トップページへ 目次

<同意表現集の詳細解説>

(33)〜すると


1) frankly (speaking) : 率直に言うと; 普通の表現。speaking は省略する方が普通。相手にとって不快な事を言うときによく用いられる。

2) to tell (you) the truth : 実を言うと; 普通の表現。通例、相手は知りたくないかもしれないが、自分の気持ちを正直に述べる場合に使う。相手の申し出や誘いを断る場合にしばしば用いられる。

3) to be honest (or frank, candid, plain, open) with you : 率直に言うと; honest は、「正直な」という普通の語。frank は、人・言動などについて、普通語られないことを敢えて言う場合に使われることが多い。candid は、他人が認めなくても、自分の気持ちや意見に忠実である、ということを含意する。to be plain with you という表現の使用頻度は高くない。plain という語自体は、失礼であったり、不親切である態度を含意することが多い。to be open with you という文修飾の表現としての使用頻度は低い。open は、主に自分自身のことについて隠し立てしたくない、という気持を含む。

4) to speak frankly : 率直に言うと; 使用頻度は 1), 2) ほど高くはない。


同意表現集(33)へ