トップページへ

問題目次

<英訳>

(51)「〜するのも当然だ」





(51)最近の若者があまり本を読まなくなったのは当然である。

◆「…なのは当然である」:"(it is) no wonder (that) S V …"、"it is not surprising (or it is no surprise, it comes as no surprise) (that) S V …"
"(it is) no wonder (that) S V …" は「…するのは不思議ではない」という意味。この表現や "it is not surprising (or no surprise) …" の方が "it is natural …" より使いやすい。

◆「最近の若者」:"young people (of) today"、"young people these days"、"today's young people"
"recent" は "人" を修飾することはできないので、"recent young people" は不可。「最近の〜、今日の〜」は "〜 today (or these days)" や "today's 〜" を使うか、"today (or these days) 〜" のように「近ごろ〜」と副詞(句)に変えて訳す。(「最近」については (15) の解説を参照)

◆「あまり本を読まなくなる」→「あまり本を読まない」:"don't read many books"(→ (15) の「…するようになる」→「今では…である」の説明を参照)


【英訳例1】
No wonder (or It is no wonder (that)) young people today don't read many books.
【英訳例2】
It's not surprising (or It's no surprise, It comes as no surprise) (that) young people these days don't read many books.


◆ "natural"
"natural" は「本能、生得、自然の摂理、自然発生、自然な感情・態度・反応」といったことと関連して「当然の、異常ではない」という文脈で使うのが普通。従って「野生の動物がえさを与えようとする人々に噛みつくのは当然だ」は "It is natural for wild animals to bite people who try to feed them." であるが、例えば「彼が試験に合格したのは当然だ」を "It is natural that he should have passed the exam." とすると「彼は(努力や実力からではなく)本質的に合格するような人間だ」という意味になり、あまりよくない。この場合は "No wonder he passed the exam" や "It is not surprising (or no surprise) (that) he passed the exam" などの方がよい。以上のことから上記の問題文も "no wonder" や "not surprising (or no surprise)" などを使う方がよい。


問題目次 同意表現集解説 上へ 次へ