トップページへ

目次

<文法解説集>

§5 関係詞




(1) 制限的用法:原則として、後の文から前の名詞(先行詞)へと訳し上げ、「〜する名詞」、「〜である名詞」を意味する。先行詞が人の場合は who か that(who が普通)、事物の場合は which か that を使う。先行詞に the only(「唯一の」)、the very(「まさにその」)、the same(「同じ」)が付いている場合や、everything(「全てのもの」)、anything(「どんなものも」)、nothing(「何もない」)、または all や no が先行詞に付いている場合は which よりも that を使うことが多い。

(a) 関係代名詞の主格:関係詞が主語か補語になっている場合。主語の関係代名詞は原則として省略できない。省略できるのは、主節か関係詞の節に there is がある場合か主節が it is C の場合のみ。補語の場合は省略できる。補語の場合、先行詞が人間の地位・職業・性質などを表す名詞であれば、which か that を使い、who は使わない。
1) This is the boy who got the first prize.(この子が一等賞をとった少年です)
2) The river which flows through London is called the Thames.(ロンドンを流れる川はテムズと呼ばれている)
3) Man is the only creature that is gifted with speech.(人間は、話すという才能に恵まれた唯一の生き物である)
4) There is a man at the door (who) wants to see you.(あなたに会いたがっている人がドアのところにいます)(前に there is がある場合)
5) She taught me the difference (that) there is between what is right and what is wrong.(彼女は、正しいことと間違っていることの相違を私に教えてくれた)(後に there is がある場合)
6) It isn't everybody (who) can do that.(誰でもそれをすることができるとは限らない)(前に it is C がある場合。これは強調構文である)
7) Tom is not the man (that or which) he was.(Tom は以前の Tom ではない)(補語の場合。the man は人の性質を表す)

(b) 関係代名詞の目的格:関係詞が目的語になっている場合。whom の代わりに who が使われることが多い。目的格の関係代名詞は省略することができる(「前置詞+関係代名詞」の場合と、非制限的用法の場合を除く)。
8) The girl whom (or who) you met the other day is my sister.(先日あなたが会った少女が私の妹(姉)です)
9) The book which I read yesterday was very instructive.(私が昨日読んだ本は非常にためになった)
10) This is the very thing that I want.(これは、わたしがまさに欲しいものです)
11) The book (that or which) I was reading yesterday was a detective story.(私が昨日読んでいた本は推理小説です)

(c) 関係代名詞の所有格:人にも事物にも whose を使う。先行詞と whose の後の名詞に「先行詞名詞」という意味関係がある。先行詞が事物の場合、of which が使われることがあり、“whose 名詞 = the 名詞 of which”という語順になる(of which の前の名詞には原則として the が付く)。
12) I brought up a boy whose parents were dead.(両親を亡くした少年を私は育てた)(「少年の両親」という関係があることに注意)
13) We saw a high mountain whose top was covered with snow. (= We saw a high mountain the top of which was covered with snow.)(私たちには、頂上が雪で覆われた高い山が見えた)(「山の頂上」)
14) He sang a song whose title I didn't know. (= He sang a song the title of which I didn't know.(彼は、わたしに題名が分からない歌を歌った)(「歌の題名」)

(d) 前置詞の目的語となる関係代名詞:前置詞が直前にあるときは“前置詞 who”は不可で、必ず“前置詞 whom”。また、“前置詞 that”は不可で、必ず“前置詞 which”を使う。直前に前置詞がある場合、関係代名詞の省略はできない。なお、前置詞は文末に置くこともできる(こちらの方が口語的。この場合は関係代名詞の省略可能)。
15) This is the house of which I spoke. (= This is the house (which or that) I spoke of.)(これが、私が話題にしていた家です)
16) The lady to whom he is speaking is my aunt. (= The lady (whom or who) he is speaking to is my aunt.)(彼が話している相手の女性は、私の叔母です)
17) I need something with which I can write. (= I need something (that or which) I can write with. = I need something with which to write. = I need something to write with.)(私には何か書く道具が必要だ)(→§3(8)同意表現集(37)

(e) 関係副詞:関係詞が副詞として働いている場合。場所を表す場合は where、時を表す場合は when、理由を表す場合は why を使う。“where = 場所を表す前置詞+which”、“when = 時を表す前置詞+which”、“why = for which”という関係がある。関係副詞は省略することができる。
18) That is the house (where) he lives. (= That is the house in which he lives. = That is the house (which or that) he lives in.)(それは彼が住んでいる家です)
19) That is the day (when) people feel blue. (= That is the day (on which) people feel blue.)(それは、人々が憂鬱な気分になる日だ)
20) That is the reason (why) he was late. (= That is the reason (for which) he was late.)(それが、彼が遅刻した理由です)


(2) 非制限的用法(継続的用法):関係詞の前にコンマがある場合。原則として前から訳し下ろし、「〜するのだが…する」、「〜するが、しかし…」、「〜だから…」といった意味内容になる。先行詞が固有名詞や my mother, my father など一人(一つ)しかいない(ない)ものである場合、原則として関係詞の前にコンマを打つ。
1) I met John, who told me the news.(= I met John, and he told me the news.)(私はジョンに会ったんだが、彼が私にそのニュースを教えてくれた)
2) I met George, who said nothing about it. (= I met George, but he said nothing about it.)(私はジョージに会ったが、彼はそれについては何も言わなかった。)
3) I like my aunt, who always gives me some money. (= I like my aunt, for she always gives me some money.)(私は叔母が好きだ。というのも彼女はいつもいくらかのお金をくれるから)
4) I entered the movie theater, where I met my teacher. (= I entered the movie theater, and there I met my teacher.)(私は映画館へ入った。すると、そこで先生に出会った)
5) I was about to go out, when he called on me. (= I was about to go out, and then he called on me.)(私がまさに出かけようとしていたとき、彼が私を訪ねてきた)
6) I gave him a warning, to which he turned a deaf ear. (= I gave him a warning, but he turned a deaf ear to it.)(私は彼に警告したが、彼はそれに耳を貸さなかった)
7) He had three sons, who became painters.(彼には3人の息子がいたが、みんな画家になった)
(cf. He had three sons who became painters.) (彼には画家になった息子が3人いた)


(3) 特殊な用法

(a)前文の内容を受ける which:前にある句や節や文全体を受ける場合。必ず、非制限的用法でコンマが前にあり、「〜であるが、それは(それが、それを)…」といった意味内容を表す。
1) I tried to solve the problem, which I found to be impossible.(私はその問題を解こうとしたが、それは不可能だとわかった)(which は「その問題を解くこと」を受けており、find O to be C の O)
2) If he went out after dinner, which happened rarely, he was always back at ten.(めったにないことなのだが、彼が食事の後出かけた場合、いつも10時には戻ってきた)(which は「彼が食事の後出かけること」を受け、happened の主語)

(b) 関係形容詞の which:which が名詞を修飾し、“which 名詞”で「その〜」を意味する。これは非制限的用法で使われ、前にコンマがある。また、“先行詞 = which 名詞”の関係が成り立つ。
3) He received a letter in English, which language he couldn't understand.(彼は英語の手紙を受け取ったが、その言葉を彼は理解できなかった)(English = which language)
4) I was told to go not by train but by bus, which advice I followed.(私は、列車ではなくバスで行くように言われ、その忠告に従った)(「列車ではなくバスで行くこと」=「その忠告」)

(c) 疑似関係代名詞 as, than, but:先行詞に such, as, the same などが含まれている場合、関係代名詞は as を使い、「〜するような…」という意味内容を持つ(ただし、the same の場合は that や which も可)。また、as は主節の内容全体を受ける用法があり、「〜であるのだが、〜であるように」という意味を持つ。先行詞に比較級が含まれており、「〜より…な…」という場合、関係代名詞は than を使う。先行詞が no 名詞 であり、「〜しない…はない」という二重否定の意味になる場合、古い英語では but が関係代名詞として使われた。
5) He is as honest a man as ever lived. (= He is as honest as any man that ever lived.)
(彼は、古来まれなほど正直な人だ)(as 形容詞 a 名詞 as ever lived = 古来まれなほど…な名詞)
6) Let us discuss such things as we can talk of freely.(自由に話せるようなことについて話し合いましょう)
7) I want the same wine as (or that, which) I drank yesterday.(昨日飲んだのと同じワインがほしい)
8) He has more money than he needs.(彼は必要以上のお金を持っている)
9) He has more money than is necessary.(彼は必要以上のお金を持っている)
10) There is no rule but has some exceptions. (= There is no rule without some exceptions.)(例外のない規則はない)

(d) 複合関係詞:what と 疑問詞-ever。what は先行詞と関係代名詞の働きを兼ねた関係詞であり、その2つの名詞の働きをする。意味は「〜すること、〜するもの」。whatever, whichever, whoever も what と同様2つの名詞の働きをし、whatever =「〜するどんなものも、〜する全てのもの」、whichever =「〜するどちらも・どんなものも」、whoever =「〜する人は誰でも、〜する全ての人」。さらに what, whatever, whichever は関係形容詞としも使われ、“what 名詞 〜 = whatever 名詞 〜”=「〜するどんな名詞も、〜する名詞全て」、“whichever 名詞 〜”=「〜するどちらの名詞も・どの名詞も」。関係形容詞の場合は、“関係形容詞+名詞”全体が2つの名詞の働きをすると考える。さらに関係副詞として、wherever と whenever があり、wherever は場所・方向を表す2つの副詞の働きをし、whenever は時を表す2つの副詞の働きをする。wherever =「〜するどこにでも、〜するどこへでも」、whenever =「するときいつも」。
11) I will give him what I have. (= I will give him the thing(s) that I have.)(私が持っているものを彼にあげる)(what は“give O1 O2”の O2 と“I have O”の O の働きを兼ねる)
12) I will give him whatever I have. (= I will give him anything that I have.)(私が持っているものを全て彼にあげる)(whatever は 11) の what と同じ働き)
13) I will give him what money I have. (= I will give him whatever money I have. = I will give him all the money that I have.)(私が持っているお金を全て彼にあげる)(what と whatever は関係形容詞。what money と whatever money は“give O1 O2”の O2 と“I have O”の O の働きを兼ねる)
14) He told the story to whoever wanted to listen to him. (= He told the story to anyone who wanted to listen to him.)(彼は、聞きたがる全ての人にその話をした)(whoever は前置詞 to の目的語と wanted の主語の働きを兼ねる。whoever の形は関係詞節の中での働きに合わせるのが原則。つまり、この文なら wanted の主語の働き)
15) He told the story to whomever he met. (= He told the story to anyone whom he met.)(彼は、出会ったすべての人にその話をした)(whomever は 前置詞 to の目的語と he met O の O の働きを兼ねる。whomever という目的格になっているのは、met の目的語であるため。ただし、whomever という形は堅苦しいので、代わりに whoever が使われることも多い)
16) You may choose whichever you like.(好きな方を選んで良い)(whichever は choose の目的語と like の目的語を兼ねる)
17) You may choose whichever book you like.(どれでも好きな本を選んで良い)(whichever は関係形容詞。whichever book は choose の目的語と like の目的語を兼ねる)
18) I will follow you wherever you go. (= I will follow you to any place where go.)(私はあなたが行くどこへでも付いて行くだろう)(wherever は“follow O 副詞”と“you go 副詞”の2つの副詞の働きを兼ねる)
19) I live wherever I want to (live). (= I live in any place where I want to (live).)(住みたいどんなところにでも住む)(wherever は“live 副詞”と“want to live 副詞”の2つの副詞の働きを兼ねる)
20) I see him whenever he comes, (= I see him at any time when he comes.)(彼が来ると必ず会う)(whenever は“see him 副詞”と“he comes 副詞”の2つの副詞の働きを兼ねる)

(e) 複合関係詞:譲歩を表す副詞節の場合で、「〜しようとも、〜であろうとも」を意味する。譲歩を表す may が用いられることもある。なお、上記 11) から 17) の下線部は名詞節である( 18) から 20) は副詞節)。譲歩を表す副詞節の場合、“疑問詞-ever = no matter 疑問詞”の関係が成り立つ。名詞節の場合は、“no matter 疑問詞”を使って書き換えることはできない。名詞節と副詞節の違いは、名詞節の場合が上記 11) から 17) のように関係代名詞または関係形容詞+名詞が2つの名詞の働きを兼ねるのに対し、副詞節の場合は、名詞の働きを1つしかしないことである。
21) Whatever happens (or may happen), I will go home. (= No matter what happens (or may happen), I will go home. = Come what may, I will go home.)(何が起ころうとも家に帰るつもりだ)(whatever は happens の主語の働きのみ)
22) Whatever (thing) you do, I will be here. (= No matter what (thing) you do, I will be here.)(あなたが何をしようとも、私はここにいるだろう)(whatever (thing) は do の目的語の働きのみ。thing を付けると whatever は関係形容詞)
23) Whichever (thing) you do, it doesn't matter to me. (= No matter which (thing) you do, it doesn't matter to me.)(あなたがどちらをしようとも、私には重要でない)(whichever (thing) は do の目的語の働きのみ。thing を付けると whichever は関係形容詞)
24) Whoever says so, I can't believe it. (= No matter who says so, I can't believe it.)(誰がそう言おうとも、私はそれを信じられない)(whoever は says の主語の働きのみ)
25) However hard you work, you'll never be rich. (= No matter how hard you work, you'll never be rich.)(どんなに一生懸命に働いても、金持ちには決してならないだろう)(however は hard を修飾する副詞の働きのみ。なお、however は常に譲歩の副詞節で、いつも no matter 疑問詞で書き換えることができる)
26) Wherever you go, you can get information. (= No matter where you go, you can get information.)(どこへ行こうとも、情報を得ることができる)(wherever は 19) の場合と見分けが付かない場合もある。「〜だとしても」という譲歩の意味が強ければ、no matter where で書き換えることができる)
27) Whenever you come, I'll be ready. (= No matter when you come, I'll be ready.)(あなたがいつ来ても、用意はできている)(wherever の場合と同じで、譲歩の意味が強ければ、no matter when で書き換えられる)

(f) 関係副詞の先行詞の省略:先行詞が the place, the time, the reason であるとき、先行詞は省略されることがある。“the way how 〜”は不可。
28) That is (the place) where he lives.(そこに彼が住んでいる(それが、彼が住んでいる場所だ)
29) That is (the time) when people feel blue.(そのとき人々は憂鬱になる(それが人々が憂鬱になるときだ))
30) This is (the reason) why he was late.(だから、彼は遅刻した(これが、彼が遅刻した理由だ)
31) This is how it happened. (= This is the way in which it happened. = This is the way it happened.)(このようにして、それは起こった)
32) He walked across to where the two ladies were standing.(彼は、その2人の女性が立っているところへ横切って歩いて行った)


(4) 関係代名詞+挿入節:“先行詞 (関係代名詞) S1 V1 V2”=「V2 すると S1 が V1 する先行詞」。S1 V1 が挿入節で、関係代名詞が V2 の主語になっている。“先行詞 (関係代名詞) S1 V1 S2 V2”=「S2 が V2 すると S1 が V1 する先行詞」のように関係代名詞が目的格の場合もある。この場合の関係詞は省略されることがある(主格でも)。
1) John is a man who I believe is honest.(ジョンは正直だと私が信じている男だ)(I believe が挿入節。who が is の主語)
2) We'll find someone who we think is more attractive.(私たちは、もっと魅力的だと思える人を見つけるだろう)(we think が挿入節。who が is の主語)
3) If you discover anything which you believe I should buy, please let me know!(私が買うべきだとあなたが思うものを見つけたら、私に教えて下さい)(you believe が挿入節。which は buy の目的語)


(5) 関係詞の二重限定:“先行詞 (関係詞) S1 V1 関係詞 〜”=「S1 が V1 する中で〜である先行詞」。前の関係詞は省略されることがある。
1) This is the only word (that) I know which explains the situation.(これが、私が知っている中で、その状況を説明する唯一の言葉である)
2) Ken is the only person (that) I know who is suited for the post.(ケンは私が知っている人の中で、その地位にふさわしいたった一人の人間だ)


目次 上へ