2013トランスエフュージョン02 (新宿眼科画廊/東京)
2013スナックJIKKA (実家 Jikka/東京)
2012第1回リキテックス・アートプライズ (ラフォーレ六本木/東京)
2012GEISAI#17 (浅草産業貿易センター/東京)
2011エカキノテガキ/3人展 (Minerva(ミネルバ)/水戸)
2011トーキョーワンダーウォール2011入選作品展 (東京都現代美術館/東京)
2011第6回 1_WALL グラフィック部門 入選
2011ART & PHOTO EXHIBITION 2011 (新宿眼科画廊/東京)
2011animal展 (上野/ギャラリー空)
2010第4回 1_WALL グラフィック部門 入選
2010ART & PHOTO EXHIBITION 2010 (新宿眼科画廊/東京)
2010GEISAI#14 (東京ビックサイト/東京)
2009第12回リキテックス・ビエンナーレ入選作品展 (スパイラルガーデン/東京)
2009第1回ターナーゴールデンコンペティション入選作品展 (O美術館/東京)
2009第5回世界絵画大賞展入選作品展 (世界堂/東京)
2008国民文化祭2008 洋画部門 市教育長賞 (茨城県立近代美術館/茨城)

他、アートイベントの参加多数。Tシャツ、トートバッグ、プロダクト製品の販売。CDジャケットのアートワークなど。

ステイトメント

幼児体形を強調した子供のような造形をモチーフとして、油絵具やアクリル絵具、ペンキ、色鉛筆、インク、テープ、ビーズなど、異なる素材の混成による平面作品を主に、ぬいぐるみや粘土による立体作品からプロダクトなどの複製メディアまで表現の媒体としています。
いずれの作品も一貫して繰り返されるモチーフの執拗な反復と衝動的な変容をテーマとし、感情や印象、日々の記憶の断片を担うキャラクターの様々なバリエーションを生成し、筆跡によってノイズに満ちた画面の上に彼らのポートレートを描き出しています。

作品ページへ
スマホ向け表示