トップページへ

問題目次

<英訳>

(73)「少なくとも」





(73)彼はオーストラリアへ行ってから、少なくとも月に一度は手紙をくれた。

◆「〜から」:"after"
「〜から」に "since" を使った場合は、"Since he went to France, he has written to me once a month" のように現在完了を使い、現在もそれが行われていることを示す。"after" を使った場合は、現在完了を使わず、英訳例のように過去形と使う(または主節の時制との時間的ずれを強調するなら過去完了)。この問題の場合、「手紙をくれる」ではなく「くれた」となっているので、現在それが行われてはいないことを暗示する。従ってこの問題では "after" を使う。

◆「月に一度」:"once a (or per) month"

◆「手紙をくれる」→「O に手紙を書く」:"write to O"、→「O から手紙をもらう」:"get (or receive) letters (or a letter) from O"


【英訳例1】
After he went to Australia, he wrote to me at least once a month.
【英訳例2】
After he went (or had gone) to Australia, I got (or received) letters (or a letter) from him at least (or not less than) once a (or per) month.


◆ "get, obtain, acquire, earn, win, gain, secure, come by, attain"(得る)
get:「得る、手に入れる、買う、もうける、受け取る、もらう」(口語的で一般的な語。意志や努力の有無にかかわらず得ることで、広く使える。"obtain, acquire, earn, gain" などよりも口語的で、"obtain, acquire, earn, gain, win" などの代わりに用いる場合もかなり多い)
obtain:「得る、手に入れる」(努力や計画を通じて得ることで、"get" より堅く、やや改まった語。特に長い間希望していたものを努力して手に入れること)
acquire:「得る、獲得する」(努力して獲得することで、"get" より堅い語。長い間の不断の努力で、こつこつと時間をかけてやっと手に入れたり、蓄積して増やしたりすること。能力・知識・技術などを学んで得る場合や、習慣・趣味などを身につける場合によく使う)
earn:「得る、もうける、稼ぐ」(働いてお金などを得る場合や努力して信用・名声・地位などを得る場合に使う。ギャンブル・賭けなどで稼ぐのは "win" )
win:「勝ち取る、獲得する」(自分の努力や競争などを通じて勝利・賞品・お金などを勝ち取る場合や信頼・支持・称賛・名声などを獲得する場合に使う。競争などで他の人と争って手に入れるというニュアンスが強い)
gain:「得る、手に入れる、稼ぐ」(やや改まった語。努力・競争などを通じて、何か自分に有利なもの、価値のあるもの、例えば利益・経験・自信・支持・称賛・優位さなどを苦労して手に入れること)
secure:「確保する、手に入れる」(やや改まった語。特に、正式な許可や合意を通じて、手に入れにくいものを苦労して確保すること)
come by:「得る、見つける」(特に仕事やお金を努力してなんとか得ようとしている場合や、偶然何かを見つけるような場合に使うことが多く、特に "A is hard (or difficult, easy) to come by" や "how S come by A" の構文で用いられることが多い)
attain:「達成する、獲得する」(やや改まった語。特に長い期間求めていた事物を努力によって成し遂げたり、獲得したりすること)


問題目次 同意表現集解説 上へ 次へ