トップページへ

問題目次

<英訳>

(23)「もう少しで〜するところ」





(23)私は昨日川で溺れてね。気を失いそうになったよ。

◆「川で」:"in a (or the) river"
不定冠詞の場合は「ある川」。定冠詞の場合は聞き手にも分かる「(特定の)川」(例えば近所の川)、または、どの川であるかを意識しない「(単なる)川」であるが、後者は比較的まれ(→ 冠詞に関する覚え書 (17) の特に遍在通念 (3) を参照)。

◆「溺れる」:"almost (or nearly) drown"、"be almost (or nearly) drowned"
"drown"、"be drowned" は「溺死する」ことなので、「溺れる」は上記のように「溺死しそうになる」と訳す必要がある。なお、特に米語では "be drowned" が「(誰かに)溺死させられる」というニュアンスを伴うことがある。

◆「気を失う」:"faint"、"pass out"、"lose consciousness"


【英訳例1】
I almost drowned in a (or the) river yesterday. I came near (to) fainting.
【英訳例2】
I was nearly drowned in a (or the) river yesterday. I came close to passing out (or losing consciousness).


◆ "lose consciousness, faint (away), pass out, black out, fall (or slip) into unconsciousness, collapse, become unconscious"(気を失う)
lose consciousness:「意識を失う」(客観的な表現であり、いわゆる意識を失うことで、通常、横たわっている状態で意識がなくなること。例えば、医師が麻酔の注射をした場合など)
faint (away):「失神する、卒倒する」(貧血・痛み・暑さ・空腹・ショックなどで短時間意識を失って倒れること)
pass out:「意識を失う」(酔いつぶれたり、呼吸がうまくできなくなって意識を失うこと。ややくだけた表現)
black out:「気を失う」(予告や前触れがなく突然、短時間意識を失うことで、明確な理由が分からない場合に用いることが多い)
fall (or slip) into unconsciousness:「意識がなくなる」(主に重病や重体であるために徐々に意識がなくなり、死に近づいていることを表す)
collapse:「卒倒する」(病気や酒などで具合が悪くなり崩れるように倒れることで、やや堅い語)
become (or fall, go) unconscious:「意識がなくなる、無意識状態になる」(薬物や事故などのために、通例、短時間、普段どおり見たり、聞いたり、感じたりすることができなくなること)


問題目次 同意表現集解説 上へ 次へ