トップページへ

問題目次

<英訳>

(35)「〜ならば」





(35)天気が良ければ、二週間かそれくらいで、我々はビルの修理は終えられるだろう。

◆「よい天気」:"nice (or good) weather"、"fine weather"
"fine weather" は主にイギリス英語。"weather" は不可算名詞なので、"a nice weather" は不可。(→ 語法集§1 (A))

◆「二週間かそれくらい」:"two weeks or so"、"about two weeks"

◆「ある時間で…する」:"… in 時間"
「ある時間で…する」は "for" ではなく "in" を使う。"for" だと「ある時間…する」という継続の意味になる。

◆「ビル」:"building"

◆「修理」:"repair"、"renovation" →「修理する」:"repair"、"renovate"
なお、"reform" は「政治・制度・社会などを改革・改善する」場合や、「人・人の行動などを改心させる・矯正する」場合に用い、建物には使わない。住まいや建物などを「リフォームする」という場合は "remodel, rebuild, renovate" などを使う。

◆「終える」:"finish"、"complete"
"finish" や "complete" の次に "to 不定詞" は続かない。(→ 語法集§11 (D))


【英訳例1】
If we have nice (or good) weather, we will be able to finish repairing the building in two weeks or so.
【英訳例2】
Weather permitting, we will be able to complete the repair of the building in about two weeks.


◆ "for 時間, in 時間"
… for 時間:「時間…する」(行為や状態がその期間中、継続していることを意味する)
… in 時間
1)「時間で…する、…し終える」
2)「(現在から)…後に〜する」
3)「時間のうちに(何回か)…する」
(「ある時間で…する」は "for" ではなく "in" を使う。"for" だと「ある時間…する」という継続の意味になる。"in" は「…の間で〜し終える」という場合と、「現在から…後に〜する」という場合に使える)

【例】
○ finish the work in three days(その仕事を3日で終える)
× finish the work for three days
○ stop the work for three days(その仕事を3日間中止する)
○ will stop the work in three days((今から)3日後にその仕事を中止するだろう)
○ stopped the work after three days((今以外のときから)3日後にその仕事を中止した)
○ stayed here for three days.(ここに3日間滞在した)
× stayed here in three days.
○ It has rained for ten days.(10日間雨が降っている)
○ It has rained three times in ten days.(10日間で3回雨が降った)
○ It hasn't rained for ten days.(10日間雨が降っていない)
○ It hasn't rained in ten days.(10日間に雨が降ったことはない)


問題目次 同意表現集解説 上へ 次へ