トップページへ

問題目次

<英訳>

(74)「〜も同然」





(74)幾つもの仕事を一度にするのはほとんど不可能だ。

◆「幾つもの」:"several"、"a lot of"、"many"、"much"
「幾つかの」を意味する "some, several, a few" の相違は、通例、"some" が中立、"several" が多い、"a few" が少ないという意識を話者が持っていることで使い分け、具体的な数とはあまり関係がない。

◆「仕事」:"job"、"work"
「仕事」を表す "work" は不可算名詞、「作品」を表す場合は可算名詞。"job" は可算名詞。

◆「一度に」:"at the same time"、"at once"、"at one (or a) time" 、"at one and the same time"


【英訳例1】
It is almost (or nearly) impossible to do several (or many) jobs at the same time time.
【英訳例2】
It is next to (or all but) impossible to do much (or a lot of) work at one (or a) time.


◆ "work, job, occupation, profession, labor, task, employment, business, trade, vocation, career"(仕事)
work:「仕事、活動」(不可算名詞。最も一般的な語で、収入の有無にかかわらず、また精神的あるいは肉体的を問わないあらゆる種類の仕事や活動を意味する)
job:「仕事」(主に報酬を得るために雇われて行う仕事。または、しなければならない作業、課題("task" に近い)。あるいは、利用者がコンピュータに処理させる仕事の単位)
occupation:「職業」(日本語の「職業」に最も近い意味で職業を表す。正式な書類などでも用いられるやや堅い語)
profession:「職業、専門職」(法律家・医師・教師など、高度な教育を必要とする主に知的な職業、専門職を意味する)
labor:「労働」(「仕事」というよりも、辛くて骨の折れる労働のこと。"toil" に近い)
task:「任務、仕事」(職務上行わなければならない、あるいは人から課されて一定期間行う任務、仕事("duty" に近い)。また、コンピュータが内部で管理して処理する仕事の(最小)単位)
employment:「雇用、仕事」(雇用-被雇用の関係を明確に意識している場合の仕事や雇用を表す)
business:「事業、商売」(誰かに雇われているのではなく、自分が経営している、商品やサービスの生産から売買に至るまでの営利を目的とするあらゆる事業や商売のこと。また、遊び(pleasure)に対する仕事の意味でも使われる)
trade:「手仕事、職業;貿易」(熟練を要する手仕事、職業。また、商品の売買や交換を表し、貿易を意味する)
vocation:「天職、聖職」(神が与えたと感じられるような、自らに適した職のこと。特に、多くのお金を得るためではなく、他の人々を助けたいという強い思いから従事する仕事であり、例えば、看護師、牧師、修道女、教師など。類似の語に "calling" がある。→ 単語集:語源編[38] を参照)
career:「生涯の仕事、職歴」(長期にわたって従事する職業や一連の仕事のことであり、特に時の経過につれて、同種あるいは類似の幾つかの仕事を経ながら出世し、重責を担っていく、あるいはその道を着々と進んでいくというイメージを伴う語)


問題目次 同意表現集解説 上へ 次へ