トップページへ

目次

<同意表現集>

「きっと〜する」



(44)彼はきっとその約束を守るだろう。

◎ 1) I'm sure (or certain, ○positive) (that) he'll keep the promise.

◎ 2) He will surely (or certainly, definitely) keep the promise.

◎ 3) He is sure (or bound, certain) to keep the promise.

○ 4) I bet (or I'll bet) he'll keep the promise.

○ 5) I have (or ◇There is) no doubt (that) he will keep the promise.

○ 6) It is certain (that) he will keep the promise.

○ 7) He will keep the promise for sure (or ◇for certain).

○ 8) He will not (or ◇cannot, ◇does not, △will never) fail to keep the promise.

◇ 9) I do not doubt that he will keep the promise.

△10) I am sure (or certain) of his keeping the promise.

△11) He will keep the promise without fail.

△12) He will keep the promise at any cost (or ×by all means).




[解説]

◎ 1) be sure (or certain, ○positive) that S V:〜を確信している(主語の確信を表す。certain はやや堅い語)

◎ 2) surely (or certainly, definitely):確かに、きっと(surely は、通例、相手に反論する気持が含まれ、「いやきっと〜だよね」というニュアンスや、「まさかそんなことはないでしょう(きっと〜ですよ)」という主観的なニュアンスを伴う。certainly は、少し堅い表現で、「それが事実だ」ということを客観的に相手に同意して伝えたり、事実を確認したりする場合に用いられる。surely と certainly は文頭に置いても可。definitely は話者の確信を表す)

◎ 3) be sure (or bound, certain) to do:きっと〜する(話し手の確信を表す。be bound to do には「〜する義務がある」の意味もある)

○ 4) I bet (or I'll bet) S V:きっと〜だ(くだけた表現)

○ 5) have (or ◇there is) no doubt that S V:きっと〜だと思う、〜を疑わない(×it is no doubt that S V は不可)

○ 6) it is certain (that) S V:〜は確かである(話し手の確信を表す。なお、×it is sure that S V という形は不可)

○ 7) for sure (or ◇for certain):(通例動詞の後で)確かに、はっきりとは

○ 8) will not (or ◇cannot, ◇do not, △will never) fail to do:必ず〜する、きっと〜する(don't fail to do は一回限りの行為について、never fail to do は習慣的・非一時的行為について用いる。つまり、後者は always do とほぼ同じ意味であり、×Never fail to come tomorrow. のような表現は不可。cannot fail to do はいずれの場合にも用いられる)

◇ 9) don't doubt that S V:きっと〜だと思う、〜を疑わない(doubt ≒ don't think、suspect ≒ think であることに注意)

△10) be sure of O / doing:〜を確信している(of his coming のように動名詞の意味上の主語を付けた表現はぎこちない。また、I am sure of her success は次の3つの解釈が可能。 1. I am sure (that) she will succeed. 2. I am sure (that) she has succeeded. 3. I am sure (that) she succeeded. 従って、ネイティブスピーカは、あいまいな抽象名詞を避けて、that 節や to 不定詞を使うことが多い)

△11) without fail:(通例命令・要望などを強めて)必ず、きっと( 8) の never fail to do と同じく、習慣的行為に使うことも多い)

×12) by all means:必ず、ぜひとも(現在では、「(許可・承認を与えるときに)ぜひどうぞ、もちろんいいですよ」という意味で用いるのが普通。この文の by all means は「いかなる手段を用いても」という意味で使っており、この用法は古い)
at any cost:どんな犠牲を払っても(at all costs も同じ意味。いずれも「どんなことがあっても〜しなければならない、するつもりだ」という文脈で使うのが普通)

前へ もう少し詳しい解説へ 次へ