トップページへ

問題目次

<英訳>

(50)「偶然〜する」





(50)一昨日、ちょうど街を歩いているとき、偶然10年ぶりに旧友と出会った。

◆「一昨日」:"the day before yesterday"、"two days ago"

◆「街を歩く」:"walk down (or along, on, up, in) the street"
漠然と「街を歩く」と述べるとき "town" は使わない。((27) の「通りを歩く」も参照)

◆「…ぶりに〜する」:"〜 for the first time in …"、"〜 after an interval of …"

◆「旧友」:"old friend"


【英訳例1】
The day before yesterday, I ran into an old friend for the first time in ten years when I was walking down (or along, on, up, in) the street.
【英訳例2】
Two days ago, when walking down (or along, on, up, in) the street, I happened to see an old friend after an interval of ten years.
【英訳例3】
I was walking down (or along, on, up, in) the street the day before yesterday, when I saw an old friend for the first time in ten years.


◆ "for the first time in …, after an iterval of …, after … absence, after … silence, after … separation"(…ぶりに)
"absence, silence, separation" などを使った表現は、微妙な使い分けを必要とするので、自信がなければ英訳ではこれらの表現は避けた方がよい。"a ten-year absence" など「数詞+ハイフン+単位」については (44) の解説を参照。

(1) I returned home after a ten-year absence (or after ten years' absence, after ten years of absence).(10年ぶりに帰省した)
(2) He wrote to me after a ten-year silence (or after ten years of silence, after ten years' silence).(10年ぶりに彼から便りがあった)
(3) I met him after a ten-year separation (or after ten years of separation, after ten years' separation).(10年ぶりに彼に会った)

(1) 〜 (3) については "absence, silence, separation" の交換は通例不可で、それぞれ「不在」、「沈黙」、「別れ」と関連する文脈で使う必要がある。"for the first time in …" と "after an interval of …" は (1) 〜 (3) のいずれにも使えるが、"after an interval of …" は堅苦しく、書き言葉。

(1) = I returned home for the first time in ten years (or after an interval of ten years).
(2) = He wrote to me for the first time in ten years (or after an interval of ten years).
(3) = I met him for the first time in ten years (or after an interval of ten years).

また、"〜 after ten years (away)" のような表現は具体的に基準となる事柄があって、「その10年後に」という場合に使うのがよい。ただし、漠然と「久しぶりに」という意味の "after a long time (or interval)" などは、基準となる事柄が示されていなくても使える。

I took up teaching, but I left teaching after ten years in order to start my own business.(教職に就いたが、10年後、自分自身の事業を始めるために教職を離れた)

なお、以上の「…ぶりに」という表現は (49) のような「…ぶりの〜」という表現では普通使わない(もちろん、例えば上記(2)の文を「彼から10年ぶりの便りをもらった」というような訳し方をするのならば、話は別である)。


問題目次 同意表現集解説 上へ 次へ