トップページへ

問題目次

<英訳>

(31)「〜なので」





(31)日本人は多くの習慣を共有しているので、お互いに言葉なしで意思の疎通ができる。

◆「日本人」:"Japanese people"、"the Japanese"
国民全体を表す場合、"Japanese" のように単複同形の「〜人」は "Japanese people" か "the Japanese" とする。単なる "Japanese" は「日本語」の意味にとられかねない。

◆「習慣」:"customs"、"manners"

◆「O を共有する」:"have O in common"、"share O"

◆「互いに」:"each other"
"each other" は副詞ではなく名詞として働くことに注意。例えば「彼らは互いに話し合った」は "They spoke each other" ではなく "They spoke to each other"。(→ 語法集§4 (C) 5)

◆「O と意思の疎通をする」:"communicate with O"、"understand O"

◆「言葉なしで」:"without words"、"without language"


【英訳例1】
Japanese people have a lot of customs in common, so they can communicate with each other without words.
【英訳例2】
Because (or Since) the Japanese share a lot of manners and customs, they (can) understand each other without words.
【英訳例3】
Japanese people have so many customs in common (that) they (can) understand each other without words.


◆ "custom, habit, practice, rule, manners"(習慣)
custom:「習慣・風習、習慣的行為」(社会的・文化的な習慣・風習。堅苦しい表現として個人的な習慣的行為)
habit:「習慣、癖」(個人の無意識的な習慣、癖)
practice:「慣例、常習行為、風習」(仕事や社会的・宗教的な行事のために手順に従い意図的に実践している規則的な慣例。個人的で規則的な常習行為。風習の意味では複数形で使うのが普通)
rule:「習慣」(通例単数形。努力して実践しようとする、個人・一家の好ましい習慣)
manners
1)「風習・習慣」(やや堅苦しい表現で、ある国民・時代などの風習・習慣)
2)「行儀、作法、マナー」

◆ "words, language"(言葉)
words:「言葉」(伝達手段としての、または実行に対しての言葉)
language
1)「言語、言葉」(不可算名詞として一般に言語、言葉、言葉づかい。あるいは、通例複合語で音声・文字を用いない言葉)
2)「言語」(可算名詞として個々の言語)


問題目次 同意表現集解説 上へ 次へ