トップページへ 目次

<同意表現集の詳細解説>

(43)〜して


1) at O : (感情を表す語句と共に) O を見て(聞いて、知って); 普通の表現。be surprised at O のように熟語的に用いられることが多い。

2) to do : (感情を表す語句と共に)〜して; 普通の表現。be surprised to do のように熟語的に用いられることが多い。

3) when S V : 〜するときに; 普通の表現。感情の原因ではなく、時間関係を表す。

4) to A's 感情を表す名詞 : A が〜したことには; 普通の表現。強意形は「to A's great 感情を表す名詞 ≒ much to A's 感情を表す名詞」。

5) surprisingly (enough) : 意外にも、驚いたことに; 普通の表現。なお、この enough には「十分に」という意味はほとんどない。for O を付けるのはまれ。

6) surprise O : O を驚かせる; 「news」に焦点を当てた表現。

7) that S V : (感情を表す形容詞・分詞と共に)〜して; 主節の主語とthat節の主語が異なる場合に用いるのが原則。主語が同じ場合は to do を用いる。感情を表す should はあまり用いられていない。


同意表現集(43)へ