トップページへ

目次

<文法解説集>

§1 英語の基本構造




T 名詞、動詞、形容詞、副詞


(1) 名詞:人や事物の呼び名や名称を表す語。名詞は、主語(S)目的語(O)補語(C)のいずれかになる。
例外:
1)名詞の副詞的用法:next, last, this, one, every, each, some, any, all などで始まる時の表現:
next week(来週) last year(去年) this morning(今朝) one day(ある日) every day(毎日) some day(いつの日か) any day(どの日でも) all day(一日中) the other day(先日) など
2)名詞の形容詞的用法
a book case(本箱) an airport bus(空港バス) dog food(ドッグフード)
a sheep dog(ヒツジの番をする犬) a mountain plant(山の植物) a chess board(チェス盤) など


(2) 動詞:動作、状態、状態の変化を表す(「〜する、〜である、〜になる」)。動詞には、自動詞(Vi)他動詞(Vt)がある。
自動詞(Vi):目的語を付けられない動詞。
他動詞(Vt):目的語を必要とする動詞。
注意:動詞には、必ず他動詞として用いられる動詞(例えば discuss)、必ず自動詞として用いられる動詞(例えば be)、自動詞としても他動詞としても用いられ動詞(多数)がある(→語法集§5)。
1) Glass breaks easily.(ガラスは簡単に割れる)(自動詞)
2) He broke the glass.(彼はそのガラスを割った)(他動詞)
3) She is studying in her room.(彼女は自分の部屋で勉強している)(自動詞)
4) She is studying English in her room.(彼女は自分の部屋で英語を勉強している(他動詞)


(3) 形容詞:何らかの形で名詞を修飾する語。形容詞には、限定用法叙述用法がある。
限定用法:名詞の前後に直接付ける場合。形容詞が単独であるときは前から、複数の語が結び付いているときは後から修飾する。
a kind girl(優しい少女) a famous town(有名な町 )
a girl kind to us(私たちに優しい少女)
a town famous for its old castle(古い城で有名な町)
叙述用法:補語(C)として用いられる場合。SVC の場合と SVOC の場合がある。
1) The girl is kind.(その少女は優しい)(SVC)
2) The door is open.(ドアが開いている)(SVC)
3) I found the girl kind.(私はその少女が優しいとわかった)(SVOC)
4) I kept the door open.(私はドアを開けたままにした)(SVOC)


(4) 副詞:名詞以外を修飾する語。場所(どこで、どこに、どこへ)、時(いつ)、様態(どのように)、頻度(例:ときどき、しばしば)、程度・強調(例:全く、非常に)などを表す。
例外:名詞を修飾することがある。
1) The boy there wants to see you.(そこにいる少年があなたに会いたがっている)
2) People today don't think so.(今の人々はそう思わない)
3) Only he went there.(彼だけがそこへ行った)
4) He too will come.(彼も来るだろう)


U 主語、述語動詞、目的語、補語


(1) 主語(S):「〜が(は)…する」、「〜が(は)…である」の「〜が(は)」に相当する名詞。


(2) 述語動詞(V):「〜が(は)…する」、「〜が(は)…である」の「…する、…である」に相当する動詞、または助動詞がある場合は「助動詞+動詞」。
1) I speak English. 2) I can speak English. 3) I don't speak English. 4) I am studying English. 5) English is spoken here. 6) I have finished the job. 7) I have been studying English. 8) The job must have been done.


(3) 目的語(O):他動詞(Vt)の表す動作の働きを受ける名詞、または前置詞の次に来る名詞。
1) He bought a camera.(彼はカメラを買った)
2) I like her.(私は彼女が好きだ)
3) I gave him the book.(私は彼にその本を与えた)
4) She is studying in her room.(彼女は自分の部屋で勉強している)


(4) 補語(C):主語を説明する名詞または形容詞(主格補語:S = C)、目的語を説明する名詞または形容詞(目的格補語:O = C)
1) He is a student.(彼は学生である)(主格補語:名詞)
2) The book is easy.(その本は易しい)(主格補語:形容詞)
3) I found him a student.(私は彼が学生だとわかった)(目的格補語:名詞)
4) I found the book easy.(私はその本が易しいとわかった)(目的格補語:形容詞)


V 句と節


(1) :2つ以上の単語の集まりで、「主語(S)+述語動詞(V)」を含まないもの。名詞句形容詞句副詞句がある。

(a) 名詞句:主語、目的語、補語になる。
1) Speaking Chinese is difficult.(中国語を話すのは難しい)(主語)
2) It is difficult to speak Chinese.(同上)(真主語)
3) Seeing it is believing it.(それを見ることはそれを信じることである)(主語と補語)
4) The best way is to make efforts.(最も良い方法は努力することである)(補語)
5) I finished reading the book.(私はその本を読み終えた)(目的語)
6) She decided to be a doctor.(彼は医者になることに決めた)(目的語)
7) He succeeded by working hard.(彼は一生懸命に働くことによって成功した)(目的語)
8) You should be careful in crossing the street.(道路を渡るときは注意すべきである)

(b) 形容詞句:名詞を直接修飾する場合と、補語になる場合がある。9) 〜 13) は後ろから名詞を修飾。
9) I want something to drink.(飲物が欲しい)
10) He needs someone to talk with.(彼には話し相手が必要である)
11) Who is the child sleeping in the car?(車の中で眠っている子供は誰だ)
(cf. a sleeping child:眠っている子供)
12) What is the language spoken in Iran?(イランで話されている言語は何ですか))
(cf. spoken language:口語)
13) The train just arrived here is from New York.(ここにちょうど今到着した列車はニューヨーク発である)(自動詞の過去分詞は完了を表す)
14) I saw a man standing there.(私はある男がそこに立っているのを見た)(目的格補語)
15) I heard a girl singing the song beautifully.(私は少女がその歌を美しく歌うのを聞いた)(目的格補語)
16) I heard the song sung beautifully.(私はその歌が美しく歌われるのを聞いた)(目的格補語)
以下の17) 〜 21) はいわゆる "be to 不定詞" の熟語。
17) You are to finish your homework soon.(あなたはすぐに宿題を済ませるべきだ)(義務)
18) The President is to visit Japan.(大統領は日本を訪問する予定である)(公式の予定)
19) If you are to succeed in your new job, you must work hard now.(新しい仕事で成功したいなら、今一生懸命に働かねばならない)(願望・意図)
20) No stars were to be seen in the sky.(空には星が一つも見えなかった)(可能)
21) He was never to see his hometown again.(彼は二度と故郷の町を見ることのない運命にあった)(運命)

(c) 副詞句:名詞以外を修飾する。
22) We eat to live.(私たちは生きるために食べる)(目的:〜するために、〜するように)
23) I am surprised to hear the new.(私はその知らせを聞いて驚いた)(感情の原因:〜して)
24) He must be foolish to meet her again.(彼女にまた会うなんてバカに違いない)(判断の根拠:〜するなんて)
25) She would be glad to hear that.(彼女はそれを聞いたら喜ぶだろう)(条件:〜すると、〜したら)
26) He grew up to be a great man.(彼は成長して偉大な人になった)(結果:そして〜する)
27) Seeing me, he ran away.(私を見ると彼は逃げ出した)(時間的連続:〜すると)
28) She entered the room, switching on the light.(彼女は部屋に入って、明かりをつけた)(時間的連続:そして〜する)
29) Someone was standing there, looking at me.(私の方を見ながら、誰かがそこに立っていた)(同時性:〜しながら)
30) Not knowing what to do, I telephoned the police.(どうしてよいか分からなかったので、警察に電話した)(理由・原因:〜なので)
31) Tired out, he couldn't walk.(疲れ切っていたので、彼は歩けなかった)(理由・原因:〜なので)
32) Used economically, this tube will last a month.(節約して使えば、このチューブは1ヶ月はもつ)(条件:〜したら)


(2) :2つ以上の単語の集まりで、「主語(S)+述語動詞(V)」を含み、名詞節形容詞節副詞節として働くもの。

(a) 名詞節:主語、目的語、補語になる。
1) It is true that he once lived there.(彼がかつてそこに住んでいたのは本当である)(真主語)
2) My opinion is that you should go there.(私の意見はあなたがそこに行くべきだということだ)(補語)
3) I believe that she is a teacher.(私は彼女が教師だと信じている)(目的語)
4) I don't know when he will find a job.(彼にいつ仕事が見つかるか分からない)(目的語:間接疑問文)
5) Do you know if (= whether) she is at home?(彼女が家にいるかどうか知っていますか)(目的語:間接疑問文)
6) He didn't leave a word about where he had gone.(彼はどこへ行ったかについては一言も残さなかった)(目的語:間接疑問文)

(b) 形容詞節:名詞を後ろから修飾する。関係代名詞・関係副詞の節は形容詞節。
7) They are the people who live in this house.(彼らがこの家に住んでいる人だ)(主格の関係代名詞)
8) The fish (that) I ate yesterday was not good.(昨日食べた魚はおいしくなかった)(目的格の関係代名詞)
9) Is this the house (which) he lives in?(これは彼が住んでいる家ですか)(目的格の関係代名詞)
10) Is this the house in which he lives?(同上)
11) She sang a song the title of which is unknown to me.(彼女は私が題名を知らない歌を歌った)(目的格の関係代名詞)
12) She sang a song whose title is unknown to me.(同上)(所有格の関係代名詞)
13) Is this the house where he lives?(これは彼が住んでいる家ですか)(関係副詞)
14) They lived in an age when (= in which) there were no trains.(彼らは列車がない時代に生きた)

(c) 副詞節:名詞以外を修飾する。
15) He was happy when he found a job.(彼は仕事が見つかったとき喜んだ)
16) If she is at home, we can meet her.(彼女が家にいるなら会うことができる)
17) I couldn't sleep well because I was so excited.(とても興奮していたのでよく眠れなかった)
18) Whether you like it or not, you have to do it.(あなたがそれが気に入ろうが気に入るまいが、しなければならない)


W 前置詞と接続詞


(1) 前置詞+目的語(O)形容詞句副詞句のいずれかの働きをする(どちらであるか判断できないこともある)。
1) The roof of my house is red.(私の家の屋根は赤い)(形容詞句)
2) I live in the country.(私は田舎に住んでいる)(副詞句)
3) My house in the country is small.(田舎にある私の家は小さい)(形容詞句)
4) I'm going to buy a house in the country.(私は田舎で家を買うつもりだ)(副詞句)
5) I'm going to sell my house in the country.(私は田舎の家を売るつもりだ)(形容詞句)


(2) 接続詞+主語(S)+述語動詞(V):前置詞と接続詞の用法がある単語の場合、次に「目的語(O)」があれば前置詞、「主語(S)+述語動詞(V)」があれば接続詞。
1) After reading his letter, I went to his home.(彼の手紙を読んだ後、彼の家に行った)(前置詞)
2) After I (had) read his letter, I went to his home.(同上)(接続詞)
3) That happened before the war.(それは戦前に起こった)(前置詞)
4) That happened before the war broke out.(それは戦争が始まる前に起こった)(接続詞)
5) That happened before.(それは以前に起こった)(副詞)
6) It can be used as a knife, too.(それはナイフとしても使える)(前置詞)
7) As we went up, the air grew colder.(登るにつれて空気は冷たくなった)(接続詞)
8) Smoking is bad for your health.(喫煙は健康に悪い)(前置詞)
9) He felt no fear, for he was a brave man.(彼は恐怖を感じなかった。というのも彼は勇敢な男だったからだ)(接続詞)


目次 上へ